no.
148
吃音
2021/6/30(水)
100人に1人が抱える、見えづらい困難――当事者が語る「吃音」のリアル(前編)
2021/6/30(水)
no.
148
吃音
2021/6/30(水)
100人に1人が抱える、見えづらい困難――当事者が語る「吃音」のリアル(前編)
2021/6/30(水)

近年、さまざまなメディアで取り扱われることが多くなってきた「吃音」。

 

一方で、吃音のある人が生活上どのような困りごとを抱えているのか、周囲の人はどのようにコミュニケーションを取っていけば良いのかなど、広く社会に知られていないことはまだ多くある。

 

今回は吃音の当事者であり、専門家でもある耳鼻咽喉科医の菊池良和さんに、吃音の臨床的特徴や周囲の理解度など、吃音のある人を取り巻く状況について聞いた。
 

※本記事の取材は「リディ部〜社会問題を考えるみんなの部活動〜」で行われた2021/6/4のライブ勉強会「社会に見えづらい困難『吃音』に迫る」で行われました。リディラバジャーナルの取材の様子は「リディ部」でご覧いただけます。

 

<菊池良和さん>
九州大学病院耳鼻咽喉・頭頸部外科助教、医学博士。中学1年生のときに、「吃音の悩みから救われるためには、医者になるしかない」と思い、猛勉強の末、鹿児島ラ・サール高校卒業後、1999年九州大学医学部に入学。医師となり、研修医を2年間終えた後、2007年に九州大学耳鼻咽喉科に入局。2008年より九州大学大学院に進学し臨床神経生理学教室で、「脳磁図」を用いた吃音者の脳研究を行ない、今まで4度国内外での受賞をしている。現在、九州大学病院耳鼻咽喉科で吃音外来を担当。吃音の著書多数。年平均20回、全国各地の講演会に招待され、吃音の啓発に努めている。医師の立場で吃音の臨床、教育、研究を精力的に行なっている第一人者である。

100人に1人と、実は身近な存在

話し言葉が滑らかに出ない「発話障害」の一つである吃音。特徴的な症状としては、「か、か、からす」などの音の繰り返し(連発)、「かーーらす」といった引き伸ばし(伸発)、「・・・・からす」というように、はじめのことばがなかなか出ない(難発、阻止)の三つがある。

 

吃音は主に「発達性吃音」と「獲得性吃音」に分類され、9割は発達性吃音とされている。発達性吃音は2〜5歳の幼児期に発症することが多く、幼児期での発症率は約8%。国や言語による発症率の差はほとんどなく、成人では、吃音のある人は100人に1人の割合で存在すると言われている。

 

たとえば、2011年に第83回アカデミー賞で作品賞など4部門を受賞した映画「英国王のスピーチ」で描かれたジョージ6世をはじめ、ゴルフ選手のタイガー・ウッズ、日本の政治家・田中角栄など、吃音を持つ著名人も少なくない。アメリカのバイデン大統領も幼い頃から吃音で悩んだという。

 

当事者でもあり、現在は吃音の治療、啓発に携わる医師の菊池良和さんは「大人の吃音の場合には、引き伸ばしはほとんどなく、繰り返しと難発が主な症状です。意外かもしれませんが、吃音の人は言葉の8割ぐらいは流暢に話すことができます。残りの1〜2割の言葉を発するときに、ときどき詰まってしまうんです」と話す。

 

昔は吃音は子どものうちに治すものとされていたが、いまは「持って生まれた体質である」という考え方に変わってきている。

 

「幼児期のうちに自然に治ることが多いとされていますが、これをすれば治るという確立された治療方法はありません。親の育て方で治るというものでもないんですね」

 

(写真AC)

