ログイン
特集
不認定率99.8%:日本の中にある「難民問題」
第九回

『そうだ難民しよう!』著者とリディラバ安部が激論「難民の人権をどう考えるか?」

世界的に最も大きな社会問題の一つとされ、世界各国での取り組みが強く求められている難民問題。かたや日本では、難民認定率は0.2%と、「難民に対して鎖国しているのではないか」と国際社会から批判をされています。

 

また、難民をテーマの一つとして扱った『そうだ難民しよう!』という書籍が難民関連書籍の中で最も売れているという現実があります。それは、本特集を通じて見てきた日本における難民に対する無理解が昇華しているものだとも言えます。

 

彼らはなぜ難民に対して厳しい眼差しを向けるのでしょうか。前回に続き、『そうだ難民しよう!』の著者、はすみとしこさんを編集長の安部が直撃しました。

 

ーーー

 

安部敏樹:単刀直入に聞きますけど、はすみさんは日本は難民を受け入れるべきではないという認識なんですか。

 

...

有料会員になると続きをお読みいただけます

リディラバジャーナルは有料会員制メディアです。いま登録すると、30日間無料でお読みいただけます。

もっと詳しく

特集 不認定率99.8%:日本の中にある「難民問題」 全10回
0章 はじめに
1章 「難民保護」より優先される「入国管理」
2章 厚くて高すぎる「難民認定」のハードル
3章 難民政策の欠陥が生む弊害と日本社会
4章 安部コラム
不認定率99.8%
全10回
3-3.『そうだ難民しよう!』著者とリディラバ安部が激論「難民の人権をどう考えるか?」