no.
166
いじめ
2021/8/11(水)
立場の違う人との協働で「いじめ問題」解決を目指す――「構造化」から問題の突破口を探る(前編)
2021/8/11(水)
no.
166
いじめ
2021/8/11(水)
立場の違う人との協働で「いじめ問題」解決を目指す――「構造化」から問題の突破口を探る(前編)
2021/8/11(水)

年々増え続けるいじめの認知件数。早期発見や適切な対処のためには、感情論ではなく、立場の違う人たちが協働し、問題を構造的に捉えて向き合う必要がある。

 

今回は、リディラバ代表の安部敏樹と、いじめ問題構造変革プラットフォームPIT代表理事の谷山大三郎さんと竹之下倫志さんが対談。前編では、PITの活動や学校現場のいじめへの意識の変化、いじめという社会課題を「構造化」する必要性について語った。
 

 

※本記事の取材は「リディ部〜社会問題を考えるみんなの部活動〜」で行われた2021/7/21のライブ勉強会「いじめ問題の『突破口』を見つけるには」で行われました。リディラバジャーナルの取材の様子は「リディ部」でご覧いただけます。

 

<谷山大三郎さん>
一般社団法人いじめ構造変革プラットフォームPIT代表理事。
1982年12月生まれ。富山県出身。千葉大学教育学部卒業、千葉大学大学院教育学研究科修了後、2008年より株式会社リクルートに勤務(営業、事業推進、人事を担当)し、2015年に退職。現在、ストップイットジャパン株式会社代表取締役、一般社団法人てとり代表理事、千葉大学教育学部附属教員養成開発センター特別研究員等務める。
いじめ問題解決のため、事業を通じ年間約300校で授業や講演の実施、アプリ等での報告相談環境の普及、そしてトップアスリートとともに「自分を助ける 人を助ける」きっかけづくりに取り組む。

<竹之下倫志さん>
一般社団法人いじめ構造変革プラットフォームPIT代表理事/一般社団法人HALOMY理事。
1982年4月生まれ。鹿児島県出身。高校中退・ひきこもり等を経て、外資系ファーム、VC等にて従事後、独立。現在は助成事業や社会的インパクト評価関連事業に従事する他、自身でいじめや不登校領域に関する団体を立ち上げ事業を行う。「いじめ x Tech」領域の事業にて経済産業省主催グローバル起業家育成プログラム「始動 Next Innovator」シリコンバレー派遣者選出他。グロービス経営大学院MBA。

いじめ問題解決のために協働が必要

 安部敏樹  PITさんは我々と同じ「構造化(※)」というアプローチで、いじめ問題の解決に挑戦していらっしゃいますが、なぜ構造化が必要だと思われたのですか。

 

※構造化について詳しくはこちら

 

 竹之下倫志  まず、私たちが目指しているのは「いじめを取り巻く人や団体と協働して問題にアプローチする」ということです。

 

PITとして活動するなかで、たとえば自分の子をいじめから守る活動をしたところ地域から孤立してしまった母親や、いじめ問題解決のために動いた結果、保護者から嫌われてしまう教員などをたくさん見てきました。

 

みなさんには「子どもたちを守りたい」「いじめをなんとかしたい」という共通の想いがある。ですが、一人ひとりはがんばっているのに、孤立や対立構造が起きてしまったりするケースも少なくないんです。

 

いじめ問題を解決したいと考えている人たちが一緒に動くことができず、個人が摩耗していく。そこを整えてみんなの方向性が揃えば、いじめ問題の構造を変えられるのではと考えています。

 

(写真 竹之下倫志さん)

 

 安部  いじめに限らず、社会問題解決に向けて動こうとするとき、関係者同士でいがみ合ってしまうことはよくありますよね。目的は同じなんだけれど、手法やこだわるポイントが違うと、殴り合いのようになってしまうことがある。

 

 竹之下  保護者と教員が協働するためには、お互いが対立しないために状況を把握し、「何ができて何ができないのか」「なぜそうなっているのか」というベースラインを理解することが大切だと思います。

 

そこを踏まえ、対立する関係者同士で対話し、目指せる目標に向かって走っていくのが理想的だと考えています。土壌づくりと対話の場を、いかにつくっていくか。

 

たとえばPITでは、相互理解を深めていくために、教員が見ている視点や感情をそれ以外の人が知る機会や、いじめで調停になったときに、立場ごとにどういう思考に陥り、対応をしてしまいがちか体験する研修などを実施しています。

 

