no.
134
社会的養護
2021/5/27(木)
声を上げられない子どもにどう寄り添うか――社会的養護の課題と現実(前編)
2021/5/27(木)
no.
134
社会的養護
2021/5/27(木)
声を上げられない子どもにどう寄り添うか――社会的養護の課題と現実(前編)
2021/5/27(木)

虐待や貧困などさまざまな理由で、家族と暮らすことができない子どもを里親家庭や児童養護施設など社会全体で育てる「社会的養護」。

 

日本では、こうした子どもの多くが児童養護施設などの「施設」で暮らす現状がある。子どもたちが健康に発達していくためには、里親家庭などの家庭的環境に移すことが求められているが、同時に、当事者の子どもの声が支援に反映されていないという問題もある。

 

前編では、日本の社会的養護の特徴と課題について、NPO法人インターナショナル・フォスターケア・アライアンス副理事長として当事者支援に関わってきた永野咲さんに話を聞いた。

 

※本記事の取材は「リディ部〜社会問題を考えるみんなの部活動〜」で行われた4/23のライブ勉強会「地域で子どもを育てる〜実親でも里親でもない新しい関係性〜」で行われました。リディラバジャーナルの取材の様子は「リディ部」でご覧いただけます。

 

※リディラバジャーナルでは構造化特集「児童養護施設」を掲載しています。より詳しい施設への入所背景や内実、退所後の課題などについてはこちらをお読みください

 

<永野 咲さん>
東洋大学大学院福祉社会デザイン研究科博士後期課程修了。博士(社会福祉学)。日本学術振興会特別研究員(DC2,PD)等を経て、2020年から武蔵野大学 人間科学部 社会福祉学科 講師。NPO法人インターナショナル・フォスターケア・アライアンス(https://ifcajapan.org)副理事長。著書に『社会的養護のもとで育つ若者のライフチャンス−選択肢とつながりの保障、「生の不安定さ」からの解放を求めて−』明石書店(2017年)。

社会的養護は「恵まれない子どもを慈善活動で養育すること」ではない

厚生労働省によれば、現在、社会的養護のもと親と離れて暮らす子どもたちは全国に約4万5000人いる(※)。

 

※「社会的養育の推進に向けて」厚生労働省より

 

社会的養護が必要になる理由は、虐待や親の経済状況、健康状態などさまざまだ。面前DVといって、子どもの前で夫婦間の暴力が起きている場合にも、心理的虐待とみなされ社会的養護の対象となる。

 

近年、報告件数が増えている虐待においては、年間総数約13万件(2017年度)の相談対応件数のうち、約2万人の子どもが一時保護されている。そして、約4600人が社会的養護(施設や里親家庭)に入るという状況になっている。

 

子ども虐待の深刻さが知られるにつれ、世の中の子どもの福祉への関心度は以前よりも高まっているように見える。だが、施設で暮らす子どもたちの現状は、まだあまり知られていない。

 

「社会的養護というと『恵まれないかわいそうな子どもを、慈善活動で養育すること』と捉えられがちですが、そうではありません。家庭で生活できなくなった子どもたちを、税金を用いて社会全体で育てる仕組みのこと。『社会が親代わりをする』のが本来の意味です」と、永野さんは話す。

 

ただ、前提として、社会的養護の期間は短ければ短いほどいいと永野さんは続ける。

 

「子どもには家族のもとで暮らす権利があり、まずは親子が分離されないように支援することが最優先です。しかし、子どもの権利を侵害している場合には、公的責任で親と切り離し、社会で養育し保護する必要があるということです」

 

(写真 永野咲さん)

里親養育率が低すぎる日本

社会的養護には大きく二つの形がある。一つは施設養護というもので、施設に勤務する職員が子どもを養育する仕組みだ。

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
×
CONTENTS
intro
ホームレス
no.
1
no.
2
若年介護
no.
3
no.
4
奨学金
no.
5
no.
6
差別
no.
7
no.
8
観光
no.
9
no.
10
子どもの臓器提供
no.
11
no.
12
都市とコロナ
no.
13
no.
14
ICT教育
no.
15
no.
16
産後うつ
no.
17
no.
18
宇宙
no.
19
no.
20
戦争
no.
21
no.
22
人工妊娠中絶
no.
23
no.
24
緊急避妊薬
no.
25
no.
26
テロリスト・ギャングの社会復帰
no.
27
no.
28
社会起業家
no.
29
no.
30
海上自衛隊
no.
31
no.
32
プロジェクト
no.
33
ソーシャルビジネス
no.
34
教員の多忙化
no.
35
no.
36
性的マイノリティ
no.
37
no.
38
出所者の社会復帰
no.
39
no.
40
ワクチン
no.
41
no.
42
薬物依存
no.
43
no.
44
性の悩み
no.
45
no.
46
リブランディング
no.
47
no.
48
少年犯罪
no.
49
no.
50
学校教育
no.
51
no.
52
LGBT
no.
53
no.
54
スロージャーナリズム
no.
55
no.
56
ソーシャルセクター
no.
57
no.
58
教育格差
no.
59
no.
60
メディア
no.
61
大人の学び
no.
62
no.
63
地方創生
no.
64
no.
65
家族のかたち
no.
66
no.
67
他者とのコミュニケーションを考える
no.
68
no.
69
地方創生
no.
70
no.
71
地方創生
no.
72
no.
73
非正規雇用と貧困
no.
74
no.
75
他者とのコミュニケーションを考える
no.
76
no.
77
家族のかたち
no.
78
no.
79
他者とのコミュニケーションを考える
no.
80
no.
81
地球温暖化対策
no.
82
no.
83
就労支援
no.
84
no.
85
1年の振り返り
no.
86
no.
87
動物との共生
no.
88
no.
89
行政のデジタル化
no.
90
no.
91
温暖化対策
no.
92
no.
93
動物との共生
no.
94
no.
95
地方移住
no.
96
no.
97
動物との共生
no.
100
no.
101
温暖化対策
no.
102
no.
103
組織論
no.
104
no.
105
キャリア
no.
106
no.
107
復興
no.
108
no.
109
コミュニティナース
no.
110
no.
111
MaaS
no.
112
no.
113
地球温暖化
no.
114
セックスワーカー
no.
115
no.
116
感染症とワクチン
no.
117
no.
118
大学生の貧困
no.
119
no.
120
温暖化対策
no.
121
no.
122
同性婚
no.
123
no.
124
フェアトレード
no.
125
no.
126
シェアハウス
no.
127
no.
128
飲食業
no.
129
感染症とワクチン
no.
130
no.
131
国際報道
no.
132
no.
133
社会的養護
no.
134
no.
135
認知症
no.
136
no.
137
入管法
no.
138
no.
139
国際問題
no.
140
no.
141
コミュニティ
no.
142
no.
143
コミュニティ
no.
144
no.
145
コミュニティ
no.
146
no.
147
吃音
no.
148
no.
149
コンサル×社会課題解決
no.
150
no.
151
いじめ
no.
152
no.
153
社会課題×事業
no.
154
no.
155
社会課題×映画
no.
156
no.
157
感染症とワクチン
no.
158
no.
159
社会教育士
no.
160
no.
161
山岳遭難
no.
162
no.
163
支援者支援
no.
164
no.
165
いじめ
no.
166
no.
167
ゲーム依存
no.
168
no.
169
トランスジェンダーとスポーツ
no.
170
no.
171
うつ病患者の家族
no.
172
no.
173
パラスポーツ
no.
174
no.
175
代替肉
no.
176
no.
177
弱いロボット
no.
178
no.
179
戦争継承
no.
180
no.
181
女性の社会参画
no.
182