相談できるつながりを持つことの大切さ――家族の問題に、私たちは何ができるのか(前編) | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
no.
7
People
ヤングケアラー
2020/11/5(木)
相談できるつながりを持つことの大切さ――家族の問題に、私たちは何ができるのか(前編)
2020/11/5(木)
Display 1104
no.
7
People
ヤングケアラー
2020/11/5(木)
相談できるつながりを持つことの大切さ――家族の問題に、私たちは何ができるのか(前編)
2020/11/5(木)
Content icon open article index

家族というプライベートな問題に他人が介入するのはとても難しいことだが、それゆえに問題が深刻化し、悲しい事件につながってしまうケースが多発している。そうなる前に、私たちにはどのようなサポートができるのか。

 

パネリストに、ヤングケアラーの就職や転職を支援するYancleの代表 宮﨑成悟さん、東京都豊島区で子ども食堂や無料学習支援などを展開するNPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワークの理事長 栗林知絵子さんを、モデレーターに社会福祉協議会で地域課題解決のためのコーディネート業務を行う根本真紀さんを迎え、当事者が抱えている問題や、家族内の問題への関わり方について話した。

 

※本記事は、「リディフェス2020」で9/26に行われたトークセッション「家族のプライバシーと共助・公助の境目 学校・行政・職場は家族の問題をどうしたらいい?」の内容をもとに記事化した前編です。

孤立するヤングケアラーをオンラインコミュニティでつなぐ

 根本真紀  はじめに、パネリストのお二方が日ごろどのような取り組みをされているか、ご紹介いただけますか。

 

 宮﨑成悟  僕はヤングケアラーと呼ばれる、若くして家族の介護をしている人に向けた就職転職支援、およびヤングケアラーの当事者たちのオンラインコミュニティ運営を行っています。

 

通常は18歳未満をヤングケアラー、20〜30代を若者ケアラーと呼びますが、ここでは分かりやすいようにどちらもヤングケアラーで統一します。ヤングケアラーが介護する家族は親だけでなく、祖父母やきょうだいも含みます。総務省の就業構造基本調査では、15~29歳で21万100人、30~40歳で33万人、計54万人くらいいると言われていますが、本来はもっといるのではないかと考えられています。

 

 根本  宮崎さんはなぜこの活動をされているのですか。

※リディラバ会員登録はコチラ
オンラインコミュニティ会員はこちら
Banner
×
CONTENTS
intro
Icon folder
People
社会参画
no.
1
Icon folder
no.
2
Icon folder
People
障害を持つ子の親
no.
3
Icon folder
no.
4
Icon folder
People
新世代社会起業論
no.
5
Icon folder
no.
6
Icon folder
People
ヤングケアラー
no.
7
Icon folder
no.
8
Icon folder
People
再チャレンジ
no.
9
Icon folder
no.
10
Icon folder
People
ビジネスで社会課題解決の理想と現実
no.
11
Icon folder
no.
12
Icon folder
People
地方行政
no.
13
Icon folder
no.
14
Icon folder