またマクロの視点から、いじめや学校周辺の課題を一枚の絵にして全体像を把握し、「こういう構造にはまっているから動けない」など、多層的に課題があると知る機会も大切にしています。

 

定例会でも構造をいろんな視点から学術的にも研究していて、現場では共有の理解として使ってもらい、対話をスムーズにしていける材料にしていく。そしてマクロ的には、修正すべき仕組みの部分を把握し、政策等につなげていくことを心がけています。

いじめを発見しようとする意識は高まっている

 安部  率直に、いまの日本ではいじめ問題は改善に向かっていると思いますか。

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
×
CONTENTS
intro
ホームレス
no.
1
no.
2
若年介護
no.
3
no.
4
奨学金
no.
5
no.
6
差別
no.
7
no.
8
観光
no.
9
no.
10
子どもの臓器提供
no.
11
no.
12
都市とコロナ
no.
13
no.
14
ICT教育
no.
15
no.
16
産後うつ
no.
17
no.
18
宇宙
no.
19
no.
20
戦争
no.
21
no.
22
人工妊娠中絶
no.
23
no.
24
緊急避妊薬
no.
25
no.
26
テロリスト・ギャングの社会復帰
no.
27
no.
28
社会起業家
no.
29
no.
30
海上自衛隊
no.
31
no.
32
プロジェクト
no.
33
ソーシャルビジネス
no.
34
教員の多忙化
no.
35
no.
36
性的マイノリティ
no.
37
no.
38
出所者の社会復帰
no.
39
no.
40
ワクチン
no.
41
no.
42
薬物依存
no.
43
no.
44
性の悩み
no.
45
no.
46
リブランディング
no.
47
no.
48
少年犯罪
no.
49
no.
50
学校教育
no.
51
no.
52
LGBT
no.
53
no.
54
スロージャーナリズム
no.
55
no.
56
ソーシャルセクター
no.
57
no.
58
教育格差
no.
59
no.
60
メディア
no.
61
大人の学び
no.
62
no.
63
地方創生
no.
64
no.
65
家族のかたち
no.
66
no.
67
他者とのコミュニケーションを考える
no.
68
no.
69
地方創生
no.
70
no.
71
地方創生
no.
72
no.
73
非正規雇用と貧困
no.
74
no.
75
他者とのコミュニケーションを考える
no.
76
no.
77
家族のかたち
no.
78
no.
79
他者とのコミュニケーションを考える
no.
80
no.
81
地球温暖化対策
no.
82
no.
83
就労支援
no.
84
no.
85
1年の振り返り
no.
86
no.
87
動物との共生
no.
88
no.
89
行政のデジタル化
no.
90
no.
91
温暖化対策
no.
92
no.
93
動物との共生
no.
94
no.
95
地方移住
no.
96
no.
97
動物との共生
no.
100
no.
101
温暖化対策
no.
102
no.
103
組織論
no.
104
no.
105
キャリア
no.
106
no.
107
復興
no.
108
no.
109
コミュニティナース
no.
110
no.
111
MaaS
no.
112
no.
113
地球温暖化
no.
114
セックスワーカー
no.
115
no.
116
感染症とワクチン
no.
117
no.
118
大学生の貧困
no.
119
no.
120
温暖化対策
no.
121
no.
122
同性婚
no.
123
no.
124
フェアトレード
no.
125
no.
126
シェアハウス
no.
127
no.
128
飲食業
no.
129
感染症とワクチン
no.
130
no.
131
国際報道
no.
132
no.
133
社会的養護
no.
134
no.
135
認知症
no.
136
no.
137
入管法
no.
138
no.
139
国際問題
no.
140
no.
141
コミュニティ
no.
142
no.
143
コミュニティ
no.
144
no.
145
コミュニティ
no.
146
no.
147
吃音
no.
148
no.
149
コンサル×社会課題解決
no.
150
no.
151
いじめ
no.
152
no.
153
社会課題×事業
no.
154
no.
155
社会課題×映画
no.
156
no.
157
感染症とワクチン
no.
158
no.
159
社会教育士
no.
160
no.
161
山岳遭難
no.
162
no.
163
支援者支援
no.
164
no.
165
いじめ
no.
166
no.
167
ゲーム依存
no.
168
no.
169
トランスジェンダーとスポーツ
no.
170
no.
171
うつ病患者の家族
no.
172
no.
173
パラスポーツ
no.
174
no.
175
代替肉
no.
176
no.
177
弱いロボット
no.
178
no.
179
戦争継承
no.
180
no.
181
女性の社会参画
no.
182
no.
183
子どもの居場所
no.
184
no.
185