no.
155
社会課題×事業
2021/7/15(木)
いかに事業を生み出し、どう伸ばしていくか――キリンホールディングスが推進する社会課題×事業(後編)
2021/7/15(木)
no.
155
社会課題×事業
2021/7/15(木)
いかに事業を生み出し、どう伸ばしていくか――キリンホールディングスが推進する社会課題×事業(後編)
2021/7/15(木)

日本でいち早くCSV(Creating Shared Value=共通価値の創造)経営を打ち出し、社会課題を事業で解決することを目指してきたキリンホールディングス株式会社。

 

前編に引き続き、キリンホールディングス株式会社 ブランド戦略部 Kirin Well-being Design Labシニアフェローの太田恵理子さんに、CSV戦略を立てる上で行っているシナリオプランニングの意義や、今後の企業と社会課題の関係性などについて聞いた。
 

※本記事の取材は「リディ部〜社会問題を考えるみんなの部活動〜」で行われた2021/4/30のライブ勉強会「『社会課題を事業で解決』のリアル社会課題に挑む大企業の実態に迫る」で行われました。リディラバジャーナルの取材の様子は「リディ部」でご覧いただけます。

 

<太田恵理子さん>
キリンホールディングス株式会社 ブランド戦略部 Kirin Well-being Design Labシニアフェロー。東京大学社会心理学科卒業、キリングループでリサーチ・商品開発・メディアプランニングなどマーケティング全般に携わった後、2007年新設のキリン食生活文化研究所所長に就任。2017年10月よりシニアフェロー。2020年4月組織名称をKirin Well-being Design Labに変更。並行して社内の新規事業開発や、社外のアクセラレータープログラムにおける大企業メンターとして、スタートアップの支援も行っている。著書『消費トレンド2014-2018』(日経BP社)。

未来のシナリオをもとにアイデアを生み出す

前編で触れた「シナリオプランニング」を通じて、Kirin Well-being Design Labは現在、起きてほしくないが起こりうる不都合な未来も含めて、4つの異なる未来のシナリオを描いている。

 

・巨大テック企業が牛耳る、超競争社会
・中国が席巻する、行動監視と技術革新の社会
・無秩序な競争で深刻化した、格差社会
・サステナビリティに向かう、共助の社会

 

この4つのシナリオの中で、社会や生活者にどんな課題が起きてくるのかを考えることがキリンのビジネスに活きているという。

 

「戦略策定部門においては、現行戦略が将来も有効かどうかを調べられます。もしもこのままではまずいなというときには、プランB、プランCを発想するためにもこれらのシナリオは使えます。

 

一方、事業創造部門においては、新規事業をつくるといっても、現状の世界の枠組みのなかではなかなか新しいチャンスを見つけにくい。未来のシナリオの生活に自分の身を置いてみたときに新しいビジネスの種が見つかるんじゃないかということでやっています」
 

(pixabay)

ビジネスと社会課題がつながった瞬間

そもそも、太田さんたちがシナリオプランニングを始めたのは、社内のR&D(研究開発)部門から相談を受けたことがきっかけだったという。

 

「R&D部門は研究開発していくテーマを探していました。それまではテクノロジーがどう進歩していくのかという視点で考えていたけれど、それだけじゃダメ。社会や生活者がどう変わっていくのかという変化を捉えなければ、なにを研究するべきかわからないと相談されたんですね。

 

じゃあ変化ってなにかというと、どんな課題が生まれてくるのかということだなと。つまり、社会課題と地続きだとわかったんです」

 

同じ頃、社内ではそれまでのCSR活動を革新したいという動きもあった。

 

「その当時はCSVではなくまだCSRと言っていましたが、たとえば酒類メーカーとしてアルコール問題に取り組まなければいけないというような社会的責務はもちろんのこと、もっと事業に貢献するアグレッシブなCSRに生まれ変わっていきたいという話もありました。

 

そのあたりから社会に目が向くと同時に、一人ひとりの生活者にも目が向くという両方の意味での探索が起こってきました」

 

社会課題から事業が生まれ、事業で社会課題を解決するキリンのCSV活動の始まりだった。

 

