no.
128
シェアハウス
2021/5/14(金)
弱さを受け入れることが幸せにつながる――多世代型介護付きシェアハウスの現場に迫る(後編)
2021/5/14(金)
no.
128
シェアハウス
2021/5/14(金)
弱さを受け入れることが幸せにつながる――多世代型介護付きシェアハウスの現場に迫る(後編)
2021/5/14(金)

年齢も属性もさまざまな人が集まる、多世代型介護付きシェアハウス「はっぴーの家ろっけん」。認知症などの症状を抱える高齢者も複数人暮らしている中で、アクシデントが起こることは日常茶飯事だという。

 

だが、はっぴーの家ろっけんを運営する株式会社Happy代表取締役の首藤義敬さんは、「それらの問題を『完璧に』解決しようとは考えていないんです」と話す。

 

後編では首藤さんに、さまざまな特性を持った高齢者との付き合い方や子どもに与える影響、多種多様な人が集うコミュニティを運営していくためのコツなどについて話を聞いた。
 

※本記事の取材は「リディ部〜社会問題を考えるみんなの部活動〜」で行われた4/14のライブ勉強会「シェアハウスが社会課題解決の場に!?〜子育てから介護まで〜」で行われました。リディラバジャーナルの取材の様子は「リディ部」でご覧いただけます。

 

<首藤義敬さん>
多世代介護付きシェアハウス「はっぴーの家ろっけん」代表/株式会社Happy代表取締役。23才で遊休不動産の活用事業や神戸市長田区を中心に空き家再生事業を始め、27才で法人化に至る。自身の生い立ちから多世代でシェアで暮らす昔の日本のようなライフスタイルを作る事が少子高齢化問題を解決する方法の一つになると気付きハッピーの家プロジェクトを始動。HPや看板を作らない繋がりと口コミだけで拡がっていくのがHappyのプロジェクトの特徴。
現在、多世代型介護付きシェアハウスという暮らし方を子供と一緒に住みながら実験中!将棋と珈琲を愛する35才。昼までダラダラ寝ていたい脱力系起業家代表。カオスクリエイター。

人の「弱さ」を受け入れつつ解決策を見つける

はっぴーの家で暮らす高齢者のなかには、手が出てしまったり、暴言を吐いたり、揉めごとを起こしたりする人たちもいるという。

 

そういったケースに対し、はっぴーの家ではどのようなコミュニケーションをとっているのだろうか。

 

「たとえば突然暴言を吐いてしまうおばあちゃんがいて、あるおじいちゃんに暴言を吐くという出来事が起きたとしますよね。

 

そうしたとき、僕たちはおばあちゃんを叱るのではなくて『○○さん、絡まれてるやん!』と、その状況をいじって笑いにして、場の空気を変えるんです。そうすることでおじいちゃんも嫌な気持ちになりづらいし、おばあちゃんの居場所もできる。

 

暴言や暴力が出てしまう高齢者がいたとして、その特性は無理に直そうとしても直るものではないんですよね。その直らない『弱さ』を受け入れつつ、むしろその人に関わる登場人物を増やしていくとか、上手に周囲の人たちを巻き込んでいくことを意識しています。

 

特定の個人を変えさせようとするよりも、そこにいるみんながハッピーになれるような方法を考えたほうが、幸せの総量も上がると思うんです。そういったアプローチができることも、はっぴーの家の価値だと思っています」

 

(提供 はっぴーの家ろっけん)

 

実際に、はっぴーの家に子どもを連れてくる親は、子どもに高齢者との交流を持たせたいという目的だけではなく、そこでの経験を通じてリアルな人間関係を学んでほしいというニーズも多いという。

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
×
CONTENTS
intro
ホームレス
no.
1
no.
2
若年介護
no.
3
no.
4
奨学金
no.
5
no.
6
差別
no.
7
no.
8
観光
no.
9
no.
10
子どもの臓器提供
no.
11
no.
12
都市とコロナ
no.
13
no.
14
ICT教育
no.
15
no.
16
産後うつ
no.
17
no.
18
宇宙
no.
19
no.
20
戦争
no.
21
no.
22
人工妊娠中絶
no.
23
no.
24
緊急避妊薬
no.
25
no.
26
テロリスト・ギャングの社会復帰
no.
27
no.
28
社会起業家
no.
29
no.
30
海上自衛隊
no.
31
no.
32
プロジェクト
no.
33
ソーシャルビジネス
no.
34
教員の多忙化
no.
35
no.
36
性的マイノリティ
no.
37
no.
38
出所者の社会復帰
no.
39
no.
40
ワクチン
no.
41
no.
42
薬物依存
no.
43
no.
44
性の悩み
no.
45
no.
46
リブランディング
no.
47
no.
48
少年犯罪
no.
49
no.
50
学校教育
no.
51
no.
52
LGBT
no.
53
no.
54
スロージャーナリズム
no.
55
no.
56
ソーシャルセクター
no.
57
no.
58
教育格差
no.
59
no.
60
メディア
no.
61
大人の学び
no.
62
no.
63
地方創生
no.
64
no.
65
家族のかたち
no.
66
no.
67
他者とのコミュニケーションを考える
no.
68
no.
69
地方創生
no.
70
no.
71
地方創生
no.
72
no.
73
非正規雇用と貧困
no.
74
no.
75
他者とのコミュニケーションを考える
no.
76
no.
77
家族のかたち
no.
78
no.
79
他者とのコミュニケーションを考える
no.
80
no.
81
地球温暖化対策
no.
82
no.
83
就労支援
no.
84
no.
85
1年の振り返り
no.
86
no.
87
動物との共生
no.
88
no.
89
行政のデジタル化
no.
90
no.
91
温暖化対策
no.
92
no.
93
動物との共生
no.
94
no.
95
地方移住
no.
96
no.
97
動物との共生
no.
100
no.
101
温暖化対策
no.
102
no.
103
組織論
no.
104
no.
105
キャリア
no.
106
no.
107
復興
no.
108
no.
109
コミュニティナース
no.
110
no.
111
MaaS
no.
112
no.
113
地球温暖化
no.
114
セックスワーカー
no.
115
no.
116
感染症とワクチン
no.
117
no.
118
大学生の貧困
no.
119
no.
120
温暖化対策
no.
121
no.
122
同性婚
no.
123
no.
124
フェアトレード
no.
125
no.
126
シェアハウス
no.
127
no.
128
飲食業
no.
129
感染症とワクチン
no.
130
no.
131
国際報道
no.
132
no.
133
社会的養護
no.
134
no.
135
認知症
no.
136
no.
137
入管法
no.
138
no.
139
国際問題
no.
140
no.
141