「1~2トンはしょうがない」消費者から見えないフードロス | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
no.
3
People
加工→小売
2018/2/6(火)
「1~2トンはしょうがない」消費者から見えないフードロス
2018/2/6(火)
Display p1060287
no.
3
People
加工→小売
2018/2/6(火)
「1~2トンはしょうがない」消費者から見えないフードロス
2018/2/6(火)
構造化特集 : フードロス
構造化の視点
Icon triangle right

食べることができるにもかかわらず廃棄される食品「フード

・・・もっと見る

食べることができるにもかかわらず廃棄される食品「フードロス」。日本では年間600万トンを超えます。ではなぜフードロスが発生するのか。どうしたらフードロスを再活用できるのか。フードロスの構造的実態を明らかにします。

Display frame 16 min

食べることができるにもかかわらず廃棄される食品「フードロス」。日本では年間600万トンを超えます。ではなぜフードロスが発生するのか。どうしたらフードロスを再活用できるのか。フードロスの構造的実態を明らかにします。

食べることができるにもかかわらず廃棄される食品「フードロス」。日本では年間600万トンを超えます。ではなぜフードロスが発生するのか。どうしたらフードロスを再活用できるのか。フードロスの構造的実態を明らかにします。

Display frame 16 min
Icon triangle bottom
Icon triangle bottom
Content icon open article index


(日本フードエコロジーセンター提供)

 

消費者の手に届くことなく捨てられてしまう大量の米。

 

この米はコンビニエンスストアなどの小売店から捨てられたのではなく、食品工場から捨てられたものだ。

 

先日話題となった恵方巻のように、最終商品にまで加工され店頭に並び、売れ残った結果捨てられてしまうのはまだ想像がつく。


しかし、この米は店舗に並ぶことすらなく捨てられる。


編集部が注目したのは、この米のような、私たち消費者には見えないところで生まれるロス。

 

私たちの知らないところで、毎日何千トンも発生しているロスの裏側に迫る。

 

 

今回は、図の〇の部分である加工から小売の間で発生するロスについて扱う。

食品を加工して、小売店や飲食店に販売するまでの過程で、様々なロスが発生している。


その中でも、今回編集部が注目したのは「構造的なロス」

 

例えば、サンドウィッチを作る工場では、どうやってもパンの耳が発生する。

 

パンの耳も食べることができるため定義上はフードロスに含まれるが、無くせというのには無理がある。

 

それよりも、食品業界の慣習や、事業者間の力関係によって不条理なロスが発生している。

 

編集部ではそれらを「構造的なロス」と名づけ、調査した。


どういったものを指しているのか見ていく。

...

※リディラバ会員登録はコチラ
構造化特集 : フードロス
オンラインコミュニティ会員はこちら
Banner
×
CONTENTS
intro
Icon folder
People
生産→加工
no.
1
Icon folder
no.
2
Icon folder
People
加工→小売
no.
3
Icon folder
no.
4
Icon folder
People
小売→消費
no.
5
Icon folder
People
消費
no.
6
Icon folder
People
リユース・リサイクル
no.
7
Icon folder
no.
8
Icon folder
no.
9
Icon folder
People
安部コラム
no.
10
Icon folder