no.
195
多胎児家庭の困難
2021/10/20(水)
知ることから始まる「子育てのしやすい社会」――多胎児家庭の孤立に迫る(後編)
2021/10/20(水)
no.
195
多胎児家庭の困難
2021/10/20(水)
知ることから始まる「子育てのしやすい社会」――多胎児家庭の孤立に迫る(後編)
2021/10/20(水)

「双子や三つ子の子育ては大変そう」ーー。この漠然としたイメージの先にある多胎児家庭の「大変」の中身は、広く社会に認知されているとは言い難い。こうした社会の認識不足や無理解は問題を放置するだけなく、ときに対立を生んでしまう原因にもなってしまう。

 

前編では関東多胎ネット理事・Tokyo Twins Mommy代表の髙濱沙紀さんの話を通し、多胎児の医学的リスクや日常にある困難の一端に触れた。

 

後編ではさらに社会システムや意識といったソフト面の困難や、単胎児家庭と多胎児家庭の対立、そしてそれらを克服して子育てがしやすい社会をつくるための活動について聞いた。
 

 

※本記事の取材は「リディ部〜社会問題を考えるみんなの部活動〜」で行われた2021/9/24のライブ勉強会「なぜ見えない?多胎児家庭の孤立に迫る〜双子や三つ子を育てるということ〜」で行われました。リディラバジャーナルの取材の様子は「リディ部」でご覧いただけます。

 

<髙濱沙紀さん>
一般社団法人関東多胎ネット理事/都内多胎ファミリーの会Tokyo Twins Mommy代表。
年子で双子を出産し25歳で3児の母となる。双子妊娠中にTokyo Twins Mommyを立ち上げるが、多胎支援の無さ、地域格差を痛感し、関東圏内の多胎サークル代表達と関東多胎ネットを設立。

多胎児の育児をカバーしきれていない社会システム

多胎児家庭の最も大きな困難の一つである「孤立」。この孤立を深める社会側の要因は、前編の最後で触れた公共交通機関のケースだけではない。

 

たとえばエレベーターやスロープの有無。一人用ベビーカーをなんとか持ち上げられるような場所も、重量がある双子用ベビーカーでは難しい。その際にエレベーターやスロープがあればいいが、都内の駅などでも場所によっては未設置のところがある。

 

髙濱さん自身も駅での乗り換えの際、最短ルート上にエレベーターがなく、一度駅を出てエレベーターに向かったため一時間遅刻してしまった経験があると話す。

 

さらに物理的な障壁だけでなく、行政や福祉が多胎児の育児をカバーしきれていないというシステム的な障壁もある。

 

たとえば、妊婦健診の受診券は単胎でも多胎でも母体に一冊しか交付されない(前編参照)。助産師や保健師も多胎の知識を持っていないことが少なくなく、病院等の両親学級も基本的には単胎児向けの内容だ。

 

また公共施設や児童館では、一人の親に対して子ども二人までしか利用できないという制限が設けられているところもある。髙濱さんの夫が長女と双子二人の計三人を公共の施設に連れて行ったが、入場を断られて帰ってきたことがあったという。

 

これらの背景には、多胎児家庭の持つニーズや課題が社会に認知されていないことが要因の一つとしてある。課題の認知が進まない理由としては、当事者に声を上げる余裕がないことが挙げられるが、髙濱さんはさらにもう一つ要因があると指摘する。

 

「子育て世帯全般に言えることではありますが、『あなたたちが望んで結婚して子どもを授かって、多胎のリスクを知りながら産んでるよね』という空気を感じざるを得ない状況があります。

 

また、そこまではっきりではなくとも『多胎児でも健康だからいいよね』『幸せでしょ』という雰囲気を感じることもあります。

 

私自身も結婚・妊娠前は『幸せそうでいいな』と思っていましたが、そのイメージが強く社会に共有されているからこそ、不安な気持ちを打ち明けたり、助けを求める一言が言えない状況が生まれるのではと思います」

 

(写真 髙濱沙紀さん)

 

