紛争地帯での人道支援と日本の町おこし――ピースウィンズ・ジャパン 大西健丞さん | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
no.
3
People
ピースウィンズ・ジャパン 大西健丞さん
2020/1/22(水)
紛争地帯での人道支援と日本の町おこし――ピースウィンズ・ジャパン 大西健丞さん
2020/1/22(水)
Display component 3
no.
3
People
ピースウィンズ・ジャパン 大西健丞さん
2020/1/22(水)
紛争地帯での人道支援と日本の町おこし――ピースウィンズ・ジャパン 大西健丞さん
2020/1/22(水)
Icon open index

新たにスタートした連載「ソーシャルセクター 列伝」。
 
今回は、20代の若さで国際協力NGOピースウィンズ・ジャパンを立ち上げるなど、日本国内における社会起業家の先駆者・大西健丞(けんすけ)さんにフォーカス。
 
イラク戦争下における人道支援やアフガニスタンの難民支援、東日本大震災をはじめとする国内の大規模災害被災者支援、犬の殺処分ゼロ活動など、20年以上もの間、さまざまな公益事業に従事してきた。

 

現在も日本を含む世界16カ国・地域において、160万近い人々に支援を届けているが、その原動力とは一体何なのか。型破りな人柄とともに、社会起業家の先駆者としての経歴に迫る。

 

※本記事は全4回連載のうちの3回目です。

紛争地帯で知ったこと

紛争地帯に長くいるとね、銃声を聞いただけで、何の銃で撃っているかわかるようになるんです。

 

どっち(の方向)に撃っているのか、何人で撃っているのか。真面目に撃っているのか、射撃練習なのか調整なのか。銃はロシア製のカラシニコフか中国製の安物か、とかも。そんなことまでわかるようになっていきました。

 

 

当時の僕のボディガードは、イラクでナンバー2といわれていたスナイパー。「自分の身は自分で守れ」と、寝るときもベッドの横にはカラシニコフを置き、枕の下にはピストルを入れていました。

 

それに停電するたびに、なにも見えない暗い中で「訓練だ」と言われて、銃を組み立てたりバラしたりする練習もさせられて。

 

さらに、休日に山に連れて行かれ、「いいからとりあえず撃ってみろ」と。なぜか廃車に向かって射撃練習をさせられ(笑)、「撃たれることもあるんだから練習しておけ」とか言われていました。RPG-7を持たされて撃ったみたら、車の後ろまで貫通してぶっ飛ぶとか、そういうことも体感しましたね。

 

武器の有効射程を知ってるかどうかで生死が別れるからと、アウトレンジ戦法も教わりました。射撃するということは、自分の位置を相手に知らせるっていうことだからリスクは高い。

 

自分たちが優勢だと認識すれば、向こうは撃ってこない。ただまず有効射程に入らないことはすごく大事なことで。教えてくれるのはスナイパーだから、スナイパーポイントとかも知っている。

 

銃に関して、すごくいろいろ教えてくれました。もちろん、僕は人に向けて撃ったことはないですけどね。でもおかげで、ほとんど全ての武器を操作できるようになりました。...

※リディラバ会員登録はコチラ
×
CONTENTS
intro
Icon folder
People
ピースウィンズ・ジャパン 大西健丞さん
no.
1
Icon folder
no.
2
Icon folder
no.
3
Icon folder
no.
4
Icon folder
People
新宿歌舞伎町駆け込み寺 玄秀盛さん
no.
5
Icon folder
no.
6
Icon folder
no.
7
Icon folder
no.
8
Icon folder
People
社会福祉法人伸こう福祉会 片山ます江さん
no.
9
Icon folder
no.
10
Icon folder
no.
11
Icon folder
no.
12
Icon folder