• 新しいお知らせ
    ×
構造化特集
学齢期の発達障害 第3回
公開日: 2023/3/31(金)

対応したくても対応できない。発達障害、子どもと向き合う教員の実情

公開日: 2023/3/31(金)
構造化特集
学齢期の発達障害 第3回
公開日: 2023/3/31(金)

対応したくても対応できない。発達障害、子どもと向き合う教員の実情

公開日: 2023/3/31(金)
構造化の視点

本人を取り巻く環境によって、困りごとの顕在化・深刻化が

・・・もっと見る

本人を取り巻く環境によって、困りごとの顕在化・深刻化が左右される発達障害。いま小中学校の通常学級では、発達障害やそれらに近い特性のある子どもの困りごとが見過ごされ、挫折経験をしている現状がある。学校、家庭、医療・福祉の視点から、子どもが困難を抱える構造に迫る。

本人を取り巻く環境によって、困りごとの顕在化・深刻化が左右される発達障害。いま小中学校の通常学級では、発達障害やそれらに近い特性のある子どもの困りごとが見過ごされ、挫折経験をしている現状がある。学校、家庭、医療・福祉の視点から、子どもが困難を抱える構造に迫る。

本人を取り巻く環境によって、困りごとの顕在化・深刻化が左右される発達障害。いま小中学校の通常学級では、発達障害やそれらに近い特性のある子どもの困りごとが見過ごされ、挫折経験をしている現状がある。学校、家庭、医療・福祉の視点から、子どもが困難を抱える構造に迫る。


オーディオブック(ベータ版)

リディラバジャーナル構造化特集「学齢期の発達障害」。
 
第3回となる本記事では、子どもの困難に対応できない学校現場(2章)として、発達障害やそれらに近い特性のある子どもの困りごとに、通常学級の教員が早期に気づいて対応できない構造を解説する。

 


学習障害(LD)や限局性学習症(SLD)の特性が見られる子どもに配慮してほしい。通常学級の教員に訴えるも「授業で困っている様子はない」と言われてしまった――。

 

東京都三鷹市立第二中学校の特別支援教室(※1)の担任を務める高松慶多さんは当時を振り返る。

 

発達障害やそれらに近い特性のある子どもの存在や困りごとに、なぜ教員は早期に気づき、対応できないのか。

 

教員の「専門性」や「多忙化」を切り口に、学校現場の実情に迫る。

困りごとにどう気づき、対応するか。
子どもの発達への理解不足

「発達障害や特別支援教育に関する理解は広がっていますが、まだまだ十分に浸透していないと感じています」

 

三鷹市立第二中学校の特別支援教室の担任を務める高松さんは語る。

 

高松慶多(たかまつ・けいた)
保健体育科の教員として通常学級の担任を5年務めた後、学校教育における特別支援教育の重要性を強く感じ、自ら希望して特別支援学級担任に。現職について10年。「慣例にとらわれない新しい学級作り」について、今なお研究し続けている。

 

「通常学級の先生に、学習障害の特性が見られる子への配慮として、漢字にふりがなを振ることや、テストの時間の延長などをお願いしたことがありました。その子は大変でもやり切ろうとする真面目な子なので、配慮がないとかなりきつい状況なんですね。

 

でも先生からは『普段の授業の中で困っている様子はない』と言われてしまって。個別の配慮が実現するまでに時間がかかりました」

 

東京都公立小学校の自閉症・情緒障害特別支援学級(※2)で担任を務める森村美和子さんは、指導教諭として教員をサポートしたり、講演会・研修会などの講師を務める中で、個人の努力だけに頼るシステムの課題を感じているという。

 

森村美和子(もりむら・みわこ)
東京都公立小学校の特別支援学級教員。学校心理士。知的障害学級や通級指導学級、巡回指導で実践を重ねる。2012年に東京大学先端科学技術研究センターの熊谷晋一郎准教授と出会い、教育の場での「自分研究」を新たな実践としてスタートさせた。現職教員として働く傍ら早稲田大学大学院で学びを深め、現在は特別支援学級担任を務める。2017年度文部科学大臣優秀教職員表彰受賞。

 

「困りごとは子どもを取り巻く環境から生まれるものですが、環境側を変える工夫より、まだ『子どもや親の努力』のみを求められるケースがあります。

 

子どもがうまくできないことや、困りごとが起きていることが個人の責任であるとされているのは大きな問題だと思います」

 

発達障害や特性に対する知識や専門的サポートが不足しており、子どもが置かれた状況を適切に理解できないと、対応できない。

 

これらに加えて、文科省の調査からは、具体的な解決策を実施していく難しさも浮かび上がっている。

“特別扱い”への不安 
個別支援に戸惑う教員たち

令和4年の文科省の調査(※3)では、学習面または行動面で著しい困難を示す子どもが8.8%となっており、その子どもたちに対して、「授業時間内に教室内で個別の配慮・支援を行っている(特別支援教育支援員による支援を除く)」と答えた教員は、約5割となった。残りの5割は個別の配慮・支援の対象外となっている。

