no.
93
温暖化対策
2021/2/24(水)
日本の林業再生に向けて――日本の林業のジレンマ(後編)
2021/2/24(水)
no.
93
温暖化対策
2021/2/24(水)
日本の林業再生に向けて――日本の林業のジレンマ(後編)
2021/2/24(水)

温室効果ガス削減への貢献を期待される森林。しかし、日本の森林管理や林業を取り巻く状況は厳しい。

 

前編では、江戸時代から続く三重県紀北町の「速水林業」9代目・速水亨さんに、地球温暖化対策とビジネスの狭間に立つ林業の現状や課題を聞いた。後編では速水さんに、資源としてもビジネスとしても「豊かな森林」をつくり出すための糸口を語ってもらった。

 

<プロフィール>
三重県紀北町生まれ。速水林業代表、株式会社森林再生システム代表取締役。慶應義塾大学法学部卒業、東京大学農学部造林学研究室研究生。「最も美しい森林は最も収穫高き森林」として“地域との共生、自然との共生”をめざす。2000年に日本初の世界的森林認証制度であるFSCを取得。平成30年度第57回農林水産祭天皇杯受賞(妻の速水紫乃さんと共に受賞)

海外では投資の対象になる林業

日本政策投資銀行がまとめた日本と諸外国の林業コストの比較によれば、海外と比べて日本の林業は生産性が低いのが特徴だ。

 

国内の丸太価格はアメリカやオーストラリア、フィンランドと比較して大きくは違わないが、市場に出るまでにかかるコストは高めだという。

 

アメリカやオーストリアでは1㎥あたり2000〜3000円代で生産できるが、日本では平均で5340円かかる。

 

一方で森林所有者に戻るお金は、アメリカが1㎥あたり8110~8580円台、オーストリアは9530円、フィンランドは7150円なのに対して、日本は平均3580円、安い場合は1060円にとどまる。

 

立木(林地に立っている樹木)の価格は1980年をピークに下落している。近年はほぼ横ばいで推移しているとはいえ、ヒノキは1980年に4万2947円/㎥から2018年には6589円/㎥にまで落ち込んでいる。

 

素材価格も同様に1980年をピークに下落して、2009年以降はほぼ横ばいだ。ヒノキ(中丸太)の2018年の価格は1万8400円/㎥で、ピーク時の4分の1以下になっている。

 

生産性が低く、木材価格の下落傾向が続いてきたこともあり、林業経営への意欲が失われてきたと速水さんは分析する。では、海外の林業の現状はどうなのか。

 

「CO2のことを考えれば、林業は投資の対象なんです。森林に投資した場合、抜群に収益が上がっています。政府の関与が上手なんでしょう。木材を使うことに対する規制を取り払ったり、林道の整備などに取り組んだりしています。日本でも森林投資ファンドを作ればおもしろいと思います」

 

(写真 速水亨さん)

 

速水さん自身、国内に森林投資ファンドを作ろうと動いてきたが、実現には至っていない。50億、100億円の金が動く投資には広大な森林、国有林も対象となる。すると林野庁の管轄とも接するためファンドへの抵抗が強いのだ。

インセンティブが働かない?補助金の弊害とは

日本の林業を取り巻く状況は厳しいが、国が何も手を打っていないわけではない。

 

2019年3月には森林整備や林業振興を図るため、森林環境税(2024年度から課税)、森林環境贈与税(2019年度から譲与開始)が創設された。

 

森林整備や林業用機械の導入など、さまざまな助成もある。「いま林業には補助金や助成があり、半公務員のような状態です。賃金は決して高いとは言えないですが、食べていくことはできるんです」と速水さんは話す。

 

