no.
53
LGBT
2020/11/3(火)
自分はどうなってしまうのだろう…という不安を抱えて――トランスジェンダー当事者に聞く「配慮」と「特別扱い」のバランス【前編】
2020/11/3(火)
no.
53
LGBT
2020/11/3(火)
自分はどうなってしまうのだろう…という不安を抱えて――トランスジェンダー当事者に聞く「配慮」と「特別扱い」のバランス【前編】
2020/11/3(火)

性的マイノリティとされる「トランスジェンダー」。最近では、LGBTの存在が認知されてきたことにより、多様なセクシャリティにどう向き合うかが議論になっている。一方で配慮だと思っていることでも、当事者にとっては自分だけ特別扱いされることへの違和感があることも……。

 

前編では、トランスジェンダー当事者である鈴木比呂さんに、性自認にまつわる葛藤や学校生活で困っていたこと、周囲の“配慮”に対して感じたことなどを聞いていく。

 

※本記事は、「リディ部〜社会問題を考えるみんなの部活動〜」で行われた10/2のライブ勉強会『トランスジェンダー当事者に聞く、「配慮」と「特別扱い」のバランス』の内容をもとに記事化した前編です。リディ部について詳しくはこちら

 

<鈴木比呂さん>
MtFトランスジェンダー。男子高時代に性別違和を覚え不登校になる。その後紆余曲折の後に性別適合手術を受け、現在は女性として生活する。明治学院大学在学中にLGBTサークル「カラフル」への参加がきっかけで、自身のセクシャリティをオープンにした活動を始める。トランスジェンダー学生の受け入れを決めたお茶の水女子大学や日本女子大学、母校である明治学院大学での講演活動のほか、在学中にインターンを行なっていた株式会社JobRainbowでは企業向けのLGBT研修などを行なってきた。現在は会社員として働きつつ、引き続きLGBTに関わる活動にも携わっている。

トイレや制服、髪型の規定もストレスだった

電通ダイバーシティ・ラボ「LGBT調査2018」によると、国内20〜59歳の調査対象6万人の中で、LGBT層に該当する人は8.9%。約11人に1人いることになる。この数は、日本にいる左利きの人の割合と同じぐらいだという。

 

一方で、同調査では、65.1%のLGBT層の人が「誰にもカミングアウトしていない」と回答している。セクシャリティをオープンにしていくことに、抵抗を感じている人が多いのが現状だ。

 

男性として生まれ、現在は女性として生きている鈴木比呂さんの場合は、どうだったのか。

 

鈴木さんは、「MtF(Male to Female)」トランスジェンダーであり、大学3年生の時に、タイに渡り性適合手術を受け、戸籍を女性に変更した。

 

「私は中学生までは、男の子として過ごしてきました。自分の性について、特別意識することはなかったのですが、いま思うと、保健体育の授業を受けた時に、自分には生理が来るのではないかと感じていました。

 

意識が変わってきたのは、高校1年生のころ。当時は、中高一貫の男子校に通っていました。身長が急に伸びて、ヒゲが濃くなり、声も低くなって『自分はどうなってしまうのだろう……』と、それまでにない不安な気持ちになったことを覚えています。

 

決定的だったのは、必修だった柔道の授業で、男性と組むのが嫌でたまらなくなったこと。制服や髪型についての校則も嫌になって、学校へ行けなくなってしまいました」

 

心と体の性が一致しないトランスジェンダーの人びとにとっては、トイレの問題も深刻だ。「男女別のトイレしかないと利用できない」「周囲の目が気になる」といった問題がある。

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
×
CONTENTS
intro
ホームレス
no.
1
no.
2
若年介護
no.
3
no.
4
奨学金
no.
5
no.
6
差別
no.
7
no.
8
観光
no.
9
no.
10
子どもの臓器提供
no.
11
no.
12
都市とコロナ
no.
13
no.
14
ICT教育
no.
15
no.
16
産後うつ
no.
17
no.
18
宇宙
no.
19
no.
20
戦争
no.
21
no.
22
人工妊娠中絶
no.
23
no.
24
緊急避妊薬
no.
25
no.
26
テロリスト・ギャングの社会復帰
no.
27
no.
28
社会起業家
no.
29
no.
30
海上自衛隊
no.
31
no.
32
プロジェクト
no.
33
ソーシャルビジネス
no.
34
教員の多忙化
no.
35
no.
36
性的マイノリティ
no.
37
no.
38
出所者の社会復帰
no.
39
no.
40
ワクチン
no.
41
no.
42
薬物依存
no.
43
no.
44
性の悩み
no.
45
no.
46
リブランディング
no.
47
no.
48
少年犯罪
no.
49
no.
50
学校教育
no.
51
no.
52
LGBT
no.
53
no.
54
スロージャーナリズム
no.
55
no.
56
ソーシャルセクター
no.
57
no.
58
教育格差
no.
59
no.
60
メディア
no.
61
大人の学び
no.
62
no.
63
地方創生
no.
64
no.
65
家族のかたち
no.
66
no.
67
他者とのコミュニケーションを考える
no.
68
no.
69
地方創生
no.
70
no.
71
地方創生
no.
72
no.
73
非正規雇用と貧困
no.
74
no.
75
他者とのコミュニケーションを考える
no.
76
no.
77
家族のかたち
no.
78
no.
79
他者とのコミュニケーションを考える
no.
80
no.
81
地球温暖化対策
no.
82
no.
83
就労支援
no.
84
no.
85
1年の振り返り
no.
86
no.
87
動物との共生
no.
88
no.
89
行政のデジタル化
no.
90
no.
91
温暖化対策
no.
92
no.
93
動物との共生
no.
94
no.
95
地方移住
no.
96
no.
97
動物との共生
no.
100
no.
101
温暖化対策
no.
102
no.
103
組織論
no.
104
no.
105
キャリア
no.
106
no.
107
復興
no.
108
no.
109
コミュニティナース
no.
110
no.
111
MaaS
no.
112
no.
113
地球温暖化
no.
114
セックスワーカー
no.
115
no.
116
感染症とワクチン
no.
117
no.
118
大学生の貧困
no.
119