社会課題への取り組みというと、17あるSDGsの目標のうち、自社のビジネスに近いSDGs目標に取り組もうとしている企業が少なくないが、太田さんは次のように話す。

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
×
CONTENTS
intro
ホームレス
no.
1
no.
2
若年介護
no.
3
no.
4
奨学金
no.
5
no.
6
差別
no.
7
no.
8
観光
no.
9
no.
10
子どもの臓器提供
no.
11
no.
12
都市とコロナ
no.
13
no.
14
ICT教育
no.
15
no.
16
産後うつ
no.
17
no.
18
宇宙
no.
19
no.
20
戦争
no.
21
no.
22
人工妊娠中絶
no.
23
no.
24
緊急避妊薬
no.
25
no.
26
テロリスト・ギャングの社会復帰
no.
27
no.
28
社会起業家
no.
29
no.
30
海上自衛隊
no.
31
no.
32
プロジェクト
no.
33
ソーシャルビジネス
no.
34
教員の多忙化
no.
35
no.
36
性的マイノリティ
no.
37
no.
38
出所者の社会復帰
no.
39
no.
40
ワクチン
no.
41
no.
42
薬物依存
no.
43
no.
44
性の悩み
no.
45
no.
46
リブランディング
no.
47
no.
48
少年犯罪
no.
49
no.
50
学校教育
no.
51
no.
52
LGBT
no.
53
no.
54
スロージャーナリズム
no.
55
no.
56
ソーシャルセクター
no.
57
no.
58
教育格差
no.
59
no.
60
メディア
no.
61
大人の学び
no.
62
no.
63
地方創生
no.
64
no.
65
家族のかたち
no.
66
no.
67
他者とのコミュニケーションを考える
no.
68
no.
69
地方創生
no.
70
no.
71
地方創生
no.
72
no.
73
非正規雇用と貧困
no.
74
no.
75
他者とのコミュニケーションを考える
no.
76
no.
77
家族のかたち
no.
78
no.
79
他者とのコミュニケーションを考える
no.
80
no.
81
地球温暖化対策
no.
82
no.
83
就労支援
no.
84
no.
85
1年の振り返り
no.
86
no.
87
動物との共生
no.
88
no.
89
行政のデジタル化
no.
90
no.
91
温暖化対策
no.
92
no.
93
動物との共生
no.
94
no.
95
地方移住
no.
96
no.
97
動物との共生
no.
100
no.
101
温暖化対策
no.
102
no.
103
組織論
no.
104
no.
105
キャリア
no.
106
no.
107
復興
no.
108
no.
109
コミュニティナース
no.
110
no.
111
MaaS
no.
112
no.
113
地球温暖化
no.
114
セックスワーカー
no.
115
no.
116
感染症とワクチン
no.
117
no.
118
大学生の貧困
no.
119
no.
120
温暖化対策
no.
121
no.
122
同性婚
no.
123
no.
124
フェアトレード
no.
125
no.
126
シェアハウス
no.
127
no.
128
飲食業
no.
129
感染症とワクチン
no.
130
no.
131
国際報道
no.
132
no.
133
社会的養護
no.
134
no.
135
認知症
no.
136
no.
137
入管法
no.
138
no.
139
国際問題
no.
140
no.
141
コミュニティ
no.
142
no.
143
コミュニティ
no.
144
no.
145
コミュニティ
no.
146
no.
147
吃音
no.
148
no.
149
コンサル×社会課題解決
no.
150
no.
151
いじめ
no.
152
no.
153
社会課題×事業
no.
154
no.
155
社会課題×映画
no.
156
no.
157
感染症とワクチン
no.
158
no.
159
社会教育士
no.
160
no.
161
山岳遭難
no.
162
no.
163
支援者支援
no.
164
no.
165
いじめ
no.
166
no.
167
ゲーム依存
no.
168
no.
169
トランスジェンダーとスポーツ
no.
170
no.
171
うつ病患者の家族
no.
172
no.
173
パラスポーツ
no.
174
no.
175
代替肉
no.
176
no.
177
弱いロボット
no.
178
no.
179
戦争継承
no.
180
no.
181
女性の社会参画
no.
182
no.
183
子どもの居場所
no.
184
no.
185
感染症とワクチン
no.
186
no.
187
デジタル社会
no.
188
no.
189
若年女性の生きづらさ
no.
190
no.
191
ゼブラ企業
no.
192
no.
193
多胎児家庭の困難
no.
194