命に直結する問題を放置してはいけない――新宿歌舞伎町駆け込み寺 玄秀盛さん | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
no.
8
People
新宿歌舞伎町駆け込み寺 玄秀盛さん
2020/4/8(水)
命に直結する問題を放置してはいけない――新宿歌舞伎町駆け込み寺 玄秀盛さん
2020/4/8(水)
Display frame 104
no.
8
People
新宿歌舞伎町駆け込み寺 玄秀盛さん
2020/4/8(水)
命に直結する問題を放置してはいけない――新宿歌舞伎町駆け込み寺 玄秀盛さん
2020/4/8(水)
Icon open index

社会問題解決のために長年貢献し、社会にインパクトを与えてきた人物の経歴に迫る連載「ソーシャルセクター列伝」。
 
今回は、事業経営などを経て40代で「新宿歌舞伎町駆け込み寺」を設立し、現在まで18年もの間、述べ5万人以上の悩み相談に乗ってきた玄秀盛(げんひでもり)さんにフォーカス。
 
「24時間365日相談者を受け入れる」という型破りなスタイルで、DV、虐待、貧困、ハラスメント、ひきこもりなど、さまざまな悩みを解決してきた玄さん。現在も「公益社団法人日本駆け込み寺」にて相談を受け続けているほか「一般社団法人再チャレンジ支援機構」では、元受刑者の支援活動にも積極的に取り組んでいる。
 
自分のもとへ来た相談者を無条件に助けようとする熱意や行動力はどこから来るのか。前回に続き、玄さんの激動の半生に迫る。

自分の経験を伝えていきたい

いつもゴールを決めて生きてきたから、前は「60歳で自分の人生は終わりや」と思ってた。今は「あと2年で終わりや」と思ってる。

 

若いときのガタがきたのか、60歳になってから4回手術して、今も病院に通ってる。身体にはボルトもプレートも入ってるし、背骨にはチタンも入ってるから、“筋金入り”やな(笑)。

 

身体は痛いけど、この痛みが「生きてる」って感じられて、人生を楽しくしてくれてる。

 

今は、昔みたいに24時間365日の対応はとてもじゃないけどできへんから、今年から土日祝日は休みにさせてもらってて、相談時間も基本は平日の11時から17時までにしてる。

 

2回結婚したから子どもは5人おって、本出したりメディアに出たりしてるから子どもは俺が何をやってるのかも知ってるし、向こうから連絡が来ることもあるよ。「お前らには迷惑かけへんから、邪魔はするな」と言ってあんねん。

 

孫も3人おるけど1回しか会うたことないし、会うたことない孫もおる。誕生日のお祝いあげるとか、そんなんは一切せえへんよ。守るものができてしまったら、これ(駆け込み寺)なんかでけへんやん。俺にとっては、こっちが優先なんやな。

 

 

ここ(駆け込み寺)は閉めへんつもりやけど、これからは「自分の経験を伝えること」を積極的にやっていこうと思ってる。

 

こういうインタビューを受けるんもそうやし、自分が蓄積してきたことをそのままにしておくのはもったいないからな。

...

※リディラバ会員登録はコチラ
×
CONTENTS
intro
Icon folder
People
ピースウィンズ・ジャパン 大西健丞さん
no.
1
Icon folder
no.
2
Icon folder
no.
3
Icon folder
no.
4
Icon folder
People
新宿歌舞伎町駆け込み寺 玄秀盛さん
no.
5
Icon folder
no.
6
Icon folder
no.
7
Icon folder
no.
8
Icon folder
People
社会福祉法人伸こう福祉会 片山ます江さん
no.
9
Icon folder
no.
10
Icon folder
no.
11
Icon folder
no.
12
Icon folder