no.
27
女性医師の取り組み
2020/7/1(水)
「自分自身でいられる」当たり前の権利が守られる社会へ――コロナショックと産婦人科医(後編)
2020/7/1(水)
no.
27
女性医師の取り組み
2020/7/1(水)
「自分自身でいられる」当たり前の権利が守られる社会へ――コロナショックと産婦人科医(後編)
2020/7/1(水)

「日本では、立場の弱い女性を支援する仕組みや医療機関が十分に整備されていない。この問題がコロナショックでより鮮明に浮かび上がってきました。それと同時に、多くの人に問題意識を持たせ、行動を起こすきっかけにもなりました」


こう語るのは、婦人科医の対馬ルリ子さん。後編では、対馬さんがウィズコロナ・アフターコロナに描く「女性の健康や人権をトータルで守る仕組みづくり」について聞いていく。

自粛生活の裏で立ち上がった女性支援チーム

――自粛期間中は、産婦人科医をはじめとする医療関係者や支援団体などが集まり、毎週のようにオンラインミーティングを開いていたそうですね。

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
×
CONTENTS
intro
医療現場
no.
1
生活保護
no.
2
自殺
no.
3
障害者施設
no.
4
no.
5
障害者福祉施設
no.
6
飲食業
no.
7
no.
8
no.
9
夜の世界
no.
10
ホームレス
no.
11
no.
12
依存症
no.
13
児童養護施設
no.
14
no.
15
ひとり親
no.
16
no.
17
学生困窮
no.
18
no.
19
LGBT
no.
20
no.
21
HIV
no.
22
no.
23
アルコール依存症
no.
24
no.
25
女性医師の取り組み
no.
26
no.
27
女性に対する経済的DV
no.
28
医療現場
no.
29
重症患者の治療現場
no.
30
no.
31