no.
18
産後うつ
2020/8/11(火)
社会が産後ケアに取り組むと何が変わるのか――産後うつを知っていますか?(後編)
2020/8/11(火)
no.
18
産後うつ
2020/8/11(火)
社会が産後ケアに取り組むと何が変わるのか――産後うつを知っていますか?(後編)
2020/8/11(火)

妊娠・出産によって、女性は体に大きなダメージを受ける。産後十分に休養が取れない上に育児の負担などが重なると心身ともに疲弊して、産後うつにつながる可能性もある。

 

前編では、産後うつは誰でもなり得ることや、産後ママたちが抱える問題点とリスクについて、NPO法人マドレボニータ代表の吉岡マコさんにお話を聞いた。後編では、引き続き吉岡さんに、個人や社会が、産後うつ対策として何ができるかについて伺っていく。

 

※本記事は、「リディ部〜社会問題を考えるみんなの部活動〜」で行われた6/12のライブ勉強会「自殺する母たち〜産後うつを知っていますか?〜」の内容をもとに記事化した後編です。

 

<吉岡マコさん>
1996年東京大学文学部卒業後、同大学院で運動生理学を学ぶ。1998 年自らの出産を機に、産前・産後に特化したヘルスケアプログラムを開発。2008 年NPO 法人マドレボニータを設立。指導者の養成・認定制度を整備。(マドレボニータHP

母親一人が孤独に育児をしている状況を変えたい

「私は出産したとき、パートナーが海外にいて、実質的に一人で子育てをしなければなりませんでした。ただ、学生時代に共同保育のボランティアをしていたこともあって、そのときに知り合ったシングルマザー仲間が支えてくれました。産後すぐにご飯を作りに来てくれたり、赤ちゃんの沐浴(もくよく)を手伝ってくれたり。ずいぶんと助けられたのです」

 

長年、産前・産後ケアの普及活動に取り組んできた、吉岡マコさんはこう話す。

 

日本は、新生児死亡率、乳児死亡率ともに低く、世界的に高く評価されている。これには妊婦や乳児のケアが手厚いことや、母子手帳制度の効果も大きいとされている。


しかし、出産後は乳幼児のケアが中心となり、産後の女性自身をケアする公的支援は整っていなかったと吉岡さんは指摘する。

 

近年は国も、妊娠から子育て期にわたる切れ目ない支援「子育て世代への包括支援」に動き出しており、体調不良時のヘルパー派遣、産後ケア施設の利用補助など、産後ケア事業を実施する自治体は増えてきている。

 

しかし、2018年4月1日時点で、「子育て世代包括支援センター」が設置されているのは761市区町村(1,724中)。支援の内容は、各自治体の判断に任されている。

 

「誰もが、産後に実家のサポートを受けられるわけではないし、家族や友人に恵まれているわけでもありません。産後のダメージが回復しないと、育児や夫婦関係、社会復帰にまで影響が及んでしまう。これを社会問題と捉え、母親だけに背負わせるのでなく家族や社会で支えていく認識をみんなが持つこと。それが、産後うつを予防する一番のセーフティネットだと考えています」

 

準備段階からパートナーと一緒に歩んでほしい

産後うつを予防するためには、どのような対策が必要なのだろう。

 

吉岡さんが提唱するのは、産前の準備、産褥期(さんじょくき)の「受けるケア」、その後の「取り組むケア」の3段階のケアだ。

 

「まずは、妊娠中から、産後の体についての正しい知識をパートナーと一緒に学び、準備をはじめること。休養するための環境づくり、利用できそうな行政の支援、協力体制づくりや育児休暇取得なども含めて考えておきましょう。パートナーや家族と情報を共有しておくことも大切。一緒に歩んでいけているという安心感が、産後の女性の心の支えになるからです」

 

(スライド画像は吉岡さん提供)

 

次のステップは、産後8週間以内の間に「受けるケア」。産後のダメージを回復していくことを目的とする。

 

