no.
82
地球温暖化対策
2021/2/2(火)
そもそも地球温暖化とは何か――2050年の脱炭素社会実現に向けて(前編)
2021/2/2(火)
no.
82
地球温暖化対策
2021/2/2(火)
そもそも地球温暖化とは何か――2050年の脱炭素社会実現に向けて(前編)
2021/2/2(火)

2020年10月、菅政権が「温室効果ガスの排出量を2050年までに実質ゼロにする」という目標を打ち出した。日本は欧米諸国から地球温暖化対策の解決に消極的だと言われてきたが、まさに今大きな転換点にある。

 

そこで、国立環境研究所で地球温暖化や気候変動の研究を行う江守正多さんに、これまでの地球温暖化対策のトレンドや、シミュレーションを使った研究の意義、そして2050年という数字の理由について話を聞いた。
 

※本記事は、「リディ部〜社会問題を考えるみんなの部活動〜」で行われた1/7のライブ勉強会「【リディ部環境会議vol.1】2050年までにCO2排出量『実質ゼロ』は実現可能かーせめぎ合う『個人』と『社会』と『技術』ー」の内容をもとに記事化した前編です。

リディラバYouTubeでは、ライブ勉強会の様子を一部公開中!記事末尾よりご覧ください。リディ部について詳しくはこちら

 

<江守正多さん>
1970年神奈川県生まれ。1997年に東京大学大学院 総合文化研究科 博士課程にて博士号(学術)を取得後、国立環境研究所に入所。2018年より地球環境研究センター 副センター長。社会対話・協働推進オフィス(Twitter @taiwa_kankyo)代表。専門は地球温暖化の将来予測とリスク論。IPCC(気候変動に関する政府間パネル)第5次および第6次評価報告書 主執筆者。著書に「異常気象と人類の選択」「地球温暖化の予測は『正しい』か?」、共著書に「地球温暖化はどれくらい『怖い』か?」「温暖化論のホンネ」等。

人間活動の影響としか考えられない気温上昇

 安部敏樹  江守さんは、つくば市にある国立環境研究所で、20年以上にわたって地球温暖化や気候変動の研究をされています。まずは、そもそも地球温暖化とは何なのか、というところからお伺いしていきたいと思います。

 

 江守正多  前提として、地球の平均気温が年々上がっているという事実があります。その背景には、人間活動が大気中に温室効果ガスと呼ばれるものを増やしており、それによって赤外線が宇宙に逃げにくい状態、つまり地球の大気の中に熱がこもる状態になっていることがあげられます。

 

人間活動により排出されている温室効果ガスのなかで、主なものはご存知の通り「CO2」です。本当に人間活動が温暖化を招いているのかと懐疑的な声もありますが、もうそうとしか説明のつかないような気温の上がり方をしていることが現在分かっています。

 

(写真 江守正多さん)

 

 安部  自然に気温が上がることはあるかもしれないけれど、すでにそのようなレベルではないということですよね。

 

 江守  そうです。

 

 安部  たしかに日本ではここ数年、豪雨など治水面でのトラブルが増加するといったように、いよいよ温暖化の影響がやってきたという実感があるような気がします。ただ、温暖化は昔から言われてきたことですよね。あまりきちんと対策をしてこなかったということなのでしょうか。

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
×
CONTENTS
intro
ホームレス
no.
1
no.
2
若年介護
no.
3
no.
4
奨学金
no.
5
no.
6
差別
no.
7
no.
8
観光
no.
9
no.
10
子どもの臓器提供
no.
11
no.
12
都市とコロナ
no.
13
no.
14
ICT教育
no.
15
no.
16
産後うつ
no.
17
no.
18
宇宙
no.
19
no.
20
戦争
no.
21
no.
22
人工妊娠中絶
no.
23
no.
24
緊急避妊薬
no.
25
no.
26
テロリスト・ギャングの社会復帰
no.
27
no.
28
社会起業家
no.
29
no.
30
海上自衛隊
no.
31
no.
32
プロジェクト
no.
33
ソーシャルビジネス
no.
34
教員の多忙化
no.
35
no.
36
性的マイノリティ
no.
37
no.
38
出所者の社会復帰
no.
39
no.
40
ワクチン
no.
41
no.
42
薬物依存
no.
43
no.
44
性の悩み
no.
45
no.
46
リブランディング
no.
47
no.
48
少年犯罪
no.
49
no.
50
学校教育
no.
51
no.
52
LGBT
no.
53
no.
54
スロージャーナリズム
no.
55
no.
56
ソーシャルセクター
no.
57
no.
58
教育格差
no.
59
no.
60
メディア
no.
61
大人の学び
no.
62
no.
63
地方創生
no.
64
no.
65
家族のかたち
no.
66
no.
67
他者とのコミュニケーションを考える
no.
68
no.
69
地方創生
no.
70
no.
71
地方創生
no.
72
no.
73
非正規雇用と貧困
no.
74
no.
75
他者とのコミュニケーションを考える
no.
76
no.
77
家族のかたち
no.
78
no.
79
他者とのコミュニケーションを考える
no.
80
no.
81
地球温暖化対策
no.
82
no.
83
就労支援
no.
84
no.
85
1年の振り返り
no.
86
no.
87
動物との共生
no.
88
no.
89
行政のデジタル化
no.
90
no.
91
温暖化対策
no.
92
no.
93
動物との共生
no.
94
no.
95
地方移住
no.
96
no.
97
動物との共生
no.
100
no.
101
温暖化対策
no.
102
no.
103
組織論
no.
104
no.
105
キャリア
no.
106
no.
107
復興
no.
108
no.
109
コミュニティナース
no.
110
no.
111
MaaS
no.
112
no.
113
地球温暖化
no.
114
セックスワーカー
no.
115
no.
116
感染症とワクチン
no.
117
no.
118
大学生の貧困
no.
119
no.
120
温暖化対策
no.
121
no.
122
同性婚
no.
123
no.
124
フェアトレード
no.
125
no.
126
シェアハウス
no.
127
no.
128
飲食業
no.
129
感染症とワクチン
no.
130
no.
131
国際報道
no.
132
no.
133
社会的養護
no.
134
no.
135
認知症
no.
136
no.
137
入管法
no.
138
no.
139
国際問題
no.
140
no.
141
コミュニティ
no.
142
no.
143
コミュニティ
no.
144
no.
145
コミュニティ
no.
146
no.
147
吃音
no.
148
no.
149
コンサル×社会課題解決
no.
150
no.
151
いじめ
no.
152
no.
153
社会課題×事業
no.
154
no.
155
社会課題×映画
no.
156
no.
157
感染症とワクチン
no.
158
no.
159