 

8.8%の子どもたちに対した、より踏み込んだ個別の支援計画等の作成状況は以下の結果となった。

 

・「個別の教育支援計画」が作成されていない(約8割)
・「個別の指導計画」が作成されていない(約7割)
・授業時間以外の個別の配慮・支援が行われていない(約7割)

 

 

(「個別の教育支援計画」フォーマット。医療や福祉など関係機関と協力し、保護者の意見を聞いて作成することとされている。文科省HPより)

 

子どもたちへの個別支援を講じていくのには、どのような難しさがあるのか。

 

特別支援教室の担任の高松さんは「思いはあっても『一人ひとりに具体的にどう対応すればいいかわからない』と悩まれる先生は少なくありません」と話す。

 

「たとえば学習障害の特性があって読み書きが困難な子どもがいたとき。『タブレットで写真を撮って板書することを、その子だけに認めて良いのか。全員OKとすると、みんなノートを取らなくなるのではないか』といった不安を打ち明けられることもあります。

 

全体を見つつ個別にどう最適化していくか。みなさんが悩むポイントです」

 

障害や特性に対する知識がないために、そもそも状況を正しく判断できない。状況判断ができたとしても、個別施策を講じていく知見やノウハウがない。

 

このような状況を打開するための「教員の専門性の向上」が喫緊の課題であることがわかる。

いま手を打たないと取り返しがつかない
教員の専門性向上を目指す文科省

子どもの困難や挫折を放置しないために、教員の専門性をどう向上させるのか。

 

文部科学省は令和4年3月 「特別支援教育を担う教師の養成の在り方等に関する検討会議報告」にて、「全ての教師に対し特別支援教育の知見や経験を蓄積するための組織的対応」を求めた。報告には、人事上の措置に対する文言も盛り込まれた。

 

・任命権者および校長は、全ての新規採用職員がおおむね10年目までの期間内において、特別支援学級の教師や、特別支援学校の教師を複数年経験することとなる状態を目指し、人事上の措置を講じるよう努めること。合わせて、採用から10年以上経過した教師についても、特別支援教育に関する経験を組み込むよう努めること など

 

文部科学省の初等中等教育局特別支援教育課の課長を務める(※23年3月現在)山田泰造さんは話す。

 

山田泰造(やまだ・たいぞう)
平成11年入省。令和3年7月より初等中等教育局特別支援教育課長。
※23年3月現在

 

「大前提として、特別支援教育は専門家がやればいいというものではなくて、全教員がある程度理解して進めていくべきものだと思っています。

 

若手の頃から特別支援教育への理解や経験のある教員を育てていかないと、これから先も、子どもたちの特性や困りごとを発見し支援することは難しい。

 

我々としては、いま手を打たないと取り返しがつかない課題であると思っています

 

学校現場で働く教員への取材でも、「自主的に外部の専門家を講師として呼び、研修会を行っている」「長期休み期間中に学校主催の研修会に参加している」といった声が聞かれた。

 

文科省を起点とする学校現場の組織設計と、個々の教員による研修等への参加。

 

トップダウン、ボトムアップ、双方から専門性の向上への取り組みが生まれているが、取り組みの大きな障壁となっているのが、「教員の多忙化」だ。

過労死ライン15時間超え…
多忙化が阻む専門性の向上・個別支援

今年(23年)3月に発表された「教職員勤務実態調査2022」によれば、教員の時間外勤務は月平均で約96時間。平均残業時間が、過労死ラインの月80時間を超える深刻な事態となっている。

 

同調査の「もっと時間をかけたいこと(学級担任)」の項目からは、子どもと向き合いたいが十分に向き合えていない教員の姿が見えてくる。

 

◯もっと時間をかけたいこと(学級担任)
・授業・学習指導とその準備:小学校で90.7%、中学校で87.4%
・学習指導以外の子どもの指導:小学校で58.6%、中学校で57.7%
・自主的な研修や自己研鑽:小学校で52.1%、中学校で44.0%

※リディラバジャーナルについてもっと知りたい方はコチラ
リディラバジャーナル編集部。「社会課題を、みんなのものに」をスローガンに、2018年からリディラバジャーナルを運営。
note
リディラバジャーナル編集部
noteのicon
喜べない教員の給与増。残業が残業だと認められない給特法とは?
2024年5月17日

ニュースに潜む社会課題をキャッチ!リディラバジャーナル

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

続きをみる
勤務時間15分減で退職金ゼロ?非正規の人の労働条件を改善するための制度のはずが…
2024年5月14日

ニュースに潜む社会課題をキャッチ! リディラバジャーナル

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

続きをみる
性犯罪の被害者の約半数が子ども。わが子をグルーミングから守るには?【ニュースに潜む社会課題をキャッチ!】
2024年5月7日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
動物の虐待摘発過去最多。「保護犬・保護猫」前進の裏で生まれる課題
2024年4月12日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず。

