no.
3
People
父親側から見る父子家庭
2020/4/23(木)
「イクメン」は死語か?“男性学”から考える父子家庭の子育て
2020/4/23(木)
Display dad 909510 1280
no.
3
People
父親側から見る父子家庭
2020/4/23(木)
「イクメン」は死語か?“男性学”から考える父子家庭の子育て
2020/4/23(木)
構造化特集 : 父子家庭
構造化の視点
Icon triangle right

「ひとり親」と言えば反射的に母子家庭が想起され、これま

・・・もっと見る

「ひとり親」と言えば反射的に母子家庭が想起され、これまで可視化されてこなかった父子家庭の実態。父子家庭をめぐる問題には、家族のあり方や「男性社会」とも言われる日本の労働慣行、社会支援のあり方といった多岐にわたる論点が凝縮されている。父子家庭を「父」「子」「社会」という視点に分け、問題の構造を探る。

Display %e3%83%a9%e3%83%95%e6%a1%8802  9

「ひとり親」と言えば反射的に母子家庭が想起され、これまで可視化されてこなかった父子家庭の実態。父子家庭をめぐる問題には、家族のあり方や「男性社会」とも言われる日本の労働慣行、社会支援のあり方といった多岐にわたる論点が凝縮されている。父子家庭を「父」「子」「社会」という視点に分け、問題の構造を探る。

「ひとり親」と言えば反射的に母子家庭が想起され、これまで可視化されてこなかった父子家庭の実態。父子家庭をめぐる問題には、家族のあり方や「男性社会」とも言われる日本の労働慣行、社会支援のあり方といった多岐にわたる論点が凝縮されている。父子家庭を「父」「子」「社会」という視点に分け、問題の構造を探る。

Display %e3%83%a9%e3%83%95%e6%a1%8802  9
Icon triangle bottom
Icon triangle bottom
Icon open article index

積極的に子育てに“参加する”男性を指す俗語である「イクメン」。

 

2000年代終盤から急速に普及し、2010年には「ユーキャン新語・流行語大賞」のトップテンに選出された。当初は「若者言葉」だったが、現在はごく一般的に用いられている。

 

だが、「イクメン」という言葉が象徴するように、そもそも男性は子育てに“参加する”ものなのか。そして、父子家庭の父親は果たして「イクメン」という存在なのか。

 

そうした男性を取り巻く現状を踏まえ、育児や仕事、社会について考える「男性学」という学問がある。

 

父子家庭について考える補助線として、男性による育児の難しさを「男性学」に詳しい関西大学教授の多賀太さんに聞いた。

 「イクメン」の次のフェーズを

――そもそも「男性学」とは、どのようなものなのでしょうか。

 

一言で言えば男性を研究する学問で、男性を「ジェンダー化された存在」として捉え、複眼的な視点により「男らしさ」や「男性性」といった「男性としてのあり方」について問うものです。

 

現在において「男性問題」として語られるテーマは多岐にわたっていますが、それらは誰にとっての問題なのかという観点の違いから、大きく2つに分けて考えられます。

 

一つは、男性が女性を苦しめているという側面であり、もう一つは、男性自身が困っているという側面です。

 

 

――今回お伺いしたいのが、男性による育児についてですが、昨今、男性に「父親」としての役割を求める風潮が、以前より強まっているように感じます。

 ...

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
構造化特集 : 父子家庭
×
CONTENTS
intro
Icon folder
People
父親側から見る父子家庭
no.
1
Icon folder
no.
2
Icon folder
no.
3
Icon folder
People
子ども側から見る父子家庭
no.
4
Icon folder
no.
5
Icon folder
no.
6
Icon folder
People
社会から見る父子家庭
no.
7
Icon folder