一方で、林業を合理化することに対するインセンティブ(報奨、動機づけ)がなくなってしまうという弊害もある。

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
×
CONTENTS
intro
ホームレス
no.
1
no.
2
若年介護
no.
3
no.
4
奨学金
no.
5
no.
6
差別
no.
7
no.
8
観光
no.
9
no.
10
子どもの臓器提供
no.
11
no.
12
都市とコロナ
no.
13
no.
14
ICT教育
no.
15
no.
16
産後うつ
no.
17
no.
18
宇宙
no.
19
no.
20
戦争
no.
21
no.
22
人工妊娠中絶
no.
23
no.
24
緊急避妊薬
no.
25
no.
26
テロリスト・ギャングの社会復帰
no.
27
no.
28
社会起業家
no.
29
no.
30
海上自衛隊
no.
31
no.
32
プロジェクト
no.
33
ソーシャルビジネス
no.
34
教員の多忙化
no.
35
no.
36
性的マイノリティ
no.
37
no.
38
出所者の社会復帰
no.
39
no.
40
ワクチン
no.
41
no.
42
薬物依存
no.
43
no.
44
性の悩み
no.
45
no.
46
リブランディング
no.
47
no.
48
少年犯罪
no.
49
no.
50
学校教育
no.
51
no.
52
LGBT
no.
53
no.
54
スロージャーナリズム
no.
55
no.
56
ソーシャルセクター
no.
57
no.
58
教育格差
no.
59
no.
60
メディア
no.
61
大人の学び
no.
62
no.
63
地方創生
no.
64
no.
65
家族のかたち
no.
66
no.
67
他者とのコミュニケーションを考える
no.
68
no.
69
地方創生
no.
70
no.
71
地方創生
no.
72
no.
73
非正規雇用と貧困
no.
74
no.
75
他者とのコミュニケーションを考える
no.
76
no.
77
家族のかたち
no.
78
no.
79
他者とのコミュニケーションを考える
no.
80
no.
81
地球温暖化対策
no.
82
no.
83
就労支援
no.
84
no.
85
1年の振り返り
no.
86
no.
87
動物との共生
no.
88
no.
89
行政のデジタル化
no.
90
no.
91
温暖化対策
no.
92
no.
93
動物との共生
no.
94
no.
95
地方移住
no.
96
no.
97
動物との共生
no.
100
no.
101
温暖化対策
no.
102
no.
103
組織論
no.
104
no.
105
キャリア
no.
106
no.
107
復興
no.
108
no.
109
コミュニティナース
no.
110
no.
111
MaaS
no.
112
no.
113
地球温暖化
no.
114
セックスワーカー
no.
115
no.
116
感染症とワクチン
no.
117
no.
118
大学生の貧困
no.
119
no.
120
温暖化対策
no.
121
no.
122
同性婚
no.
123
no.
124
フェアトレード
no.
125
no.
126
シェアハウス
no.
127
no.
128
飲食業
no.
129
感染症とワクチン
no.
130
no.
131
国際報道
no.
132
no.
133
社会的養護
no.
134
no.
135
認知症
no.
136
no.
137
入管法
no.
138
no.
139
国際問題
no.
140
no.
141
コミュニティ
no.
142
no.
143
コミュニティ
no.
144
no.
145
コミュニティ
no.
146
no.
147
吃音
no.
148
no.
149
コンサル×社会課題解決
no.
150
no.
151
いじめ
no.
152
no.
153
社会課題×事業
no.
154
no.
155
社会課題×映画
no.
156
no.
157
感染症とワクチン
no.
158
no.
159
社会教育士
no.
160
no.
161
山岳遭難
no.
162
no.
163
支援者支援
no.
164
no.
165
いじめ
no.
166
no.
167
ゲーム依存
no.
168
no.
169
トランスジェンダーとスポーツ
no.
170
no.
171
うつ病患者の家族
no.
172
no.
173
パラスポーツ
no.
174
no.
175
代替肉
no.
176
no.
177
弱いロボット
no.
178
no.
179
戦争継承
no.
180
no.
181
女性の社会参画
no.
182
no.
183
子どもの居場所
no.
184
no.
185
感染症とワクチン
no.
186
no.
187
デジタル社会
no.
188
no.
189
若年女性の生きづらさ
no.
190
no.
191
ゼブラ企業
no.
192
no.
193
多胎児家庭の困難
no.
194
no.
195
ソーシャルイノベーション
no.
196