no.
56
スロージャーナリズム
2020/11/11(水)
共感ベースの共同体を超える言葉の力 ——スロージャーナリズムの可能性(後編)
2020/11/11(水)
no.
56
スロージャーナリズム
2020/11/11(水)
共感ベースの共同体を超える言葉の力 ——スロージャーナリズムの可能性(後編)
2020/11/11(水)

評論家で批評誌「PLANETS」編集長の宇野常寛さんとリディラバ代表の安部敏樹が、いま必要なスロージャーナリズムを考える対談。

 

日本を覆っている閉じた相互評価のネットワークから脱却するにはどうすればいいのか。共感に頼ることはなぜ危険なのか。

 

自らメディアをつくり、運営する一方で、地上波テレビの情報番組でのコメンテーター経験もある二人が、前編に引き続き縦横無尽に語り合った。

 

※本記事は、「リディ部〜社会問題を考えるみんなの部活動〜」で行われた9/9のライブ勉強会「PLANETS宇野常寛×リディラバ安部敏樹スペシャル対談 スロージャーナリズムを考える」の内容をもとに記事化した前編です。リディ部について詳しくはこちら

 

<宇野常寛さん>
評論家。1978年生。批評誌〈PLANETS〉編集長。著書に『ゼロ年代の想像力』(早川書房)、『リトル・ピープルの時代』(幻冬舎)、『日本文化の論点』(筑摩書房)、『母性のディストピア』(集英社)、『若い読者のためのサブカルチャー論講義録』(朝日新聞出版)、『遅いインターネット』(幻冬舎)。石破茂との対談『こんな日本をつくりたい』(太田出版)、『静かなる革命へのブループリント この国の未来をつくる7つの対話』(河出書房新社)など多数。立教大学社会学部兼任講師も務める。

共感が理念を圧殺する今日のメディア社会

 宇野常寛  僕は「共感」って言葉が嫌いなんですよ。

 

「共感」をベースに社会を作ると、一見「いい話」に聞こえるけれど、実際はボトムアップの全体主義になるだけでしょう。

 

閉じた相互評価のネットワークの中で、誰もが誰もの顔色をうかがいながらどう発言すれば共感を得られるかだけを考えて発言するようになる。そうなると、問題を解決する方法や問題設定そのものの妥当性を問う言説はどんどん「共感されないから」下火になっていく。

 

 安部敏樹  リディラバでは、問題の当事者への共感だけによらず、問題の背景にある構造的な仕組みを見ていくことを重視していますが、それに近い話ですね。

 

 宇野  まさにその通りで、共感できないけれど、やらなければならないことがある。たとえば、共感ベースで考えたら、日本人の税金を使ってシリアの難民を支援しようというロジックは出てこないわけです。

 

人間は目の前の産気づいた妊婦さんを助けるためにはすぐ行動できるけれど、遠い外国で殺されかけている人を支援しようと言われてもなかなか実感がわかない。

 

むしろ、共感の外側にあるものを僕らはどう受け止めていくのかというところまで考えていく必要があります。

 

(宇野常寛さん/写真提供 宇野さん)宇野さんが運営するオンラインサロン「PLANETS CLUB」についてはこちら

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
×
CONTENTS
intro
ホームレス
no.
1
no.
2
若年介護
no.
3
no.
4
奨学金
no.
5
no.
6
差別
no.
7
no.
8
観光
no.
9
no.
10
子どもの臓器提供
no.
11
no.
12
都市とコロナ
no.
13
no.
14
ICT教育
no.
15
no.
16
産後うつ
no.
17
no.
18
宇宙
no.
19
no.
20
戦争
no.
21
no.
22
人工妊娠中絶
no.
23
no.
24
緊急避妊薬
no.
25
no.
26
テロリスト・ギャングの社会復帰
no.
27
no.
28
社会起業家
no.
29
no.
30
海上自衛隊
no.
31
no.
32
プロジェクト
no.
33
ソーシャルビジネス
no.
34
教員の多忙化
no.
35
no.
36
性的マイノリティ
no.
37
no.
38
出所者の社会復帰
no.
39
no.
40
ワクチン
no.
41
no.
42
薬物依存
no.
43
no.
44
性の悩み
no.
45
no.
46
リブランディング
no.
47
no.
48
少年犯罪
no.
49
no.
50
学校教育
no.
51
no.
52
LGBT
no.
53
no.
54
スロージャーナリズム
no.
55
no.
56
ソーシャルセクター
no.
57
no.
58
教育格差
no.
59
no.
60
メディア
no.
61
大人の学び
no.
62
no.
63
地方創生
no.
64
no.
65
家族のかたち
no.
66
no.
67
他者とのコミュニケーションを考える
no.
68
no.
69
地方創生
no.
70
no.
71
地方創生
no.
72
no.
73
非正規雇用と貧困
no.
74
no.
75
他者とのコミュニケーションを考える
no.
76
no.
77
家族のかたち
no.
78
no.
79
他者とのコミュニケーションを考える
no.
80
no.
81
地球温暖化対策
no.
82
no.
83
就労支援
no.
84
no.
85
1年の振り返り
no.
86
no.
87
動物との共生
no.
88
no.
89
行政のデジタル化
no.
90
no.
91
温暖化対策
no.
92
no.
93
動物との共生
no.
94
no.
95
地方移住
no.
96
no.
97
動物との共生
no.
100
no.
101
温暖化対策
no.
102
no.
103
組織論
no.
104
no.
105
キャリア
no.
106
no.
107
復興
no.
108
no.
109
コミュニティナース
no.
110
no.
111
MaaS
no.
112
no.
113
地球温暖化
no.
114
セックスワーカー
no.
115
no.
116
感染症とワクチン
no.
117
no.
118
大学生の貧困
no.
119
no.
120
温暖化対策
no.
121
no.
122
同性婚
no.
123
no.
124
フェアトレード
no.
125
no.
126
シェアハウス
no.
127
no.
128
飲食業
no.
129
感染症とワクチン
no.
130
no.
131
国際報道
no.
132
no.
133
社会的養護
no.
134
no.
135
認知症
no.
136
no.
137
入管法
no.
138
no.
139
国際問題
no.
140
no.
141
コミュニティ
no.
142
no.
143
コミュニティ
no.
144
no.
145
コミュニティ
no.
146