no.
175
パラスポーツ
2021/9/2(木)
「友達ごと」でバリアフリーを考える――元パラリンピアンが考える東京パラリンピックのレガシー(後編)
2021/9/2(木)
no.
175
パラスポーツ
2021/9/2(木)
「友達ごと」でバリアフリーを考える――元パラリンピアンが考える東京パラリンピックのレガシー(後編)
2021/9/2(木)

2021年8月24日から開催されている東京2020パラリンピック。今回の自国開催を通じて、障害者理解やバリアフリー化をさらに促進させていくためには何が必要なのだろうか。

 

今回は、パラアイスホッケーで3回のパラリンピック出場経験があり、2008年のバンクーバーパラリンピックで銀メダルを獲得した経験を持ち、現在は特定非営利法人D-SHIPS32の理事長として活動する元パラリンピアンの上原大祐さんにインタビュー。

 

後編では、日本における障害者理解の課題や、ハード・ソフト面それぞれのバリアフリーの捉え方などについて聞いた。
 

※本記事の取材は「リディ部〜社会問題を考えるみんなの部活動〜」で行われた2021/8/4のライブ勉強会「東京パラリンピックのレガシーとは?~障害者理解の視点から~」で行われました。リディラバジャーナルの取材の様子は「リディ部」でご覧いただけます。

 

<上原 大祐さん>
元パラリンピアン・特定非営利活動法人D-SHIPS32理事長。2006年トリノ、2010年バンクーバー、2018年平昌と3回大会パラアイスホッケー競技でパラリンピックに出場。2012-2013のシーズンは、アメリカ・フィラデルフィアのNHLチームであるPhiladelphia Flyers Sled Hockey Teamに在籍。2013年に1度引退し、2014年にNPO法人D-SHiPS32(ディーシップスミニ)、2016年に一般社団法人障害攻略課を設立。2016年にHEROsアンバサダーにも就任し、アスリートが社会貢献する日本を作るためにトップアスリート達と活動をしている。その他、商品開発やパラスポーツ地域推進作りなど街づくりにも貢献している。

コミュニケーション不足が障害者理解を遠ざける

パラアスリートとして海外での滞在経験も豊富な上原さんは、日本の障害者理解の現状についてこう考えている。

 

「日本は健常者と障害者だけに限らず、男性と女性、若者と年配者といったように、同じカテゴリごとに『分けたがる』傾向があるように感じます。

 

異なるカテゴリにいる人たちが、ともに同じ空間や時間、感動を共有する場が少ないことで、お互いを理解するところまで発展できていない部分があるのではと考えています。

 

自分と違う人ともコミュニケーションを取っていこう、一緒に楽しめる場所をつくろうとしてアイデアを出していくことが、障害者理解には必要だと思います」

 


(写真 上原大祐さん)

 

たとえば、一見充実しているように見える日本のバリアフリーも、なかには障害者を理解してつくられていないものがあると上原さんは指摘する。

 

「入り口にスロープがある建物でも、中に入ってみると、障害者も使えるトイレは設置されていなかったということがあります。

 

健常者側だけが『障害を持つ人はきっとこういうことに困っているだろう』と想像してつくっている。いわゆる『ファンタジー』になってしまっているんですね。

 

こうなってしまう要因の一つには、バリアフリーについて考える場に当事者がいないということがあると思います。

 

たとえば施設をバリアフリー化するとき、障害者団体などに行政や企業がヒアリングするけれど『障害者本人ではなく、健常者である障害者団体の代表だけに話を聞いていた』など、当事者の意見やアイデアが取り入れられていないケースも少なくありません。

 