体をしっかり休めるために、家事を一切せずに誰かに任せ、基本的には寝て過ごすことが重要となる。パートナーや友人、ヘルパーなどの協力が不可欠だ。

 

マドレボニータでは、仲間が出産すると、出産祝い代わりに、産褥期のおうちにサポートにいく「産褥ヘルプ」という事業も行っている。人手があることで、ママはゆっくりご飯を食べたり、体を休ませることができる。吉岡さんはこう話す。

 

「中には、他人の手を借りるなんて…と受け入れられない人もいます。でも、支援する人にとって、生まれたばかりの赤ちゃんの世話ができることや、一番大変な産褥期の友人を手助けできることは大きな喜び。「赤ちゃんを見物に来るお客さん」ではなく、産褥期を支える戦力のひとりになれるのはうれしいものです。恩を受けた分は、いつか次世代に返せばいいのです」

産休・育休中に社会とつながることに意味がある

産後2ヶ月後以降は、より積極的に心身の回復を図る『取り組むケア』へと移行していく。マドレボニータが提供する産後ケアプログラムは、まさにこの時期にあたる。

 

「単にエクササイズをするだけでなく、社会とつながることに意味があります。安心して出かけられる場所があり、そこで出会って語り合う仲間がいるということが重要です。大人の言葉で、大人同士で語り合うことで、これからの人生、仕事、パートナーとの関係性について、自分の気持ちが整理されていきます」

 

その後は、社会復帰準備期へと移行していく。ここでも、家族で取り組むことが重要だと吉岡さんは言う。

 

「保活(子どもを保育所に入れるための活動)を、女性が一人で行う家庭は多いですよね。でも、『保育園は夫婦が働くためにあるのだから、保活は家族でやりましょう』と伝えるようにしています。一つひとつの課題をパートナーと一緒に乗りこえることが大事です。現実感が見えてきて、職場復帰するモチベーションにもなります」

 

 

吉岡さんは、数年前から「すべての母に産後ケア」というキャッチフレーズを撤廃し、「すべての家族に産後ケア」を広めていきたいと謳うようになった。その理由をこう語る。

 

「現代は家族の形も多様化し、さまざまなカップルが存在します。私のように、産んだときにパートナーがいないケースもあれば、同性同士のカップルもいるでしょう。産後うつや虐待、夫婦不和といった社会問題は、偏った役割意識の問題から起きているともいえます。私たちの中にある『子育てはお母さん主体でやるもの』という認識を、変えていくことが重要です。子どもは社会で育つもの。パートナーと一緒に、ヘルパーさん、ドゥーラ(産前産後の母親を支える人)、おじいちゃん、おばあちゃん、友人などを頼り、みんなで子育てをしていくという共通認識が持てる社会を作っていきたいですね」

 

