no.
142
コミュニティ
2021/6/16(水)
学校は「共同体の意識」を育むコミュニティ――為末大と考えるコミュニティの意義(前編)
2021/6/16(水)
no.
142
コミュニティ
2021/6/16(水)
学校は「共同体の意識」を育むコミュニティ――為末大と考えるコミュニティの意義(前編)
2021/6/16(水)

学校というコミュニティは、子どもの個性や能力を伸ばしたり、社会に出たときに必要な知識を身につけさせたりするほかに、自分ひとりは他者とともに生きているのだという感覚を育てるという面でも、大きな意義を持つ。

 

今回は、陸上競技にてオリンピック大会連続3回の出場経験を持ち、現在は執筆活動や会社経営、指導者として幅広く活動する為末大さんと、リディラバ代表の安部敏樹が対談。前編では、学校というコミュニティだからこそ得られるものや、コミュニティにおける流動性などについて語った。
 

※本記事の取材は「リディ部〜社会問題を考えるみんなの部活動〜」で行われた2021/5/14のライブ勉強会『リディ部1周年お祝いイベント 理想の学校を語ろう公開対談③』で行われました。リディラバジャーナルの取材の様子は「リディ部」でご覧いただけます。

 

<為末大さん>
1978年広島県生まれ。スプリント種目の世界大会で日本人として初のメダル獲得者。男子400メートルハードルの日本記録保持者(2021年5月現在)。現在は執筆活動、会社経営を行う。DeportarePartners代表。新豊洲Brilliaランニングスタジアム館長。Youtube為末大学(Tamesue Academy)を運営。主な著作に『Winning Alone』『走る哲学』『諦める力』など。

学校というコミュニティを通じて「私たち」という感覚が身につく

 安部敏樹  為末さんは子どもの頃、「学校」というコミュニティに対してどのような印象を持っていましたか。

 

 為末大  「わかりやすく理不尽なことが起きる場所」という印象ですね。授業は好きではありませんでしたが学校の友だちのことは好きだったし、中学からは陸上ばかりの日々でしたが、典型的な青春時代を過ごしていたほうだとは思います。

 

それでも学生生活のなかで納得できないことや、憤るような経験は何度かありました。
 

 安部  学校というコミュニティは理不尽さを経験する場である反面、そういった経験が良い意味でハングリー精神を生む面もありますよね。

 

でも、なかにはその理不尽さに押しつぶされたり本当に嫌な思いをしたりして、学校に行けなくなる人もいる。そのバランスはむずかしいかもしれません。

 

ただ、コミュニティのなかで他者と交流して相互作用を起こそうと思うと、必ず摩擦があるんですよね。

 

たとえば「Aさんのあの言動は理不尽だ」と感じても、そういったことは相手との合意形成のプロセスとして必ず起きることですし。学校というコミュニティでそこにどう線引きをしていくかは大切な気がします。
 

 為末  僕は、学校というコミュニティの役割は三つあると思っているんですね。一つは、一人ひとりの個性を伸ばして、その子らしい人生をおくるための手助けをするということ。二つ目は、将来役立つような知識や学びをさせて、社会で働き役に立つような人間に育てること。そして最後が、共同体の意識を持たせること。

 

一部では学校不要論も出ていますが、「私」ではなく「私たち」という感覚を育むためには、国家としても学校という教育機関は今後も手放せないと思うんです。「私たち」という意識を持つ人間に育てるためには、学校という場は必要なのではないかなと思っています。

 

(PAKUTASO)

学校という「プロセス」の重要性を伝える

 安部  「学校というコミュニティで子どもの個性を伸ばす」のは、実際にはむずかしい面もありますよね。

 

たとえば「自分は猿の真似をするのが好きだから、ずっとそれだけをやっていたい」という子どもがいたとして、それはある意味個性だけれども、その個性だけを伸ばす学校はないですし。
 

 為末  確かに「個性を伸ばす」とはいっても、その子自身はそれをやっていて幸せなんだけど、その個性が社会で活かせるようなものではなかったりすると、親もその子の将来のことを考えて、そこを伸ばせる環境を探そうとはしないかもしれないですよね。

 

たとえば過激な教育論のなかには「もう公立の学校は解体してしまって、子どもたちがもっと自分を発揮できるような環境にすればいい」と言う意見もある。でも本当に学校をなくしてしまうと、まず、さっき話した「私たち感」を育む場がなくなりますよね。

 

あとは、子どもたちが学校というコミュニティ以外の場で個性を発揮してのびのびと過ごしたとしても、その子の才能と世の中が求めるものがフィットしなければ、将来その子が就く職業や、仕事をして得る収入もないということになりかねないですもんね。

