no.
25
アルコール依存症
2020/6/19(金)
ウィズコロナ・アフターコロナに必要な支援とは――精神科医に聞くアルコール依存症患者の実情(後編)
2020/6/19(金)
no.
25
アルコール依存症
2020/6/19(金)
ウィズコロナ・アフターコロナに必要な支援とは――精神科医に聞くアルコール依存症患者の実情(後編)
2020/6/19(金)

前編では、アルコール依存症の患者にも軽症、中等症、重症までさまざまなケースがあること、そしてコロナショックで全ての人が孤立し、症状が悪化しているわけではないことをお伝えした。

 

一方で、仕事や生活の状況が大きく変わった人は“心理的孤立”が高まり、飲酒量が増え、アルコールへの依存度が高まることも考えられる。

 

長年、アルコールや薬物依存症の治療・研究にあたっている精神科医の小林桜児さん(神奈川県立精神医療センター医療局長)は、「むしろ大変なのはこれから。経済状況や景気悪化が、社会的弱者の生活や心理面に大きな影響を与えるかもしれない」と危機感を訴える。

経済悪化により、依存症は年単位で増えていく

――前回、「深刻な依存症になるかならないかは、物理的な孤立よりも“心理的な孤立”が大きく影響する」ということをお話いただきました。

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
×
CONTENTS
intro
医療現場
no.
1
生活保護
no.
2
自殺
no.
3
障害者施設
no.
4
no.
5
障害者福祉施設
no.
6
飲食業
no.
7
no.
8
no.
9
夜の世界
no.
10
ホームレス
no.
11
no.
12
依存症
no.
13
児童養護施設
no.
14
no.
15
ひとり親
no.
16
no.
17
学生困窮
no.
18
no.
19
LGBT
no.
20
no.
21
HIV
no.
22
no.
23
アルコール依存症
no.
24
no.
25
女性医師の取り組み
no.
26
no.
27
女性に対する経済的DV
no.
28
医療現場
no.
29
重症患者の治療現場
no.
30
no.
31