×
CONTENTS
intro
ホームレス
no.
1
no.
2
若年介護
no.
3
no.
4
奨学金
no.
5
no.
6
差別
no.
7
no.
8
観光
no.
9
no.
10
子どもの臓器提供
no.
11
no.
12
都市とコロナ
no.
13
no.
14
ICT教育
no.
15
no.
16
産後うつ
no.
17
no.
18
宇宙
no.
19
no.
20
戦争
no.
21
no.
22
人工妊娠中絶
no.
23
no.
24
緊急避妊薬
no.
25
no.
26
テロリスト・ギャングの社会復帰
no.
27
no.
28
社会起業家
no.
29
no.
30
海上自衛隊
no.
31
no.
32
プロジェクト
no.
33
ソーシャルビジネス
no.
34
教員の多忙化
no.
35
no.
36
性的マイノリティ
no.
37
no.
38
出所者の社会復帰
no.
39
no.
40
ワクチン
no.
41
no.
42
薬物依存
no.
43
no.
44
性の悩み
no.
45
no.
46
リブランディング
no.
47
no.
48
少年犯罪
no.
49
no.
50
学校教育
no.
51
no.
52
LGBT
no.
53
no.
54
スロージャーナリズム
no.
55
no.
56
ソーシャルセクター
no.
57
no.
58
教育格差
no.
59
no.
60
メディア
no.
61
大人の学び
no.
62
no.
63
地方創生
no.
64
no.
65
家族のかたち
no.
66
no.
67
他者とのコミュニケーションを考える
no.
68
no.
69
地方創生
no.
70
no.
71
地方創生
no.
72
no.
73
非正規雇用と貧困
no.
74
no.
75
他者とのコミュニケーションを考える
no.
76
no.
77
家族のかたち
no.
78
no.
79
他者とのコミュニケーションを考える
no.
80
no.
81
地球温暖化対策
no.
82
no.
83
就労支援
no.
84
no.
85
1年の振り返り
no.
86
no.
87
動物との共生
no.
88
no.
89
行政のデジタル化
no.
90
no.
91
温暖化対策
no.
92
no.
93
動物との共生
no.
94
no.
95
地方移住
no.
96
no.
97
動物との共生
no.
100
no.
101
温暖化対策
no.
102
no.
103
組織論
no.
104
no.
105
キャリア
no.
106
no.
107
復興
no.
108
no.
109
コミュニティナース
no.
110
no.
111
MaaS
no.
112
no.
113
地球温暖化
no.
114
セックスワーカー
no.
115
no.
116
感染症とワクチン
no.
117
no.
118
大学生の貧困
no.
119
no.
120
温暖化対策
no.
121
no.
122
同性婚
no.
123
no.
124
フェアトレード
no.
125
no.
126
シェアハウス
no.
127
no.
128
飲食業
no.
129
感染症とワクチン
no.
130
no.
131
国際報道
no.
132
no.
133
社会的養護
no.
134
no.
135
認知症
no.
136
no.
137
入管法
no.
138
no.
139
国際問題
no.
140
no.
141
コミュニティ
no.
142
no.
143
コミュニティ
no.
144
no.
145
コミュニティ
no.
146
no.
147
吃音
no.
148
no.
149
コンサル×社会課題解決
no.
150
no.
151
いじめ
no.
152
no.
153
社会課題×事業
no.
154
no.
155
社会課題×映画
no.
156
no.
157
感染症とワクチン
no.
158
no.
159
社会教育士
no.
160
no.
161
山岳遭難
no.
162
no.
163
支援者支援
no.
164
no.
165
いじめ
no.
166
no.
167
ゲーム依存
no.
168
no.
169
トランスジェンダーとスポーツ
no.
170
no.
171
うつ病患者の家族
no.
172
no.
173
パラスポーツ
no.
174
no.
175
代替肉
no.
176
no.
177
弱いロボット
no.
178
no.
179
戦争継承
no.
180
no.
181
女性の社会参画
no.
182
no.
183
子どもの居場所
no.
184
no.
185
感染症とワクチン
no.
186
no.
187
デジタル社会
no.
188
no.
189
若年女性の生きづらさ
no.
190
no.
191
ゼブラ企業
no.
192
no.
193
多胎児家庭の困難
no.
194
no.
195
ソーシャルイノベーション
no.
196
no.
197
ジェンダー
no.
198
no.
199
毒親
no.
200
no.
201
葬儀
no.
202
no.
203
感染症とワクチン
no.
204
no.
205
子どもの安全
no.
206
no.
207
優生思想
no.
208
no.
209
感染症とワクチン
no.
210
no.
211
障害
no.
212
no.
213
水産資源
no.
214
no.
215
教育格差
no.
216
no.
217
障害と性
no.
218
no.
219
医療
no.
220
no.
221
シングルマザー
no.
222
no.
223
多文化共生
no.
224
no.
225
誹謗中傷
no.
226
no.
227
児童労働
no.
228
no.
229
不登校
no.
230
no.
231
政治
no.
232
no.
233
食料危機
no.
234
no.
235
お金と社会課題
no.
236
no.
237
震災
no.
238
no.
239
まちづくり
no.
240
no.
241
精子提供
no.
242
no.
243
選挙
no.
244
アロマンティンク・アセクシュアル
no.
245
クラウドファンディング
no.
246