no.
2
リディフェス2022 セッション記事&動画
公開日: 2022/12/5(月)
更新日: 2023/1/13(金)
「ゲームとYouTubeがライバル」大人も、子供も、教育に必要な「楽しさ」改革
公開日: 2022/12/5(月)
更新日: 2023/1/13(金)
no.
2
リディフェス2022 セッション記事&動画
公開日: 2022/12/5(月)
更新日: 2023/1/13(金)
「ゲームとYouTubeがライバル」大人も、子供も、教育に必要な「楽しさ」改革
公開日: 2022/12/5(月)
更新日: 2023/1/13(金)
目次


「リディフェス」セッション動画&記事は特設ページにて公開中!
⇩特設ページはこちら⇩



「これからの時代、教育はゲームやYouTubeよりも楽しくないと、子どもたちに選ばれない」

「これまで、企業は昇給や昇進で働く意欲を高めてきた。でも、仕事が楽しくて仕方ない、という人を増やせるんじゃないか」


経済産業省で「GIGAスクール」構想を立ち上げ、生徒1人に1台のコンピュータ配布などの教育改革を実現してきた、浅野大介さん。
企業の人事として30年以上のキャリアを持ち、現在は日本マクドナルドの「チーフ・ピープル・オフィサー」を務める斎藤由希子さん。

学校教育、企業の人材育成の最先端で活躍する2人は、口を揃えてこれからの教育における「楽しさ」の重要性を語った。

子どもにとってはもちろん、「リスキリング」の言葉に象徴されるように、大人にも必要とされる「教育」。

人口増から人口減へ、経済成長から停滞へ、社会が変わる中で、教育はどのように変わる必要があるのか。
オリンピック出場経験を持ち、スポーツから人間の成長や教育を考えてきた為末大さんをモデレータに、浅野さん・斎藤さんとのパネルセッションを実施。

「子どもはどこかのタイミングで、『なぜ』と問うのをやめてしまう」
「変わらないといけないとわかりながら、変わることを避けちゃうのが大人」
「いい教育を子供に。大事だけど、一方で大人の僕はドキドキする、旧世代の教育を受けてきた僕たちは用無しなのか」

など、経産省・企業・スポーツ界と異なる立場で教育と向き合ってきた3人が、
自身の経験を基にこれからの教育のありかたを考えるセッション、ぜひご覧ください。

※聴覚に困難を抱える皆さまもお楽しみいただけるよう、字幕付き動画・テキスト記事を後日公開予定です


※リディラバジャーナルについてもっと知りたい方はコチラ
×
CONTENTS
intro
リディフェス2022 セッション記事&動画
no.
1
no.
2
no.
3
no.
4
no.
5
no.
6
no.
7
no.
8
リディフェス セッション記事
no.
9
no.
10
no.
12
no.
13
no.
14
no.
15