お金があっても、良い機械があってもダメ……意外なところに見えるフードロス問題解決の糸口とは? | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
ログイン
特集
フードロス:年間621万トンの真実
第九回

お金があっても、良い機械があってもダメ……意外なところに見えるフードロス問題解決の糸口とは?

私たちの生活になくてはならない「電気」。
実は私たちが今使っている電気、ロスとなった食品からできているかもしれません。
一体どういうことなのでしょうか。

今回も、図の〇の部分、ロスした食品をただ燃やしてしまうのではなく、有効に活用していく取り組みについてお伝えします。

前回はリサイクルの種類として、肥料化と飼料化を紹介しました。


フードロス特集、最終回となる今回は、残りのエネルギー化について紹介します。

また、最も推奨されているのは飼料化、エサをつくるリサイクルです。

しかし、そのエサを利用している農家は約20%程度。

飼料化が進まない背景にも迫ります。
...

有料会員になると続きをお読みいただけます

リディラバジャーナルは有料会員制メディアです。いま登録すると、10日間無料でお読みいただけます。

もっと詳しく

特集 フードロス:年間621万トンの真実 全10回
0章 はじめに
1章 生産→加工
2章 加工→小売
3章 小売→消費
4章 消費
5章 リユース・リサイクル
6章 安部コラム
リディラバジャーナルの他の特集
フードロス
全10回
5-3.お金があっても、良い機械があってもダメ……意外なところに見えるフードロス問題解決の糸口とは?