ログイン
特集
被災地とボランティア:なぜ僕たちは被災地支援に行けなかったのか
第五回

いま振り返る3.11、「情報発信」すればいいわけじゃない

「肝になるのは現地で長期滞在している(ボランティア)リーダーたちでした」

 

こう話すのは、災害支援活動や防災活動に取り組む一般社団法人ピースボート災害ボランティアセンター(東京都)事務局長の上島安裕さん。

 

上島さんは、より多くのボランティアを巻き込むにあたって、ボランティアリーダーの存在が重要だったと語ります。

 

現場で長期間活動しているボランティアリーダーたちが、過去にボランティアに参加してくれた仲間などに電話をかけて、困っている状況を説明し、ボランティアに来てほしいと伝えていたのです。

つながりのある企業にも再度参加を呼びかけていたと話す上島さん。

 

学生ボランティアと被災地で活動する支援団体とのマッチングを行っていたNPO法人Youth for 3.11(東京都)代表の船登惟希(ふなと・よしあき)さんは、「Youth for 3.11のボランティアを知ったきっかけは、初期段階はツイッターが8割ぐらいだったのですが、後半になるとほとんど知人からの紹介でした」と話します。

 

人と人との繋がりがボランティアを呼び込む時に重要な要因となっていたのです。

 

今回の記事では、より多くの人やモノ、お金を集める上で重要でありながら、様々な批判や葛藤を伴った情報発信のあり方について見ていきます。

被災地支援を行うボランティアの数と関わり方を表した図。

...

有料会員になると続きをお読みいただけます

リディラバジャーナルは有料会員制メディアです。いま登録すると、30日間無料でお読みいただけます。

もっと詳しく

被災地とボランティア
全7回
4-1.いま振り返る3.11、「情報発信」すればいいわけじゃない