本来は、障害者である当事者とデザインしたり、当事者起点でデザインを考えたりすることが必要だと思っています」

「心のバリアフリー」とは何か

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
×
CONTENTS
intro
ホームレス
no.
1
no.
2
若年介護
no.
3
no.
4
奨学金
no.
5
no.
6
差別
no.
7
no.
8
観光
no.
9
no.
10
子どもの臓器提供
no.
11
no.
12
都市とコロナ
no.
13
no.
14
ICT教育
no.
15
no.
16
産後うつ
no.
17
no.
18
宇宙
no.
19
no.
20
戦争
no.
21
no.
22
人工妊娠中絶
no.
23
no.
24
緊急避妊薬
no.
25
no.
26
テロリスト・ギャングの社会復帰
no.
27
no.
28
社会起業家
no.
29
no.
30
海上自衛隊
no.
31
no.
32
プロジェクト
no.
33
ソーシャルビジネス
no.
34
教員の多忙化
no.
35
no.
36
性的マイノリティ
no.
37
no.
38
出所者の社会復帰
no.
39
no.
40
ワクチン
no.
41
no.
42
薬物依存
no.
43
no.
44
性の悩み
no.
45
no.
46
リブランディング
no.
47
no.
48
少年犯罪
no.
49
no.
50
学校教育
no.
51
no.
52
LGBT
no.
53
no.
54
スロージャーナリズム
no.
55
no.
56
ソーシャルセクター
no.
57
no.
58
教育格差
no.
59
no.
60
メディア
no.
61
大人の学び
no.
62
no.
63
地方創生
no.
64
no.
65
家族のかたち
no.
66
no.
67
他者とのコミュニケーションを考える
no.
68
no.
69
地方創生
no.
70
no.
71
地方創生
no.
72
no.
73
非正規雇用と貧困
no.
74
no.
75
他者とのコミュニケーションを考える
no.
76
no.
77
家族のかたち
no.
78
no.
79
他者とのコミュニケーションを考える
no.
80
no.
81
地球温暖化対策
no.
82
no.
83
就労支援
no.
84
no.
85
1年の振り返り
no.
86
no.
87
動物との共生
no.
88
no.
89
行政のデジタル化
no.
90
no.
91
温暖化対策
no.
92
no.
93
動物との共生
no.
94
no.
95
地方移住
no.
96
no.
97
動物との共生
no.
100
no.
101
温暖化対策
no.
102
no.
103
組織論
no.
104
no.
105
キャリア
no.
106
no.
107
復興
no.
108
no.
109
コミュニティナース
no.
110
no.
111
MaaS
no.
112
no.
113
地球温暖化
no.
114
セックスワーカー
no.
115
no.
116
感染症とワクチン
no.
117
no.
118
大学生の貧困
no.
119
no.
120
温暖化対策
no.
121
no.
122
同性婚
no.
123
no.
124
フェアトレード
no.
125
no.
126
シェアハウス
no.
127
no.
128
飲食業
no.
129
感染症とワクチン
no.
130
no.
131
国際報道
no.
132
no.
133
社会的養護
no.
134
no.
135
認知症
no.
136
no.
137
入管法
no.
138
no.
139
国際問題
no.
140
no.
141
コミュニティ
no.
142
no.
143
コミュニティ
no.
144
no.
145
コミュニティ
no.
146
no.
147
吃音
no.
148
no.
149
コンサル×社会課題解決
no.
150
no.
151
いじめ
no.
152
no.
153
社会課題×事業
no.
154
no.
155
社会課題×映画
no.
156
no.
157
感染症とワクチン
no.
158
no.
159
社会教育士
no.
160
no.
161
山岳遭難
no.
162
no.
163
支援者支援
no.
164
no.
165
いじめ
no.
166
no.
167
ゲーム依存
no.
168
no.
169
トランスジェンダーとスポーツ
no.
170
no.
171
うつ病患者の家族
no.
172
no.
173
パラスポーツ
no.
174
no.
175
代替肉
no.
176
no.
177
弱いロボット
no.
178
no.
179
戦争継承
no.
180
no.
181
女性の社会参画
no.
182
no.
183
子どもの居場所
no.
184
no.
185