no.
107
キャリア
2021/3/24(水)
誰でも、いつからでも社会課題解決に携わることはできる――ユーグレナ副社長が考える「社会課題解決とキャリア」(後編)
2021/3/24(水)
no.
107
キャリア
2021/3/24(水)
誰でも、いつからでも社会課題解決に携わることはできる――ユーグレナ副社長が考える「社会課題解決とキャリア」(後編)
2021/3/24(水)

「社会を変えたい」「自分が働いて社会をよくしていきたい」と考え、学生時代から社会課題解決のために行動を起こす人たちもいる。

 

しかし、株式会社ユーグレナ取締役副社長の永田暁彦さんは、何歳からでもどんな人でも社会課題解決に携わることはできるし、それをもっと社会が許容していくべきだと考えている。

 

今回は永田さんとリディラバ代表の安部敏樹が、社会課題解決とキャリアについて討論。後編では、社会課題解決に対する世の中の捉え方への課題や、社会をよくしていくための取り組みを仕事にするうえで意識していることについて語った。
 

※本記事の取材は「リディ部〜社会問題を考えるみんなの部活動〜」で行われた2/5のライブ勉強会『私は、社会課題解決を仕事にする。~社会貢献の視点からキャリアを考える~』で行われました。リディラバジャーナルの取材の様子は「リディ部」でご覧いただけます。

 

<永田暁彦さん>
株式会社ユーグレナ取締役副社長。慶応義塾大学商学部卒。独立系プライベート・エクイティファンドに入社し、プライベート・エクイティ部門とコンサルティング部門に所属。2008年にユーグレナ社の取締役に就任。 ユーグレナ社の未上場期より事業戦略、M&A、資金調達、資本提携、広報・IR、管理部門を管轄。技術を支える戦略、ファイナンス分野に精通。現在はCOO 兼ヘルスケアカンパニー長 としてユーグレナ社の食品から燃料、研究開発など全ての事業執行を務めるとともに、日本最大級の技術系 VC「リアルテックファンド」の代表を務める。
株式会社ユーグレナHP:https://www.euglena.jp/

社会課題解決に携わるのはいつからでもいい

 安部敏樹  社会課題を仕事にしていくことを考えた人がぶつかりがちなことのひとつに、いわゆる「原体験ハラスメント」があります。

 

社会課題解決の活動をしようとしたとき、「それをやろうと思ったあなたの原体験はなんですか」と聞かれることがありますよね。でも、そんなに派手な原体験がないといけないのか、そもそも必要不可欠なものなのかと疑問に思います。

 

 永田暁彦  たとえば、大学入学を機に外見やキャラを変えたりすることを大学デビューと呼びますが、「別にいつからデビューしたっていいじゃん」と思います。大学デビューをするよりも、中学からイケてた人のほうが偉いみたいな風潮がありますよね。

 

社会貢献もそうで、解決に取り組みたい人は中高生のころから問題意識を持っていて、早い段階で行動してきた人なんだろう、というイメージを持たれがちだなとは思います。

 

ほかにも「社会貢献をする人は、人間として正しくなくてはならない」「急に社会問題を解決したいなんて思うはずがない。嘘なんじゃないか」という捉え方をされることもありますよね。

 

でも、たとえば35歳までお金を稼ぐことしか考えてなかった人が、36歳から社会のために生きると決めたとしたら、それは肯定すべきことだと思うんです。
 

 安部  そうですね。「お金を稼ぐことが一番」という価値観でいた人が、ある程度年齢を重ねてから「本当の価値はそうではない」と路線変更できるのは、むしろ褒められるべきことなんじゃないのかなと思います。

 


(pixabay)

 

 永田  私は研究者の支援をしていますが、日本の場合「研究者とは清貧であるべき」という風潮があると感じます。

 

でも、研究を成功させたらお金持ちになるとかすごくモテるようになるとか、そういうモチベーションがあるほうが絶対にいいと思うんですね。そのほうがやりたいと思う人が増えて、人もお金もそちらに流れていくことになりますから。

 

社会貢献においても、行動したら人からすごく褒めてもらえたり、周囲から当たり前のように「素晴らしいことをしているね」と評価される社会になったほうがいいと思っています。

 

いまは世の中が社会問題解決を高尚なものと考えすぎていて、それが参加をむずかしくしていると感じます。どんな人でも、どんなきっかけからでも参加できればいいと思います。