「吃音は治すべきもの」という誤解が生む苦しさ

成長するにつれて吃音が自然に治るというのは、どういうことなのか。

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
×
CONTENTS
intro
ホームレス
no.
1
no.
2
若年介護
no.
3
no.
4
奨学金
no.
5
no.
6
差別
no.
7
no.
8
観光
no.
9
no.
10
子どもの臓器提供
no.
11
no.
12
都市とコロナ
no.
13
no.
14
ICT教育
no.
15
no.
16
産後うつ
no.
17
no.
18
宇宙
no.
19
no.
20
戦争
no.
21
no.
22
人工妊娠中絶
no.
23
no.
24
緊急避妊薬
no.
25
no.
26
テロリスト・ギャングの社会復帰
no.
27
no.
28
社会起業家
no.
29
no.
30
海上自衛隊
no.
31
no.
32
プロジェクト
no.
33
ソーシャルビジネス
no.
34
教員の多忙化
no.
35
no.
36
性的マイノリティ
no.
37
no.
38
出所者の社会復帰
no.
39
no.
40
ワクチン
no.
41
no.
42
薬物依存
no.
43
no.
44
性の悩み
no.
45
no.
46
リブランディング
no.
47
no.
48
少年犯罪
no.
49
no.
50
学校教育
no.
51
no.
52
LGBT
no.
53
no.
54
スロージャーナリズム
no.
55
no.
56
ソーシャルセクター
no.
57
no.
58
教育格差
no.
59
no.
60
メディア
no.
61
大人の学び
no.
62
no.
63
地方創生
no.
64
no.
65
家族のかたち
no.
66
no.
67
他者とのコミュニケーションを考える
no.
68
no.
69
地方創生
no.
70
no.
71
地方創生
no.
72
no.
73
非正規雇用と貧困
no.
74
no.
75
他者とのコミュニケーションを考える
no.
76
no.
77
家族のかたち
no.
78
no.
79
他者とのコミュニケーションを考える
no.
80
no.
81
地球温暖化対策
no.
82
no.
83
就労支援
no.
84
no.
85
1年の振り返り
no.
86
no.
87
動物との共生
no.
88
no.
89
行政のデジタル化
no.
90
no.
91
温暖化対策
no.
92
no.
93
動物との共生
no.
94
no.
95
地方移住
no.
96
no.
97
動物との共生
no.
100
no.
101
温暖化対策
no.
102
no.
103
組織論
no.
104
no.
105
キャリア
no.
106
no.
107
復興
no.
108
no.
109
コミュニティナース
no.
110
no.
111
MaaS
no.
112
no.
113
地球温暖化
no.
114
セックスワーカー
no.
115
no.
116
感染症とワクチン
no.
117
no.
118
大学生の貧困
no.
119
no.
120
温暖化対策
no.
121
no.
122
同性婚
no.
123
no.
124
フェアトレード
no.
125
no.
126
シェアハウス
no.
127
no.
128
飲食業
no.
129
感染症とワクチン
no.
130
no.
131
国際報道
no.
132
no.
133
社会的養護
no.
134
no.
135
認知症
no.
136
no.
137
入管法
no.
138
no.
139
国際問題
no.
140
no.
141
コミュニティ
no.
142
no.
143
コミュニティ
no.
144
no.
145
コミュニティ
no.
146
no.
147
吃音
no.
148
no.
149
コンサル×社会課題解決
no.
150
no.
151
いじめ
no.
152
no.
153
社会課題×事業
no.
154
no.
155
社会課題×映画
no.
156
no.
157
感染症とワクチン
no.
158
no.
159
社会教育士
no.
160
no.
161
山岳遭難
no.
162
no.
163
支援者支援
no.
164
no.
165
いじめ
no.
166
no.
167
ゲーム依存
no.
168
no.
169
トランスジェンダーとスポーツ
no.
170
no.
171
うつ病患者の家族
no.
172
no.
173
パラスポーツ
no.
174
no.
175
代替肉
no.
176
no.
177
弱いロボット
no.
178
no.
179
戦争継承
no.
180
no.
181
女性の社会参画
no.
182
no.
183
子どもの居場所
no.
184
no.
185
感染症とワクチン
no.
186
no.
187
デジタル社会
no.
188
no.
189
若年女性の生きづらさ
no.
190
no.
191
ゼブラ企業
no.
192
no.
193
多胎児家庭の困難
no.
194
no.
195
ソーシャルイノベーション
no.
196