no.
18
家族のかたち
2020/12/4(金)
外とのつながりが、介護を閉鎖的な環境から救う――子育てや介護の脱家族主義に向けて(後編)
2020/12/4(金)
no.
18
家族のかたち
2020/12/4(金)
外とのつながりが、介護を閉鎖的な環境から救う――子育てや介護の脱家族主義に向けて(後編)
2020/12/4(金)

「家族主義」の意識が根強い日本では、子育てや介護を家族だけで抱え込んでしまい、支え切れずに追い込まれてしまうというケースが後を絶たない。子育てや介護を家族だけの問題にせず、社会全体で担っていくためにはどうするべきなのか。

 

パネリストに、介護領域でコミュニティの運営を手掛ける株式会社Blanket代表取締役の秋本可愛さん、妊産婦のサポートや子育ての互助に取り組むNPO法人マドレボニータ 代表の吉岡マコさんを、モデレーターに不登校や高校中退の子どものセーフティネットづくりを行う認定NPO法人D×P理事長の今井紀明さんを迎え、子育てをサポートし合う取り組みについて議論した前編に引き続き、後編では介護領域での取り組みについて語ってもらった。
 

※本記事は、「リディフェス2020」で9/26に行われたトークセッション「『脱・家族主義』へ 子育て・介護・引きこもりの現場からの提言」の内容をもとに記事化した後編です。

介護と仕事の両立に対して、企業ができること

 今井紀明  介護についてもお話を聞きたいと思うのですが、秋本さんが取り組まれている「KAIGO  LEADERS」は、具体的にどのような活動しているのですか。

 

 秋本可愛  介護領域の専門職からそうではない人までが広く集まり、一緒に学んだり、一緒にプロジェクトを興したりできるような学びの場を提供しています。介護の現場はどうしても閉鎖的で、利用者さんと職員だけの空間になりがちですが、サードプレイスとして、介護の領域に興味がある人とつながれるようにしているんです。

 

(写真 秋本可愛さん)

 

 今井  家族であっても同じように、介護の環境は閉鎖的ですよね。周囲に頼っていけるような社会をつくるためにはどうすればいいのでしょうね。

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
×
CONTENTS
intro
社会参画
no.
1
no.
2
障害を持つ子の親
no.
3
no.
4
新世代社会起業論
no.
5
no.
6
ヤングケアラー
no.
7
no.
8
再チャレンジ
no.
9
no.
10
ビジネスで社会課題解決の理想と現実
no.
11
no.
12
地方行政
no.
13
no.
14
社会参画
no.
15
no.
16
家族のかたち
no.
17
no.
18
社会課題を、みんなのものに
no.
19
no.
20
ベンチャーキャピタル
no.
21
no.
22