結果よりもプロセスそのものが幸せ

 安部  僕は、社会貢献に関する組織で働くと「人生のピークを後ろに持って来やすい」ところがすごくいいなと思うんです。たとえば野球選手だったら、30〜40代の頃にはピークを迎えることが多いですよね。

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
×
CONTENTS
intro
ホームレス
no.
1
no.
2
若年介護
no.
3
no.
4
奨学金
no.
5
no.
6
差別
no.
7
no.
8
観光
no.
9
no.
10
子どもの臓器提供
no.
11
no.
12
都市とコロナ
no.
13
no.
14
ICT教育
no.
15
no.
16
産後うつ
no.
17
no.
18
宇宙
no.
19
no.
20
戦争
no.
21
no.
22
人工妊娠中絶
no.
23
no.
24
緊急避妊薬
no.
25
no.
26
テロリスト・ギャングの社会復帰
no.
27
no.
28
社会起業家
no.
29
no.
30
海上自衛隊
no.
31
no.
32
プロジェクト
no.
33
ソーシャルビジネス
no.
34
教員の多忙化
no.
35
no.
36
性的マイノリティ
no.
37
no.
38
出所者の社会復帰
no.
39
no.
40
ワクチン
no.
41
no.
42
薬物依存
no.
43
no.
44
性の悩み
no.
45
no.
46
リブランディング
no.
47
no.
48
少年犯罪
no.
49
no.
50
学校教育
no.
51
no.
52
LGBT
no.
53
no.
54
スロージャーナリズム
no.
55
no.
56
ソーシャルセクター
no.
57
no.
58
教育格差
no.
59
no.
60
メディア
no.
61
大人の学び
no.
62
no.
63
地方創生
no.
64
no.
65
家族のかたち
no.
66
no.
67
他者とのコミュニケーションを考える
no.
68
no.
69
地方創生
no.
70
no.
71
地方創生
no.
72
no.
73
非正規雇用と貧困
no.
74
no.
75
他者とのコミュニケーションを考える
no.
76
no.
77
家族のかたち
no.
78
no.
79
他者とのコミュニケーションを考える
no.
80
no.
81
地球温暖化対策
no.
82
no.
83
就労支援
no.
84
no.
85
1年の振り返り
no.
86
no.
87
動物との共生
no.
88
no.
89
行政のデジタル化
no.
90
no.
91
温暖化対策
no.
92
no.
93
動物との共生
no.
94
no.
95
地方移住
no.
96
no.
97
動物との共生
no.
100
no.
101
温暖化対策
no.
102
no.
103
組織論
no.
104
no.
105
キャリア
no.
106
no.
107
復興
no.
108
no.
109
コミュニティナース
no.
110
no.
111
MaaS
no.
112
no.
113
地球温暖化
no.
114
セックスワーカー
no.
115
no.
116
感染症とワクチン
no.
117
no.
118
大学生の貧困
no.
119
no.
120
温暖化対策
no.
121
no.
122
同性婚
no.
123
no.
124
フェアトレード
no.
125
no.
126
シェアハウス
no.
127
no.
128
飲食業
no.
129
感染症とワクチン
no.
130
no.
131
国際報道
no.
132
no.
133
社会的養護
no.
134
no.
135
認知症
no.
136
no.
137
入管法
no.
138
no.
139
国際問題
no.
140
no.
141
コミュニティ
no.
142
no.
143
コミュニティ
no.
144
no.
145
コミュニティ
no.
146
no.
147
吃音
no.
148
no.
149
コンサル×社会課題解決
no.
150
no.
151
いじめ
no.
152
no.
153
社会課題×事業
no.
154
no.
155
社会課題×映画
no.
156
no.
157
感染症とワクチン
no.
158
no.
159
社会教育士
no.
160
no.
161
山岳遭難
no.
162
no.
163
支援者支援
no.
164
no.
165
いじめ
no.
166
no.
167
ゲーム依存
no.
168
no.
169
トランスジェンダーとスポーツ
no.
170
no.
171
うつ病患者の家族
no.
172
no.
173
パラスポーツ
no.
174
no.
175
代替肉
no.
176
no.
177
弱いロボット
no.
178
no.
179
戦争継承
no.
180
no.
181
女性の社会参画
no.
182
no.
183
子どもの居場所
no.
184
no.
185