健康管理は自己責任? 社会問題として考える「貧血」 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
ログイン

健康管理は自己責任? 社会問題として考える「貧血」

世界で20億人に上ると見られている、貧血患者。栄養状態の十分でない発展途上国を中心とした問題だが、日本でも、健康な女性の2割以上が貧血という調査結果が公表されている。

 

健康管理は自己責任──。そうした風潮もある中、貧血について社会でもっと考えるべきだと訴える、ナビタスクリニック内科医の山本佳奈さんに話を聞いた。

 

女性の2割以上が貧血というデータ

2006年、虎ノ門病院血液科の久住英二医師らが発表した、貧血に関する調査があります。

 

健康な日本人女性約1万3000人を対象に行なったこの調査によると、50歳未満の22.3%が貧血で、そのうち25.5%、つまり全体の5.6%は重度の貧血でした。

 

私も2016〜17年に、中国・上海と日本・東京で、20〜44歳の女性を対象に貧血について調査しました。

...