 

 安部  大人が子どもたちに、学校に通うというプロセスの楽しみ方や向き合い方をどれだけ教えられるかというのは大事だと考えています。

 

学校へ行くことも、そこでときに理不尽なことを経験したとしても「君たちの未来のために行く必要があるんだよ」と。

 

(写真 安部敏樹)

 

 為末  「小さい君にはまだわからないかもしれないけど、いま学校へ行っておくことがいずれいい将来につながるんだよ」という教え方ですよね。

 

でも、自分たち大人が想定している未来とこれから実際に来る未来が、全然別のものである可能性はありますよね。そういうことって子どものほうが直感的に理解していると思うので「学校へ行って何になるんだ」とか「大人の言うことには納得できない」と感じる子もいるかもしれません。

流動性が高い=幸福とは限らない

 為末  学校という場では同じメンバーと一定期間をともに過ごすことになりますが、学校以外のコミュニティのメンバーの流動性については、どう考えていますか。コミュニティにおける「粘度」って、どの程度必要なのかなと思っていて。

 

メンバーがまったく変わらないと村社会のようになってしまうリスクがあるけれど、あまりにあっさりしすぎても困りますし。

 

 安部  やっぱり、ある程度の粘度があることは大事だと思いますね。たとえばコミュニティのルールを決める場に参加するにしても、10年間そのコミュニティに所属しているメンバーと、短期間だけ参加していてもうすぐやめるというメンバーでは、やっぱり違いがありますし。

 

ただ、コミュニティがあまりにクローズになってしまうと、いじめなどの問題が起きやすくなるという面はありますよね。

 

 為末  そうかもしれません。考えられる理由のひとつとして「クローズなコミュニティだと、コミュニティ内でのヒエラルキーをきっちりしたがるから」ということがあると思います。

 

僕は仕事柄、学生の部活などを見る機会も多いのですが、ヒエラルキーがきっちりしている部活には厳格な秩序があるんですよね。

 

ただ、ヒエラルキーが明確なぶん変な序列争いで消耗することもなくなるので、コミュニティとしては効率がいい部分もあるとは感じます。
 

(写真 為末大さん)

 

 安部  それはあらゆるコミュニティに当てはまることかもしれません。たとえば立ち上げたばかりのベンチャー企業の場合、最初はいろんなことがめちゃくちゃなんだけど、組織が大きくなってくると秩序ができて、無駄なコミュニケーションコストも減っていく。

 

その結果、一定のパフォーマンスや価値を生み出せるようになるというのはあると思います。

 

 為末  一方で、ヒエラルキーのなかにいじめが組み込まれ、常態化してしまうリスクは確かにあると思います。コミュニティにおけるいじめなどの問題をなくすためには人の流動性を高めたほうがいいのかもしれませんが、むずかしい部分もありますよね。

 

流動性が高い=実力主義という考え方もできますが、流動性が高いことで、必ずしも個人の幸福度が高まるわけでもないと思うんです。一つのコミュニティに所属して、本人が「自分はこの場所で必要とされているんだ」と実感して幸せを感じられるようになるには、ある程度の時間や歴史の積み重ねも必要ですし。

 

たとえば、オリンピック競技は本当に厳しい実力主義の世界なので「負ければ引退」というようなドライさも持っています。でもそういった実力主義は、ハッピーな面だけではないと思うんです。

 

 安部  あとは実力主義といっても、自分の実力を出すのはひとりだけの力ではできなくて、必ずほかの人たちの協力が必要ですもんね。そういうことを学ばせる意味でも、学校という場で集団教育をして、早い段階から「共同体の感覚」を教える意義は大きいのかもしれません。

 

 

・・・後編「頼ったり助けてもらったりすることが相手の喜びになるーー為末大と考えるコミュニティの意義」に続く

 

