no.
6
消費
2018/2/9(金)
「個人の声には力がある」今日からできる食品ロス削減
2018/2/9(金)
no.
6
消費
2018/2/9(金)
「個人の声には力がある」今日からできる食品ロス削減
2018/2/9(金)
構造化特集 : 食品ロス
構造化の視点

食べることができるにもかかわらず廃棄される食品「食品ロ

・・・もっと見る

食べることができるにもかかわらず廃棄される食品「食品ロス」。日本では年間600万トンを超えている。ではなぜ食品ロスが発生するのか。どうしたらロスした食品を再活用できるのか。食品ロスの構造的実態を明らかにする。

食べることができるにもかかわらず廃棄される食品「食品ロス」。日本では年間600万トンを超えている。ではなぜ食品ロスが発生するのか。どうしたらロスした食品を再活用できるのか。食品ロスの構造的実態を明らかにする。

食べることができるにもかかわらず廃棄される食品「食品ロス」。日本では年間600万トンを超えている。ではなぜ食品ロスが発生するのか。どうしたらロスした食品を再活用できるのか。食品ロスの構造的実態を明らかにする。


ここまで、生産、加工、小売の現場での食品ロスを見てきた。
ともすれば、「食品ロス」=「企業の問題」と捉えがちだが、実際は私たち一人ひとりの行動が大きく影響する問題だ。
そこで今回は、「食品ロス削減のため個人にできること」に焦点を当てる。

日々の家庭での取り組みはもちろんのこと、ビジネスの担い手として、消費者として、一人ひとりに食品ロス問題解決の力がある。私たちは、どんなかたちでロス削減に貢献できるのか。

 


 

 

※リディラバジャーナルについてもっと知りたい方はコチラ
編集長からのメッセージ
構造化特集 : 食品ロス
×
CONTENTS
intro
生産→加工
no.
1
no.
2
加工→小売
no.
3
no.
4
小売→消費
no.
5
消費
no.
6
リユース・リサイクル
no.
7
no.
8
no.
9
安部コラム
no.
10