no.
22
戦争
2020/8/21(金)
ホロコーストの原因は「傍観者」にある。これから必要な戦争伝承とは?(後編)
2020/8/21(金)
no.
22
戦争
2020/8/21(金)
ホロコーストの原因は「傍観者」にある。これから必要な戦争伝承とは?(後編)
2020/8/21(金)

アウシュヴィッツ博物館唯一のアジア人ガイドとして虐殺の歴史を伝え続けてきた中谷剛さんは、「“自分と変わらないごく普通の人が、いとも簡単に人を殺した”という事実に向き合う必要がある」と語る。そんな中谷さんに、前編に引き続き、リディラバジャーナル編集長の安部敏樹が話を聞いた。

 

※本記事は、「リディ部〜社会問題を考えるみんなの部活動〜」で行われた2020/8/6のライブ勉強会「アウシュヴィッツ博物館唯一の日本人ガイド中谷剛さんと考える、戦争の伝え方とホロコーストからの学び」の内容をもとに記事化した後編です。リディ部について詳しくはこちら

 

<中谷剛さん>
1966年兵庫県生まれ。1991年よりポーランドに居住し、1997年、ポーランド国立アウシュヴィッツ・ミュージアムの公認ガイドの資格を取得。現在、同ミュージアムの唯一の日本人ガイド。通訳・翻訳家。オシフィエンチム市に妻と息子二人と暮らす。著書『ホロコーストを次世代に伝える』(岩波ブックレット)

民主主義が引き起こす「分断」と少数派の「諦め」

 安部  日本とポーランドで、戦争伝承に違いはあると思いますか。

 

 中谷  まず、子どももお年寄りも見境なく殺されたホロコーストは一般的な「戦争」とは少し毛色が異なります。ユダヤ人はもちろん、ユダヤ人を匿ったポーランド人も殺されていますし、ロマやLGBT、障害者も殺されています。これは、日本人が不得手な「人権」の問題だと言えます。

 

日本は人権について学校教育で掘り下げませんよね。いま、アメリカの黒人差別問題に世界から注目が集まっていますが、日本人は自分ごととして捉えるのが難しいのではないでしょうか。日本に同じ問題があると思っていない。自分が少数派になるケースが少ないし、みんな多数派でいようと努めますよね。

 

 安部  リディラバジャーナルでは、Black Lives Matterの問題を取り上げた後に、在日コリアンである具良鈺弁護士へのインタビューを行いました。日本にも差別はあるし、もっと言えば誰もがマイノリティの側面を持っているはずなのに、なかなか意識することがないんですよね。

 

 中谷  日本では「民主主義なんだから多数派が権利を持つのが当たり前」と思い込んでいる人が多いと感じます。でも、そこに落とし穴がある。

 

誰かが差別や迫害を受けたときに、大衆が「自分たちはマジョリティ側だから関係ない」と放置することがホロコーストにつながっていくんですよ。

 

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
×
CONTENTS
intro
ホームレス
no.
1
no.
2
若年介護
no.
3
no.
4
奨学金
no.
5
no.
6
差別
no.
7
no.
8
観光
no.
9
no.
10
子どもの臓器提供
no.
11
no.
12
都市とコロナ
no.
13
no.
14
ICT教育
no.
15
no.
16
産後うつ
no.
17
no.
18
宇宙
no.
19
no.
20
戦争
no.
21
no.
22
人工妊娠中絶
no.
23
no.
24
緊急避妊薬
no.
25
no.
26
テロリスト・ギャングの社会復帰
no.
27
no.
28
社会起業家
no.
29
no.
30
海上自衛隊
no.
31
no.
32
プロジェクト
no.
33
ソーシャルビジネス
no.
34
教員の多忙化
no.
35
no.
36
性的マイノリティ
no.
37
no.
38
出所者の社会復帰
no.
39
no.
40
ワクチン
no.
41
no.
42
薬物依存
no.
43
no.
44
性の悩み
no.
45
no.
46
リブランディング
no.
47
no.
48
少年犯罪
no.
49
no.
50
学校教育
no.
51
no.
52
LGBT
no.
53
no.
54
スロージャーナリズム
no.
55
no.
56
ソーシャルセクター
no.
57
no.
58
教育格差
no.
59
no.
60
メディア
no.
61
大人の学び
no.
62
no.
63
地方創生
no.
64
no.
65
家族のかたち
no.
66
no.
67
他者とのコミュニケーションを考える
no.
68
no.
69
地方創生
no.
70
no.
71
地方創生
no.
72
no.
73
非正規雇用と貧困
no.
74
no.
75
他者とのコミュニケーションを考える
no.
76
no.
77
家族のかたち
no.
78
no.
79
他者とのコミュニケーションを考える
no.
80
no.
81
地球温暖化対策
no.
82
no.
83
就労支援
no.
84
no.
85
1年の振り返り
no.
86
no.
87
動物との共生
no.
88
no.
89
行政のデジタル化
no.
90
no.
91
温暖化対策
no.
92
no.
93
動物との共生
no.
94
no.
95
地方移住
no.
96
no.
97
動物との共生
no.
100
no.
101
温暖化対策
no.
102
no.
103
組織論
no.
104
no.
105
キャリア
no.
106
no.
107
復興
no.
108
no.
109
コミュニティナース
no.
110
no.
111
MaaS
no.
112
no.
113
地球温暖化
no.
114
セックスワーカー
no.
115
no.
116
感染症とワクチン
no.
117
no.
118
大学生の貧困
no.
119
no.
120
温暖化対策
no.
121
no.
122
同性婚
no.
123
no.
124
フェアトレード
no.
125
no.
126
シェアハウス
no.
127
no.
128
飲食業
no.
129
感染症とワクチン
no.
130
no.
131
国際報道
no.
132
no.
133
社会的養護
no.
134
no.
135
認知症
no.
136
no.
137
入管法
no.
138
no.
139
国際問題
no.
140
no.
141
コミュニティ
no.
142
no.
143
コミュニティ
no.
144
no.
145
コミュニティ
no.
146
no.
147
吃音
no.
148
no.
149
コンサル×社会課題解決
no.
150
no.
151
いじめ
no.
152
no.
153
社会課題×事業
no.
154
no.
155
社会課題×映画
no.
156
no.
157
感染症とワクチン
no.
158
no.
159