続きをみる
スクールカウンセラー約250人が雇い止め。子どもの心の健康を支える専門職なのに任期は1年?【ニュースから読み取る社会課題!リディラバジャーナル】
2024年4月4日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず。

続きをみる
依存症の人に必要なのは「反省や刑罰」ではなく「治療と仲間」
2024年3月29日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
「同性婚を認めないのは違憲」互いの違いを尊重できる成熟した社会へ
2024年3月18日

ニュースに潜む社会課題をキャッチ! リディラバジャーナル

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

続きをみる
能登半島地震、深刻なボランティア受け入れ態勢不足が課題
2024年3月8日

ニュースに潜む社会課題をキャッチ!リディラバジャーナル

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

続きをみる
学校の死亡事故の7割が国に未報告。求められる事故検証システム
2024年3月1日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
「思いこみ」も背景に?女性管理職への道を阻むもの【なぜ少ない?学校教育現場の女性管理職】
2024年2月23日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。こちらの記事の最後には、全文無料で読める!「学校経営の新時代、女性管理職の可能性 ~ロールモデル・取り組み事例資料集~」もご紹介しています。ぜひご活用ください!

続きをみる
旭川いじめ事件から3年。再発防止が進まない訳は…
2024年2月16日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
DVから逃げられなくなる!?「共同親権」このまま進めて本当に大丈夫?
2024年2月2日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
「被災地へボランティアに行くのは迷惑?」悩んでいる人にこそ読んでほしい!【3.11から学ぶ。構造化特集を全記事お届け!】
2024年1月12日

みなさん、こんにちは。リディラバジャーナルです。

1月1日、能登半島地震が発生しました。亡くなられた方々に心よりお悔やみを申し上げますとともに、被害に遭われたすべての方にお見舞い申し上げます。

続きをみる
市販薬を覚せい剤代わりにする若者たち。その背景には孤独孤立か?
2023年12月22日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
万引きを繰り返すのは手癖が悪いのか、それとも?「万引き依存症」をご存知ですか?
2023年12月15日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
大学進学は親の財力やきょうだいの数によって左右されていいのか?
2023年12月11日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず。

続きをみる
反ワクチン情報を流す医師がいるのはなぜ?【ニュースから読み取る社会課題!リディラバジャーナル】
2023年12月1日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
病院の約半数、公立病院は98%が赤字。診療報酬の引き下げは医療レベルの引き下げに?【ニュースから読み取る社会課題!リディラバジャーナル】
2023年11月24日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
構造化特集「地域医療」の内容を一部公開します
2023年6月9日

みなさんこんにちは、リディラバの鈴木です!今回は、リディラバジャーナルで公開中の構造化特集「地域医療」の冒頭をこちらのnoteでも公開します。何かあったら病院で治療が受けられる。私たちの「当たり前」を維持するために、様々な課題を抱えながら尽力する医療現場の姿を知ってもらえたら嬉しいです。


続きをみる
6月の構造化特集「地域医療」への思い
2023年6月9日

この投稿はリディラバジャーナル会員限定のFBグループ「リディラバジャーナル企画室」からの転載です。

******みなさん、こんにちは!担当した構造化特集「地域医療 超高齢化社会に必要な『撤退戦』」が本日より公開となりました!今日は特集内には書いていない、特集に込めた思いをご紹介させてください。

続きをみる
子どもの発達障害、構造化マップを公開
2023年4月16日

※この投稿はリディラバジャーナルの会員限定FBグループ「リディラバジャーナル企画室」からの転載です。*****みなさん、こんにちは!!!リディラバジャーナルの井上です。

今週はとても嬉しいことがあったので、ご報告させてくださいm(_ _)m

続きをみる
構造化。テーマは「子どもの発達障害」
2023年4月7日

この投稿はリディラバジャーナル会員限定のFBグループ「リディラバジャーナル企画室」からの転載です。******みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルの井上です。

早くも4月ですね。あっという間に過ぎ去る日々に「!?!?」という感じですが、今日も今日とて、リディラバジャーナルのご案内です。

続きをみる
編集部メンバーの想いを公開しました
2023年3月26日

※この記事はリディラバジャーナルの会員限定Facebookグループ「リディラバジャーナル企画室」からの転載です。******皆さん、こんにちは〜!

編集部の井上です。今日は、

続きをみる
「無戸籍」当事者の声を聞いてほしい。
2023年3月26日

※この記事はリディラバジャーナルの会員限定Facebookグループ「リディラバジャーナル企画室」からの転載です。ーーーみなさん、こんにちは!リディラバジャーナル編集部の井上です。

2〜3月は3年ぶりの構造化特集の復活ということで、「無戸籍」をテーマに構造化特集をお届けしてきました。

続きをみる
×
CONTENTS
intro
居場所なき子どもたち
no.
1
no.
2
子どもの困難に対応できない学校現場
no.
3
no.
4
子どもの挫折に苦慮する保護者たち
no.
5
子どもを取り巻く専門家の苦悩
no.
6
社会に出て抱える困難
no.
7