no.
144
コミュニティ
2021/6/18(金)
必要なのは「一歩踏み出すこと」――田村淳が語るコミュニティの育て方(前編)
2021/6/18(金)
no.
144
コミュニティ
2021/6/18(金)
必要なのは「一歩踏み出すこと」――田村淳が語るコミュニティの育て方(前編)
2021/6/18(金)

タレントやコメンテーターなどとして活躍するロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが2020年にオンラインコミュニティ「田村淳の大人の小学校」をスタートさせてからまもなく1年。
 
もともと「学校が嫌いだった。学校で教えられることをテストでうまく回答できた人だけが評価されるというのが得意じゃなかった」と話す田村さんだが、タレントとして活躍するかたわら、大学院に進学。学びの場であるオンラインコミュニティを主催するにまで至った。
 
一見、思いが変化したようにも見えるが、そこには「まずは一歩を踏み出す」という変わらない姿勢があったという。前編となる今回は、立ち上げたコミュニティの現状や田村さんの思いを聞いた。

 

※本記事の取材は「リディ部〜社会問題を考えるみんなの部活動〜」で行われた2021/5/13のライブ勉強会「リディ部1周年お祝いイベント 理想の学校を語ろう公開対談②」で行われました。リディラバジャーナルの取材の様子は「リディ部」でご覧いただけます。

 

<田村淳さん>
1973年山口県生まれ。1993年に「ロンドンブーツ1号2号」を結成。以降、テレビの第一線で活躍を続け、個人でも、バラエティ番組や経済・情報番組などで数多くのレギュラー番組に出演中。ヴィジュアル系バンド「jealkb」でボーカルを務める他、投資家や起業家としての顔も持つ。2019年4月には慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科に入学。2021年3月修了。2019年にはYouTubeチャンネル「ロンブーチャンネル」を開設、2020年7月には自身が校長を務めるオンラインコミュニティ「田村淳の大人の小学校」を開講するなど、デジタル領域における活躍の場も広げている。

自発的に前進するコミュニティ

一期生50人からスタートした「大人の小学校」。メンバーも順調に増え続け、現在はゲストを招いての授業や体験型イベントなど、多数のプロジェクトを展開している。
 
「いまは小学校の校章がついた旗をみんなでつくろうとしています。みんなで育てて採取したコットンでつくるんですが、コットンなんて植えたことがないから必死で勉強しています。
 
みんなで『これどうしよう』と共有ができるということが学びにつながるし、絆にもつながっていきます。面白いシステムがようやくできつつあるという現状です」
 
最近ではメンバーが自発的に立ち上げた「部活動」が約100に上るなど、田村さんの手を離れた盛り上がりを見せているという。
 
「最近は放送部ができて、『何月何日はミーティングがあります』ということをわかりやすくアナウンスしてくれるようになりました。
 
イベントやプロジェクトが多すぎて情報が追い切れないよ!という課題意識から誕生した部活だと思うんですけど、『ほら、思いもよらぬ自発的なプロジェクトが出てきた』という感じです。強制していない方がいいものが生まれるんです」  

 

(pixabay)

選択肢を増やして行動を促す

田村さんはこういった活動から、「能動的じゃないと学びが深まっていかない時代になってきた」と感じているという。
 
自身が発案したプロジェクトでも、「僕は何にも引っ張ってないんです。ちょっとナビをする人がいるだけで前に進んでいきます」と誇らしげに語る。
 
「ボードゲームをみんなで作るプロジェクトでは、世に出しても売れるくらいのボードゲームができました。でもそれよりつくる過程で『学びがたくさんあった』という声をたくさん聞いて、『やっぱりこれだ』と思いました。
 
積極的に一歩踏み出して何かをやろう、自分一人の力ではできないけどこのコミュニティを利用して何かを吸収したいという人が、それを体現してくれているんです」
 
一方で、「なかなか能動的に動けない人もいる」ことには課題も感じている。

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
×
CONTENTS
intro
ホームレス
no.
1
no.
2
若年介護
no.
3
no.
4
奨学金
no.
5
no.
6
差別
no.
7
no.
8
観光
no.
9
no.
10
子どもの臓器提供
no.
11
no.
12
都市とコロナ
no.
13
no.
14
ICT教育
no.
15
no.
16
産後うつ
no.
17
no.
18
宇宙
no.
19
no.
20
戦争
no.
21
no.
22
人工妊娠中絶
no.
23
no.
24
緊急避妊薬
no.
25
no.
26
テロリスト・ギャングの社会復帰
no.
27
no.
28
社会起業家
no.
29
no.
30
海上自衛隊
no.
31
no.
32
プロジェクト
no.
33
ソーシャルビジネス
no.
34
教員の多忙化
no.
35
no.
36
性的マイノリティ
no.
37
no.
38
出所者の社会復帰
no.
39
no.
40
ワクチン
no.
41
no.
42
薬物依存
no.
43
no.
44
性の悩み
no.
45
no.
46
リブランディング
no.
47
no.
48
少年犯罪
no.
49
no.
50
学校教育
no.
51
no.
52
LGBT
no.
53
no.
54
スロージャーナリズム
no.
55
no.
56
ソーシャルセクター
no.
57
no.
58
教育格差
no.
59
no.
60
メディア
no.
61
大人の学び
no.
62
no.
63
地方創生
no.
64
no.
65
家族のかたち
no.
66
no.
67
他者とのコミュニケーションを考える
no.
68
no.
69
地方創生
no.
70
no.
71
地方創生
no.
72
no.
73
非正規雇用と貧困
no.
74
no.
75
他者とのコミュニケーションを考える
no.
76
no.
77
家族のかたち
no.
78
no.
79
他者とのコミュニケーションを考える
no.
80
no.
81
地球温暖化対策
no.
82
no.
83
就労支援
no.
84
no.
85
1年の振り返り
no.
86
no.
87
動物との共生
no.
88
no.
89
行政のデジタル化
no.
90
no.
91
温暖化対策
no.
92
no.
93
動物との共生
no.
94
no.
95
地方移住
no.
96
no.
97
動物との共生
no.
100
no.
101
温暖化対策
no.
102
no.
103
組織論
no.
104
no.
105
キャリア
no.
106
no.
107
復興
no.
108
no.
109
コミュニティナース
no.
110
no.
111
MaaS
no.
112
no.
113
地球温暖化
no.
114
セックスワーカー
no.
115
no.
116
感染症とワクチン
no.
117
no.
118
大学生の貧困
no.
119
no.
120
温暖化対策
no.
121
no.
122
同性婚
no.
123
no.
124
フェアトレード
no.
125
no.
126
シェアハウス
no.
127
no.
128
飲食業
no.
129
感染症とワクチン
no.
130
no.
131
国際報道
no.
132
no.
133
社会的養護
no.
134
no.
135
認知症
no.
136
no.
137
入管法
no.
138
no.
139
国際問題
no.
140
no.
141
コミュニティ
no.
142
no.
143
コミュニティ
no.
144
no.
145
コミュニティ
no.
146
no.
147
吃音
no.
148
no.
149
コンサル×社会課題解決
no.
150
no.
151
いじめ
no.
152
no.
153
社会課題×事業
no.
154
no.
155
社会課題×映画
no.
156
no.
157
感染症とワクチン
no.
158
no.
159