no.
57
ソーシャルセクター
2020/11/26(木)
原体験を持たない僕が、NPOで社会課題に取り組む理由――教育NPOで働くということ(前編)
2020/11/26(木)
no.
57
ソーシャルセクター
2020/11/26(木)
原体験を持たない僕が、NPOで社会課題に取り組む理由――教育NPOで働くということ(前編)
2020/11/26(木)

2001年の設立以来、19年にわたって教育分野での事業を展開してきた認定NPO法人カタリバ。2人の大学生が、高校生に対しキャリアについての出張授業を行うことからスタートし、高校生のソーシャルアクションを推進する「マイプロジェクト」や東日本大震災の被災地での事業展開など活動の場を広げながら、現在では132名ほどの職員を抱えるまでに拡大してきた。

 

社会課題の解決に貢献する仕事がしたいと考えたとき、その選択肢の一つとしてNPOがある。では、NPOとは実際にどのような組織で、誰がどのような活動を行っているのか。カタリバで常務理事を務める鶴賀康久さんに、カタリバの活動や組織づくり、求める人材などについて、自身の経験も交えながらお話しいただいた。
 

※本記事は、「リディ部〜社会問題を考えるみんなの部活動〜」で行われた10/22のライブ勉強会「ソーシャルセクター採用会議#3〜カタリバ編〜」の内容をもとに記事化した前編です。リディ部について詳しくはこちら

 

<鶴賀康久さん>
神奈川県鎌倉市生まれ。2008年、社員4名の創業期のカタリバに入社。キャリア学習プログラム「カタリ場」の運営に取り組む。東日本大震災をきっかけに、東北の地へ移り住み、津波の被害が特に大きかった宮城県女川町、岩手県大槌町にて、放課後学校「コラボ・スクール」の「女川向学館」「大槌臨学舎」立ち上げに従事。2016年より東京に戻り、同年7月に事務局長へ就任。17年8月に常務理事に。

高校生が自らの意思でキャリアを描ける社会に

カタリバは、「未来は、つくれる。」という言葉をキーワードに、生まれ育った環境に関係なく、すべての10代の子どもたちが未来をつくりだす意欲と創造性を持てる社会を目指して、教育NPOの活動を行っている。

 

カタリバが設立された2001年は、就職氷河期と呼ばれた時代。当時大学生だった現・代表理事の今村久美さんと、同じく大学生だった三箇山優花さんは、有名大学に在籍しながらも思うように就職先を選べず、そもそも何がやりたいのかも分からないという状況で迷っていた。

 

振り返れば、高校の時に行けと言われた大学はとにかく偏差値の高いところで、学部に迷っていれば法学部から順番に受けたらどうかと勧められ、なんとなく進学先を決めてきた。

 

しかし、もしも自分の進路について高校生の時からしっかりと考えることができれば、もっといいキャリアをつくれたのではないか。そう考えた2人は、高校生が未来について考えるきっかけづくりとして、高校で出張授業「カタリ場」をスタート。それがカタリバの始まりとなった。

 

現在のカタリバは、貧困や災害といった特別な事情を抱えている子どもたちの支援はもちろん、10代の教育という大きなテーマの中で幅広い活動を行っている。

 

「カタリバが体現したいのは、逆境があってもそれを乗り越え、以前よりも強くなって未来を築いていくという世界観。置かれている環境に限らず、悩んでいる子はたくさんいる。そんな日本の10代の子どもたちに学習機会を提供し、未来はつくれると思ってもらえる社会をつくりたいと考えています」(鶴賀さん)
 

原体験を持たない人とも、一緒に社会課題に取り組みたい

鶴賀さん自身は、2008年にたまたま代表の今村さんの講演を聞いたことがきっかけとなり、同年、カタリバへ入社。「僕も今村さんと同世代なので、就職当時の閉そく感には覚えがありました」と、鶴賀さんは振り返る。