無理解が生む対立と、その克服

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
×
CONTENTS
intro
ホームレス
no.
1
no.
2
若年介護
no.
3
no.
4
奨学金
no.
5
no.
6
差別
no.
7
no.
8
観光
no.
9
no.
10
子どもの臓器提供
no.
11
no.
12
都市とコロナ
no.
13
no.
14
ICT教育
no.
15
no.
16
産後うつ
no.
17
no.
18
宇宙
no.
19
no.
20
戦争
no.
21
no.
22
人工妊娠中絶
no.
23
no.
24
緊急避妊薬
no.
25
no.
26
テロリスト・ギャングの社会復帰
no.
27
no.
28
社会起業家
no.
29
no.
30
海上自衛隊
no.
31
no.
32
プロジェクト
no.
33
ソーシャルビジネス
no.
34
教員の多忙化
no.
35
no.
36
性的マイノリティ
no.
37
no.
38
出所者の社会復帰
no.
39
no.
40
ワクチン
no.
41
no.
42
薬物依存
no.
43
no.
44
性の悩み
no.
45
no.
46
リブランディング
no.
47
no.
48
少年犯罪
no.
49
no.
50
学校教育
no.
51
no.
52
LGBT
no.
53
no.
54
スロージャーナリズム
no.
55
no.
56
ソーシャルセクター
no.
57
no.
58
教育格差
no.
59
no.
60
メディア
no.
61
大人の学び
no.
62
no.
63
地方創生
no.
64
no.
65
家族のかたち
no.
66
no.
67
他者とのコミュニケーションを考える
no.
68
no.
69
地方創生
no.
70
no.
71
地方創生
no.
72
no.
73
非正規雇用と貧困
no.
74
no.
75
他者とのコミュニケーションを考える
no.
76
no.
77
家族のかたち
no.
78
no.
79
他者とのコミュニケーションを考える
no.
80
no.
81
地球温暖化対策
no.
82
no.
83
就労支援
no.
84
no.
85
1年の振り返り
no.
86
no.
87
動物との共生
no.
88
no.
89
行政のデジタル化
no.
90
no.
91
温暖化対策
no.
92
no.
93
動物との共生
no.
94
no.
95
地方移住
no.
96
no.
97
動物との共生
no.
100
no.
101
温暖化対策
no.
102
no.
103
組織論
no.
104
no.
105
キャリア
no.
106
no.
107
復興
no.
108
no.
109
コミュニティナース
no.
110
no.
111
MaaS
no.
112
no.
113
地球温暖化
no.
114
セックスワーカー
no.
115
no.
116
感染症とワクチン
no.
117
no.
118
大学生の貧困
no.
119
no.
120
温暖化対策
no.
121
no.
122
同性婚
no.
123
no.
124
フェアトレード
no.
125
no.
126
シェアハウス
no.
127
no.
128
飲食業
no.
129
感染症とワクチン
no.
130
no.
131
国際報道
no.
132
no.
133
社会的養護
no.
134
no.
135
認知症
no.
136
no.
137
入管法
no.
138
no.
139
国際問題
no.
140
no.
141
コミュニティ
no.
142
no.
143
コミュニティ
no.
144
no.
145
コミュニティ
no.
146
no.
147
吃音
no.
148
no.
149
コンサル×社会課題解決
no.
150
no.
151
いじめ
no.
152
no.
153
社会課題×事業
no.
154
no.
155
社会課題×映画
no.
156
no.
157
感染症とワクチン
no.
158
no.
159
社会教育士
no.
160
no.
161
山岳遭難
no.
162
no.
163
支援者支援
no.
164
no.
165
いじめ
no.
166
no.
167
ゲーム依存
no.
168
no.
169
トランスジェンダーとスポーツ
no.
170
no.
171
うつ病患者の家族
no.
172
no.
173
パラスポーツ
no.
174
no.
175
代替肉
no.
176
no.
177
弱いロボット
no.
178
no.
179
戦争継承
no.
180
no.
181
女性の社会参画
no.
182
no.
183
子どもの居場所
no.
184
no.
185
感染症とワクチン
no.
186
no.
187
デジタル社会
no.
188
no.
189
若年女性の生きづらさ
no.
190
no.
191
ゼブラ企業
no.
192
no.
193
多胎児家庭の困難
no.
194
no.
195
ソーシャルイノベーション
no.
196
no.
197
ジェンダー
no.
198
no.
199
毒親
no.
200
no.
201
葬儀
no.
204