医療の進歩と共に社会に課された課題「医療的ケア児を支える」 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
ログイン

医療の進歩と共に社会に課された課題「医療的ケア児を支える」

医療の進歩によって多くの新生児の命が救われるようになった。そのなかには、退院後も日常的に医療的ケアを必要とする子どもたちがいる。

 

5分ごとに「たんの吸引」を必要とするなど、夜間も目が離せない子どもも少なくない。

 

そうした子どもたちは「医療的ケア児」と呼ばれ、その数は増えている。しかし、子どもたちを受け入れる地域の支援体制はまだまだ未整備だ。

 

今回は、医療的ケア児やその家族を支援する医療型短期入所施設「もみじの家」(東京都世田谷区)ハウスマネージャーの内多勝康さんに、医療的ケア児を取り巻く現状について聞いた。


2018年8月に『「医療的ケア」の必要な子どもたち』(ミネルヴァ書房)を出版した内多さん。

医療の進歩と社会の支援体制のギャップ

...

リディラバジャーナルの他の特集