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
×
CONTENTS
intro
ホームレス
no.
1
no.
2
若年介護
no.
3
no.
4
奨学金
no.
5
no.
6
差別
no.
7
no.
8
観光
no.
9
no.
10
子どもの臓器提供
no.
11
no.
12
都市とコロナ
no.
13
no.
14
ICT教育
no.
15
no.
16
産後うつ
no.
17
no.
18
宇宙
no.
19
no.
20
戦争
no.
21
no.
22
人工妊娠中絶
no.
23
no.
24
緊急避妊薬
no.
25
no.
26
テロリスト・ギャングの社会復帰
no.
27
no.
28
社会起業家
no.
29
no.
30
海上自衛隊
no.
31
no.
32
プロジェクト
no.
33
ソーシャルビジネス
no.
34
教員の多忙化
no.
35
no.
36
性的マイノリティ
no.
37
no.
38
出所者の社会復帰
no.
39
no.
40
ワクチン
no.
41
no.
42
薬物依存
no.
43
no.
44
性の悩み
no.
45
no.
46
リブランディング
no.
47
no.
48
少年犯罪
no.
49
no.
50
学校教育
no.
51
no.
52
LGBT
no.
53
no.
54
スロージャーナリズム
no.
55
no.
56
ソーシャルセクター
no.
57
no.
58
教育格差
no.
59
no.
60
メディア
no.
61
大人の学び
no.
62
no.
63
地方創生
no.
64
no.
65
家族のかたち
no.
66
no.
67
他者とのコミュニケーションを考える
no.
68
no.
69
地方創生
no.
70
no.
71
地方創生
no.
72
no.
73
非正規雇用と貧困
no.
74
no.
75
他者とのコミュニケーションを考える
no.
76
no.
77
家族のかたち
no.
78
no.
79
他者とのコミュニケーションを考える
no.
80
no.
81
地球温暖化対策
no.
82
no.
83
就労支援
no.
84
no.
85
1年の振り返り
no.
86
no.
87
動物との共生
no.
88
no.
89
行政のデジタル化
no.
90
no.
91
温暖化対策
no.
92
no.
93
動物との共生
no.
94
no.
95
地方移住
no.
96
no.
97
動物との共生
no.
100
no.
101
温暖化対策
no.
102
no.
103
組織論
no.
104
no.
105
キャリア
no.
106
no.
107
復興
no.
108
no.
109
コミュニティナース
no.
110
no.
111
MaaS
no.
112
no.
113
地球温暖化
no.
114
セックスワーカー
no.
115
no.
116
感染症とワクチン
no.
117
no.
118
大学生の貧困
no.
119
no.
120
温暖化対策
no.
121
no.
122
同性婚
no.
123
no.
124
フェアトレード
no.
125
no.
126
シェアハウス
no.
127
no.
128
飲食業
no.
129
感染症とワクチン
no.
130
no.
131
国際報道
no.
132
no.
133
社会的養護
no.
134
no.
135
認知症
no.
136
no.
137
入管法
no.
138
no.
139
国際問題
no.
140
no.
141
コミュニティ
no.
142
no.
143
コミュニティ
no.
144
no.
145
コミュニティ
no.
146
no.
147
吃音
no.
148
no.
149
コンサル×社会課題解決
no.
150
no.
151
いじめ
no.
152
no.
153
社会課題×事業
no.
154
no.
155
社会課題×映画
no.
156
no.
157
感染症とワクチン
no.
158
no.
159
社会教育士
no.
160
no.
161
山岳遭難
no.
162
no.
163
支援者支援
no.
164
no.
165
いじめ
no.
166
no.
167
ゲーム依存
no.
168
no.
169
トランスジェンダーとスポーツ
no.
170
no.
171
うつ病患者の家族
no.
172
no.
173
パラスポーツ
no.
174
no.
175
代替肉
no.
176
no.
177
弱いロボット
no.
178
no.
179
戦争継承
no.
180
no.
181
女性の社会参画
no.
182
no.
183
子どもの居場所
no.
184
no.
185
感染症とワクチン
no.
186
no.
187
デジタル社会
no.
188
no.
189
若年女性の生きづらさ
no.
190
no.
191
ゼブラ企業
no.
192
no.
193
多胎児家庭の困難
no.
194
no.
195
ソーシャルイノベーション
no.
196