no.
100
動物との共生
2021/3/5(金)
飼い主の飼育放棄、飼育崩壊の背景にある課題とは――飼育される動物との共生を考える(前編)
2021/3/5(金)
no.
100
動物との共生
2021/3/5(金)
飼い主の飼育放棄、飼育崩壊の背景にある課題とは――飼育される動物との共生を考える(前編)
2021/3/5(金)

犬猫などの動物を、癒しを与えてくれるペットとして飼う人は多い。室内飼育が増え、ペットの家族化も進んでいる。気軽に動物と触れ合える動物カフェも人気だ。

 

一方で、ペットの殺処分やネグレクト、多頭飼育崩壊(※)など、人が動物を飼育する上でさまざまな問題も生じている。

 

※多頭飼育崩壊:飼い主が不妊去勢手術などを行わずに犬や猫を多数飼育することで、繁殖が繰り返され飼育不能になる状態のこと

 

飼育される動物と私たち人間の共生を考えるとき、両方に望ましい環境とはどのようなものだろうか。

 

前編では、動物愛護管理法をはじめとする環境省の取り組みや飼育放棄の問題について、長年動物の諸問題と向き合ってきた環境省・動物愛護管理室の室長、長田啓さんに聞いた。
 

※本記事は、「リディ部〜社会問題を考えるみんなの部活動〜」で行われた2/11のライブ勉強会『【動物との共生vol.3】ペットの幸せとは何か〜飼育される動物の権利を考える〜』の内容をもとに記事化した前編です。リディ部について詳しくはこちら

 

<長田啓さん>
環境省・自然環境局 総務課 動物愛護管理室 室長。1995年、環境庁(当時)に入庁。環境省本省と日本各地で、国立公園の計画管理、野生生物保護対策等の自然環境行政に従事。生物多様性主流化室長を経て2018年7月から現職。

コロナ禍での安易な購入は飼育放棄につながりかねない

飼育される動物の社会課題として、「殺処分ゼロ」を望む声は多い。保健所で引き取って安楽死させられる犬猫は、年間で約33,000頭(令和元年)。10年前に比べると7分の1に減少しているが、いまだ多くの犬猫が命を落としている。

 

自治体(保健所)が動物を引き取るケースの多くは、飼い主が病気になったり亡くなったりした後に引き取り手がいないケースや、野良犬・野良猫が保護されるケースだという。

 

「自治体は、ペット業者からの引き取りなどは拒否できますが、所有者不明の犬猫は、求められたら預からなくてはいけないという決まりになっています。

 

実際に引き取られている犬猫の頭数は、殺処分数の3倍ほど。現在はそれだけ保護犬や保護猫の譲渡が進んできているということですが、殺処分ゼロを達成するには、野犬の捕獲や野良猫の問題なども併せて考えていかなくてはいけません」

 

こう話すのは、環境省・動物愛護管理室の室長として、動物愛護管理法の施行や、多頭飼育崩壊の対策ガイドラインの策定などに関わっている長田啓さんだ。

 

環境省が管轄する動物愛護管理法では、飼い主の飼育責任や動物取扱業者の飼育管理の基準などが定められており、近年は7年おきに改正されている。

 

2019年の法改正では、飼い主責任の徹底や動物取扱業の更なる適正化のため、販売される犬猫にマイクロチップの装着や所有者情報の登録を義務づけたり、生後56日(8週)齢未満の犬猫の販売を原則禁じることなどが決まった。

 

殺処分が減少した背景には、こうした制度の改正に加え、毎年自治体や保護団体によって動物愛護の啓発活動が熱心に行われてきたことも大きいという。

 

では、現状課題となっていることはどのようなことだろうか。

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
×
CONTENTS
intro
ホームレス
no.
1
no.
2
若年介護
no.
3
no.
4
奨学金
no.
5
no.
6
差別
no.
7
no.
8
観光
no.
9
no.
10
子どもの臓器提供
no.
11
no.
12
都市とコロナ
no.
13
no.
14
ICT教育
no.
15
no.
16
産後うつ
no.
17
no.
18
宇宙
no.
19
no.
20
戦争
no.
21
no.
22
人工妊娠中絶
no.
23
no.
24
緊急避妊薬
no.
25
no.
26
テロリスト・ギャングの社会復帰
no.
27
no.
28
社会起業家
no.
29
no.
30
海上自衛隊
no.
31
no.
32
プロジェクト
no.
33
ソーシャルビジネス
no.
34
教員の多忙化
no.
35
no.
36
性的マイノリティ
no.
37
no.
38
出所者の社会復帰
no.
39
no.
40
ワクチン
no.
41
no.
42
薬物依存
no.
43
no.
44
性の悩み
no.
45
no.
46
リブランディング
no.
47
no.
48
少年犯罪
no.
49
no.
50
学校教育
no.
51
no.
52
LGBT
no.
53
no.
54
スロージャーナリズム
no.
55
no.
56
ソーシャルセクター
no.
57
no.
58
教育格差
no.
59
no.
60
メディア
no.
61
大人の学び
no.
62
no.
63
地方創生
no.
64
no.
65
家族のかたち
no.
66
no.
67
他者とのコミュニケーションを考える
no.
68
no.
69
地方創生
no.
70
no.
71
地方創生
no.
72
no.
73
非正規雇用と貧困
no.
74
no.
75
他者とのコミュニケーションを考える
no.
76
no.
77
家族のかたち
no.
78
no.
79
他者とのコミュニケーションを考える
no.
80
no.
81
地球温暖化対策
no.
82
no.
83
就労支援
no.
84
no.
85
1年の振り返り
no.
86
no.
87
動物との共生
no.
88
no.
89
行政のデジタル化
no.
90
no.
91
温暖化対策
no.
92
no.
93
動物との共生
no.
94
no.
95
地方移住
no.
96
no.
97
動物との共生
no.
100
no.
101
温暖化対策
no.
102
no.
103
組織論
no.
104
no.
105
キャリア
no.
106
no.
107
復興
no.
108
no.
109
コミュニティナース
no.
110
no.
111
MaaS
no.
112
no.
113
地球温暖化
no.
114
セックスワーカー
no.
115
no.
116
感染症とワクチン
no.
117
no.
118
大学生の貧困
no.
119
no.
120
温暖化対策
no.
121
no.
122
同性婚
no.
123
no.
124
フェアトレード
no.
125
no.
126
シェアハウス
no.
127
no.
128
飲食業
no.
129
感染症とワクチン
no.
130
no.
131
国際報道
no.
132
no.
133
社会的養護
no.
134
no.
135
認知症
no.
136
no.
137
入管法
no.
138
no.
139
国際問題
no.
140
no.
141
コミュニティ
no.
142
no.
143
コミュニティ
no.
144
no.
145
コミュニティ
no.
146
no.
147
吃音
no.
148
no.
149
コンサル×社会課題解決
no.
150
no.
151
いじめ
no.
152
no.
153
社会課題×事業
no.
154
no.
155
社会課題×映画
no.
156
no.
157
感染症とワクチン
no.
158
no.
159
社会教育士
no.
160
no.
161
山岳遭難
no.
162
no.
163
支援者支援
no.
164
no.
165
いじめ
no.
166
no.
167
ゲーム依存
no.
168
no.
169
トランスジェンダーとスポーツ
no.
170
no.
171
うつ病患者の家族
no.
172
no.
173
パラスポーツ
no.
174
no.
175
代替肉
no.
176
no.
177
弱いロボット
no.
178
no.
179
戦争継承
no.
180
no.
181
女性の社会参画
no.
182
no.
183
子どもの居場所
no.
184
no.
185