no.
8
リユース・リサイクル
2018/2/14(水)
食糧自給率はまだ上がる! その方法は‟エサを変える”だけ!?
2018/2/14(水)
no.
8
リユース・リサイクル
2018/2/14(水)
食糧自給率はまだ上がる! その方法は‟エサを変える”だけ!?
2018/2/14(水)
構造化特集 : 食品ロス
構造化の視点

食べることができるにもかかわらず廃棄される食品「食品ロ

・・・もっと見る

食べることができるにもかかわらず廃棄される食品「食品ロス」。日本では年間600万トンを超えている。ではなぜ食品ロスが発生するのか。どうしたらロスした食品を再活用できるのか。食品ロスの構造的実態を明らかにする。

食べることができるにもかかわらず廃棄される食品「食品ロス」。日本では年間600万トンを超えている。ではなぜ食品ロスが発生するのか。どうしたらロスした食品を再活用できるのか。食品ロスの構造的実態を明らかにする。

食べることができるにもかかわらず廃棄される食品「食品ロス」。日本では年間600万トンを超えている。ではなぜ食品ロスが発生するのか。どうしたらロスした食品を再活用できるのか。食品ロスの構造的実態を明らかにする。



小田急グループで最もリピート率の高い商品「優とん」(日本フードエコロジーセンター提供)


この「優とん」という豚肉は、首都圏に30店舗以上のスーパーマーケットを構える小田急グループで最もリピート率の高い商品だ。

 

見た目は普通の豚肉と何ら変わらないが、実は食品ロスと大いに関係があるのだ。


一体この「優とん」、どんなところが「優」なのか。


 

前回の記事では、ロスを有効活用する取り組みとしてフードバンクを紹介した。


今回も同じく、ロスを有効活用していく取り組みとして食品のリサイクルを扱う。

 

ビン、缶、ペットボトルといったごみのリサイクルは皆さんにとって身近かもしれないが、実は食品も同じようにリサイクルされている。

※リディラバジャーナルについてもっと知りたい方はコチラ
編集長からのメッセージ
構造化特集 : 食品ロス
×
CONTENTS
intro
生産→加工
no.
1
no.
2
加工→小売
no.
3
no.
4
小売→消費
no.
5
消費
no.
6
リユース・リサイクル
no.
7
no.
8
no.
9
安部コラム
no.
10