×
CONTENTS
intro
ホームレス
no.
1
no.
2
若年介護
no.
3
no.
4
奨学金
no.
5
no.
6
差別
no.
7
no.
8
観光
no.
9
no.
10
子どもの臓器提供
no.
11
no.
12
都市とコロナ
no.
13
no.
14
ICT教育
no.
15
no.
16
産後うつ
no.
17
no.
18
宇宙
no.
19
no.
20
戦争
no.
21
no.
22
人工妊娠中絶
no.
23
no.
24
緊急避妊薬
no.
25
no.
26
テロリスト・ギャングの社会復帰
no.
27
no.
28
社会起業家
no.
29
no.
30
海上自衛隊
no.
31
no.
32
プロジェクト
no.
33
ソーシャルビジネス
no.
34
教員の多忙化
no.
35
no.
36
性的マイノリティ
no.
37
no.
38
出所者の社会復帰
no.
39
no.
40
ワクチン
no.
41
no.
42
薬物依存
no.
43
no.
44
性の悩み
no.
45
no.
46
リブランディング
no.
47
no.
48
少年犯罪
no.
49
no.
50
学校教育
no.
51
no.
52
LGBT
no.
53
no.
54
スロージャーナリズム
no.
55
no.
56
ソーシャルセクター
no.
57
no.
58
教育格差
no.
59
no.
60
メディア
no.
61
大人の学び
no.
62
no.
63
地方創生
no.
64
no.
65
家族のかたち
no.
66
no.
67
他者とのコミュニケーションを考える
no.
68
no.
69
地方創生
no.
70
no.
71
地方創生
no.
72
no.
73
非正規雇用と貧困
no.
74
no.
75
他者とのコミュニケーションを考える
no.
76
no.
77
家族のかたち
no.
78
no.
79
他者とのコミュニケーションを考える
no.
80
no.
81
地球温暖化対策
no.
82
no.
83
就労支援
no.
84
no.
85
1年の振り返り
no.
86
no.
87
動物との共生
no.
88
no.
89
行政のデジタル化
no.
90
no.
91
温暖化対策
no.
92
no.
93
動物との共生
no.
94
no.
95
地方移住
no.
96
no.
97
動物との共生
no.
100
no.
101
温暖化対策
no.
102
no.
103
組織論
no.
104
no.
105
キャリア
no.
106
no.
107
復興
no.
108
no.
109
コミュニティナース
no.
110
no.
111
MaaS
no.
112
no.
113
地球温暖化
no.
114
セックスワーカー
no.
115
no.
116
感染症とワクチン
no.
117
no.
118
大学生の貧困
no.
119
no.
120
温暖化対策
no.
121
no.
122
同性婚
no.
123
no.
124
フェアトレード
no.
125
no.
126
シェアハウス
no.
127
no.
128
飲食業
no.
129
感染症とワクチン
no.
130
no.
131
国際報道
no.
132
no.
133
社会的養護
no.
134
no.
135
認知症
no.
136
no.
137
入管法
no.
138
no.
139
国際問題
no.
140
no.
141
コミュニティ
no.
142
no.
143
コミュニティ
no.
144
no.
145
コミュニティ
no.
146
no.
147
吃音
no.
148
no.
149
コンサル×社会課題解決
no.
150
no.
151
いじめ
no.
152
no.
153
社会課題×事業
no.
154
no.
155
社会課題×映画
no.
156
no.
157
感染症とワクチン
no.
158
no.
159
社会教育士
no.
160
no.
161
山岳遭難
no.
162
no.
163
支援者支援
no.
164
no.
165
いじめ
no.
166
no.
167
ゲーム依存
no.
168
no.
169
トランスジェンダーとスポーツ
no.
170
no.
171
うつ病患者の家族
no.
172
no.
173
パラスポーツ
no.
174
no.
175
代替肉
no.
176
no.
177
弱いロボット
no.
178
no.
179
戦争継承
no.
180
no.
181
女性の社会参画
no.
182
no.
183
子どもの居場所
no.
184
no.
185
感染症とワクチン
no.
186
no.
187
デジタル社会
no.
188
no.
189
若年女性の生きづらさ
no.
190
no.
191
ゼブラ企業
no.
192
no.
193
多胎児家庭の困難
no.
194
no.
195
ソーシャルイノベーション
no.
196
no.
197
ジェンダー
no.
198
no.
199
毒親
no.
200
no.
201
葬儀
no.
202
no.
203
感染症とワクチン
no.
204
no.
205
子どもの安全
no.
206
no.
207
優生思想
no.
208
no.
209
感染症とワクチン
no.
210
no.
211
障害
no.
212
no.
213
水産資源
no.
214
no.
215
教育格差
no.
216
no.
217
障害と性
no.
218
no.
219
医療
no.
220
no.
221
シングルマザー
no.
222
no.
223
多文化共生
no.
224
no.
225
誹謗中傷
no.
226
no.
227
児童労働
no.
228
no.
229
不登校
no.
230
no.
231
政治
no.
232
no.
233
食料危機
no.
234
no.
235
お金と社会課題
no.
236
no.
237
震災
no.
238
no.
239
まちづくり
no.
240
no.
241
精子提供
no.
242
no.
243
選挙
no.
244
アロマンティンク・アセクシュアル
no.
245
クラウドファンディング
no.
246