no.
101
動物との共生
2021/3/6(土)
動物の福祉や権利をどう捉える?――飼育される動物との共生を考える(後編)
2021/3/6(土)
no.
101
動物との共生
2021/3/6(土)
動物の福祉や権利をどう捉える?――飼育される動物との共生を考える(後編)
2021/3/6(土)

飼育される動物の問題をめぐっては、動物の愛護・管理という視点に加えて、アニマルライツ(動物の権利)やアニマルウェルフェア(動物の福祉)の考え方をもとに議論されている。

 

では、それぞれの視点や考え方をどう整理した上で、飼育される動物との共生を考えていけばいいのだろうか。前編に引き続き、環境省・動物愛護管理室の室長である長田啓さんに話を聞いた。
 

※本記事は、「リディ部〜社会問題を考えるみんなの部活動〜」で行われた2/11のライブ勉強会『【動物との共生vol.3】ペットの幸せとは何か〜飼育される動物の権利を考える〜』の内容をもとに記事化した後編です。リディ部について詳しくはこちら

 

<長田啓さん>
環境省・自然環境局 総務課 動物愛護管理室 室長。1995年、環境庁(当時)に入庁。環境省本省と日本各地で、国立公園の計画管理、野生生物保護対策等の自然環境行政に従事。生物多様性主流化室長を経て2018年7月から現職。

「愛護」と「管理」は車の両輪

前編から触れてきた「動物愛護管理法」は、その名称のとおり動物の「愛護」と「管理」について定められている。では、長田さんはこの二つの視点をどのように捉えているのだろうか。

 

「人と動物が共生する持続可能な社会を考えたときに、『愛護』と『管理』は車の両輪のような関係になると思っています。

 

『愛護』はみんなが動物を大事に思うような社会を作っていくことであり、『管理』は動物を飼うことによる人への悪影響をなくすようにすること。どちらか一方を達成するだけでは、人と動物が共生しているとは言い難い。両輪で進めていくことが、動物愛護管理だと考えています」と話す。

 

とくに長田さんは、「アニマルウェルフェアの概念が徐々に広まってきていて、殺処分も確かに減っていますが、動物を管理する上で『何がなんでも飼い続けることが良いことなのか』ということは考えたいですね」と強調する。

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
×
CONTENTS
intro
ホームレス
no.
1
no.
2
若年介護
no.
3
no.
4
奨学金
no.
5
no.
6
差別
no.
7
no.
8
観光
no.
9
no.
10
子どもの臓器提供
no.
11
no.
12
都市とコロナ
no.
13
no.
14
ICT教育
no.
15
no.
16
産後うつ
no.
17
no.
18
宇宙
no.
19
no.
20
戦争
no.
21
no.
22
人工妊娠中絶
no.
23
no.
24
緊急避妊薬
no.
25
no.
26
テロリスト・ギャングの社会復帰
no.
27
no.
28
社会起業家
no.
29
no.
30
海上自衛隊
no.
31
no.
32
プロジェクト
no.
33
ソーシャルビジネス
no.
34
教員の多忙化
no.
35
no.
36
性的マイノリティ
no.
37
no.
38
出所者の社会復帰
no.
39
no.
40
ワクチン
no.
41
no.
42
薬物依存
no.
43
no.
44
性の悩み
no.
45
no.
46
リブランディング
no.
47
no.
48
少年犯罪
no.
49
no.
50
学校教育
no.
51
no.
52
LGBT
no.
53
no.
54
スロージャーナリズム
no.
55
no.
56
ソーシャルセクター
no.
57
no.
58
教育格差
no.
59
no.
60
メディア
no.
61
大人の学び
no.
62
no.
63
地方創生
no.
64
no.
65
家族のかたち
no.
66
no.
67
他者とのコミュニケーションを考える
no.
68
no.
69
地方創生
no.
70
no.
71
地方創生
no.
72
no.
73
非正規雇用と貧困
no.
74
no.
75
他者とのコミュニケーションを考える
no.
76
no.
77
家族のかたち
no.
78
no.
79
他者とのコミュニケーションを考える
no.
80
no.
81
地球温暖化対策
no.
82
no.
83
就労支援
no.
84
no.
85
1年の振り返り
no.
86
no.
87
動物との共生
no.
88
no.
89
行政のデジタル化
no.
90
no.
91
温暖化対策
no.
92
no.
93
動物との共生
no.
94
no.
95
地方移住
no.
96
no.
97
動物との共生
no.
100
no.
101
温暖化対策
no.
102
no.
103
組織論
no.
104
no.
105
キャリア
no.
106
no.
107
復興
no.
108
no.
109
コミュニティナース
no.
110
no.
111
MaaS
no.
112
no.
113
地球温暖化
no.
114
セックスワーカー
no.
115
no.
116
感染症とワクチン
no.
117
no.
118
大学生の貧困
no.
119
no.
120
温暖化対策
no.
121
no.
122
同性婚
no.
123
no.
124
フェアトレード
no.
125
no.
126
シェアハウス
no.
127
no.
128
飲食業
no.
129
感染症とワクチン
no.
130
no.
131
国際報道
no.
132
no.
133
社会的養護
no.
134
no.
135
認知症
no.
136
no.
137
入管法
no.
138
no.
139
国際問題
no.
140
no.
141
コミュニティ
no.
142
no.
143
コミュニティ
no.
144
no.
145
コミュニティ
no.
146