「個人の声には力がある」今日からできるフードロス削減 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
ログイン
特集
フードロス:年間621万トンの真実
第六回

「個人の声には力がある」今日からできるフードロス削減

ここまで、生産、加工、小売の現場でのフードロスを見てきました。

ともすれば、「フードロス」=「企業の問題」と捉えそうになりますが、実際は私たち一人ひとりの行動が大きく影響する問題です。

 

そこで今回は、「フードロス削減のため個人にできること」に焦点を当てました。

日々の家庭での取り組みはもちろんのこと、ビジネスの担い手として、消費者として、一人ひとりにフードロス問題解決の力があります。

私たちは、どんなかたちでロス削減に貢献できるのでしょうか。


(本特集における「フードロス」は生産段階でのロスを含みますが、国の定義する「食品ロス」には含まれません。そのため、記事内では「フードロス」と「食品ロス」の両方の表記を使用しています。)

 

...

有料会員になると続きをお読みいただけます

リディラバジャーナルは有料会員制メディアです。いま登録すると、10日間無料でお読みいただけます。

もっと詳しく

特集 フードロス:年間621万トンの真実 全10回
0章 はじめに
1章 生産→加工
2章 加工→小売
3章 小売→消費
4章 消費
5章 リユース・リサイクル
6章 安部コラム
リディラバジャーナルの他の特集
フードロス
全10回
4-1.「個人の声には力がある」今日からできるフードロス削減