no.
5
学校からの不登校支援
2019/12/26(木)
子どもの困難を早期発見するために学校ができること
2019/12/26(木)
no.
5
学校からの不登校支援
2019/12/26(木)
子どもの困難を早期発見するために学校ができること
2019/12/26(木)
構造化特集 : 不登校
構造化の視点

今、少子化にもかかわらず、不登校の子どもは過去最多の1

・・・もっと見る

今、少子化にもかかわらず、不登校の子どもは過去最多の16万人を超えます。また「学校問題」を理由に自殺してしまう子どもが毎年います。そんな現状を踏まえ、「学校に行かなくてもいい」と言われるようになりましたが、学校に行かない子どもの居場所は担保されているのでしょうか。不登校の子どもを取り巻く構造から学校を絶対視する価値観を問い直します。

今、少子化にもかかわらず、不登校の子どもは過去最多の16万人を超えます。また「学校問題」を理由に自殺してしまう子どもが毎年います。そんな現状を踏まえ、「学校に行かなくてもいい」と言われるようになりましたが、学校に行かない子どもの居場所は担保されているのでしょうか。不登校の子どもを取り巻く構造から学校を絶対視する価値観を問い直します。

今、少子化にもかかわらず、不登校の子どもは過去最多の16万人を超えます。また「学校問題」を理由に自殺してしまう子どもが毎年います。そんな現状を踏まえ、「学校に行かなくてもいい」と言われるようになりましたが、学校に行かない子どもの居場所は担保されているのでしょうか。不登校の子どもを取り巻く構造から学校を絶対視する価値観を問い直します。


不登校の子どもが増えている今、学校現場がどのように対応していくかは大きな課題の一つだ。しかし、学校における課題が複雑化・多様化しているなかで教員だけですべての問題に対応するのは困難をきわめる。

 

そうした現状を踏まえ、文部科学省では「チーム学校」を掲げ、教員だけではなく、多様な専門性を持つ職員を配置し、それぞれの専門性を生かして連携、協働することを目指している。

 

そこで今回は、心理の専門家である「スクールカウンセラー」に着目し、どのように子どもの支援を行うのか、スクールカウンセラーが力を発揮するためには何が必要なのか考えていく。

全員面接で問題の早期発見を

子どもの話を聞き、助言する役割を担うスクールカウンセラー。場合によっては、子どもの許可を得て、保護者や教員に子どもの気持ちを伝えることもある。

 

一方で、子どもが学校内でスクールカウンセラーに相談しづらいという課題もある。

...

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
構造化特集 : 不登校
×
CONTENTS
intro
学校に行くのは当たり前なのか
no.
1
no.
2
保護者を支える
no.
3
no.
4
学校からの不登校支援
no.
5
no.
6
学校外の居場所を確保する
no.
7
no.
8
no.
9
通信制高校の現在
no.
10
安部コラム
no.
11