【新世代社会起業論vol.3】コロナショックを乗り越えて—社会起業、1億円の次の壁は?(後編) | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
no.
6
People
新世代社会起業論
2020/10/30(金)
【新世代社会起業論vol.3】コロナショックを乗り越えて—社会起業、1億円の次の壁は?(後編)
2020/10/30(金)
Display img 6224 2
no.
6
People
新世代社会起業論
2020/10/30(金)
【新世代社会起業論vol.3】コロナショックを乗り越えて—社会起業、1億円の次の壁は?(後編)
2020/10/30(金)
Content icon open article index

お金にならないと思われがちなソーシャルビジネスで、億単位の事業をつくってきた若手起業家4人が事業の醍醐味と裏側を本音で語る、社会課題カンファレンス大人気セッションの第3弾。

 

子どもの貧困問題に取り組むLearning for All 代表の李炯植(り・ひょんしぎ)さん、途上国の中高生に映像授業を届ける事業を展開するe-Education代表の三輪開人さん、事業型NPOとして質の高い学童保育を実現してきたChance For All代表の中山勇魚(なかやま・いさな)さんに、リディラバ代表の安部敏樹が、コロナショックをどう乗り越え、ここからどのように社会課題の解決を目指すのか、未来の展望を聞いた。

 

※本記事は、リディラバが主催する社会課題カンファレンス「リディフェス2020」のセッション「新世代社会起業論part3 社会起業、1億円の次の壁は?」を記事にしたものです。昨年度のR-SIC2019で行われた「続・新世代社会起業論 社会的事業が1億規模に至るまで」はこちら

子どもたちと向き合う現場は今

 安部敏樹  新型コロナウイルスの影響を受けて、どのような課題が出てきましたか。

 

 李炯植   2月の末に突然、学校が休校になりました。給食で命をつないでいた子もいますし、ひとり親のご家庭は、子どもが家にいると仕事に行けなくなって収入が減るわけです。今も学校に戻れない子もいるし、虐待も増えていると言われ、子ども支援の専門性がより求められていると思います。

 

そうしたなかで、基金をいろいろつくっていただいたけれども、その基金を活用する受け皿がない、という問題があります。地域で丁寧に支援をやっている方々も、いきなり基金から500万円もらえるとなってもうまく使えなかったりする。そこが僕らの業界の弱いところです。

※リディラバ会員登録はコチラ
オンラインコミュニティ会員はこちら
Banner
×
CONTENTS
intro
Icon folder
People
社会参画
no.
1
Icon folder
no.
2
Icon folder
People
障害を持つ子の親
no.
3
Icon folder
no.
4
Icon folder
People
新世代社会起業論
no.
5
Icon folder
no.
6
Icon folder
People
ヤングケアラー
no.
7
Icon folder
no.
8
Icon folder
People
再チャレンジ
no.
9
Icon folder
no.
10
Icon folder
People
ビジネスで社会課題解決の理想と現実
no.
11
Icon folder
no.
12
Icon folder
People
地方行政
no.
13
Icon folder
no.
14
Icon folder