no.
69
他者とのコミュニケーションを考える
2021/1/6(水)
人が集まる場所にある「可視化」という強み――佐々木俊尚が考える「広く弱いつながり」とは(後編)
2021/1/6(水)
no.
69
他者とのコミュニケーションを考える
2021/1/6(水)
人が集まる場所にある「可視化」という強み――佐々木俊尚が考える「広く弱いつながり」とは(後編)
2021/1/6(水)

SNSで気軽に人と交流できるようになったり、直接人と会わなくてもリモートで授業や仕事ができるようになったりと、コミュニケーションの手法は昔とは変わってきている。一方、リアルに人と接する場が減ったことで、弱い立場にある人がその存在に気づかれず、見過ごされてしまう危険性も孕んでいる。

 

作家・ジャーナリストの佐々木俊尚さんとリディラバ代表の安部敏樹が、パブリックとプライベートの中間領域の必要性や、SNSなどオンラインのコミュニケーションが当たり前となった現代の問題点や今後の課題などについて語った。

 

※本記事は、「リディ部〜社会問題を考えるみんなの部活動〜」で行われた11/19のライブ勉強会「他者とのコミュニケーションを考える vol.1 人間関係を楽にする『広く弱いつながり』とは』の内容をもとに記事化した後編です。リディ部について詳しくはこちら

 

<佐々木俊尚さん>
1961年兵庫県生まれ。愛知県立岡崎高校卒、早稲田大政経学部政治学科中退。毎日新聞社などを経て2003年に独立し、テクノロジから政治、経済、社会、ライフスタイルにいたるまで幅広く取材・執筆・発信している。総務省情報通信白書編集委員。「時間とテクノロジー」「そして、暮らしは共同体になる。」「キュレーションの時代」「広く弱くつながって生きる」など著書多数。Twitterのフォロワーは約78万人。

マウンティングをしても承認欲求は満たされない

 安部敏樹  佐々木さんとお話ししているとすごくフラットな印象を受けるのですが、もともとコミュニケーションは得意だったんですか。

 

 佐々木俊尚  全然、そんなことはないです。ただ、僕と同年代の人間を見ていると、マウンティングしたがる人が多いなとは感じますね。「どうして、そういうコミュニケーションの取り方になってしまうんだろう」と不思議に思うことはよくあります。

 

たとえば安部さんくらいの年齢の人と会うと「お前はよくやっているそうじゃないか」みたいに、上から目線で発言したり。すごい人は年齢に関係なくすごいし、年下であっても自分にないものを持っている相手をリスペクトするのは当然だと、僕は思っているのですが。

 

 

 安部  マウンティングする人は、自分の存在を肯定するために「自分は優れているんだ」という証明が欲しいのかもしれないですね。たとえばどんなにがんばっても親に認めてもらえないような家庭に育つと、不安に駆られた承認欲求を持ったまま大人になってしまったり。

 

 佐々木  マウンティングをしても、最終的な承認欲求は満たされないと思うんですけどね。所属している会社や役職、年収などで自分のプライドを保っていたり、相手を評価したりする大人も多いですが、人の評価基準って、そういうところだけではないですよね。

 

たとえば「友達が多くて老若男女誰とでもつながることができる」という人がいれば、それだって、誇りにしていい要素ですし。

 

なにを自分の中の軸に置くかと考えたときに「大きいものだけをひとつ」と考えるのではなく、小さなものをいくつも持っているほうがいいんじゃないかと思っています。

 

(写真 佐々木俊尚さん)

外でも中でもない「中間領域」の必要性

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
×
CONTENTS
intro
ホームレス
no.
1
no.
2
若年介護
no.
3
no.
4
奨学金
no.
5
no.
6
差別
no.
7
no.
8
観光
no.
9
no.
10
子どもの臓器提供
no.
11
no.
12
都市とコロナ
no.
13
no.
14
ICT教育
no.
15
no.
16
産後うつ
no.
17
no.
18
宇宙
no.
19
no.
20
戦争
no.
21
no.
22
人工妊娠中絶
no.
23
no.
24
緊急避妊薬
no.
25
no.
26
テロリスト・ギャングの社会復帰
no.
27
no.
28
社会起業家
no.
29
no.
30
海上自衛隊
no.
31
no.
32
プロジェクト
no.
33
ソーシャルビジネス
no.
34
教員の多忙化
no.
35
no.
36
性的マイノリティ
no.
37
no.
38
出所者の社会復帰
no.
39
no.
40
ワクチン
no.
41
no.
42
薬物依存
no.
43
no.
44
性の悩み
no.
45
no.
46
リブランディング
no.
47
no.
48
少年犯罪
no.
49
no.
50
学校教育
no.
51
no.
52
LGBT
no.
53
no.
54
スロージャーナリズム
no.
55
no.
56
ソーシャルセクター
no.
57
no.
58
教育格差
no.
59
no.
60
メディア
no.
61
大人の学び
no.
62
no.
63
地方創生
no.
64
no.
65
家族のかたち
no.
66
no.
67
他者とのコミュニケーションを考える
no.
68
no.
69
地方創生
no.
70
no.
71
地方創生
no.
72
no.
73
非正規雇用と貧困
no.
74
no.
75
他者とのコミュニケーションを考える
no.
76
no.
77
家族のかたち
no.
78
no.
79
他者とのコミュニケーションを考える
no.
80
no.
81
地球温暖化対策
no.
82
no.
83
就労支援
no.
84
no.
85
1年の振り返り
no.
86
no.
87
動物との共生
no.
88
no.
89
行政のデジタル化
no.
90
no.
91
温暖化対策
no.
92
no.
93
動物との共生
no.
94
no.
95
地方移住
no.
96
no.
97
動物との共生
no.
100
no.
101
温暖化対策
no.
102
no.
103
組織論
no.
104
no.
105
キャリア
no.
106
no.
107
復興
no.
108
no.
109
コミュニティナース
no.
110
no.
111
MaaS
no.
112
no.
113
地球温暖化
no.
114
セックスワーカー
no.
115
no.
116
感染症とワクチン
no.
117
no.
118
大学生の貧困
no.
119
no.
120
温暖化対策
no.
121
no.
122
同性婚
no.
123
no.
124
フェアトレード
no.
125
no.
126
シェアハウス
no.
127
no.
128
飲食業
no.
129
感染症とワクチン
no.
130
no.
131
国際報道
no.
132
no.
133
社会的養護
no.
134
no.
135
認知症
no.
136
no.
137
入管法
no.
138
no.
139
国際問題
no.
140
no.
141
コミュニティ
no.
142
no.
143
コミュニティ
no.
144
no.
145
コミュニティ
no.
146