no.
173
うつ病患者の家族
2021/8/27(金)
当事者の周囲を支える仕組みとは――うつ病患者の家族が抱える困難を考える(後編)
2021/8/27(金)
no.
173
うつ病患者の家族
2021/8/27(金)
当事者の周囲を支える仕組みとは――うつ病患者の家族が抱える困難を考える(後編)
2021/8/27(金)

前編では、うつ病の当事者が抱える苦しみや葛藤、そして家族が直面する困難を見てきた。

 

それではいま、当事者の家族を支える仕組みはあるのか。また、どのようなアプローチが可能なのか。

 

うつ病を発症した経験を持ち、現在はうつ病患者の家族向けコミュニティサイト「encourage」の運営を行う株式会社ベータトリップ代表取締役の林晋吾さんに聞いた。

 

※本記事の取材は「リディ部〜社会問題を考えるみんなの部活動〜」で行われた2021/7/29のライブ勉強会「当事者の困難は家族がすべて抱えるのか?〜うつ病患者の家族の困難に迫る〜」で行われました。リディラバジャーナルの取材の様子は「リディ部」でご覧いただけます。

 

<林晋吾さん>
株式会社ベータトリップ代表取締役。2005年3月早稲田大学卒業後、7年間大手総合金融サービス会社で国内法人営業、事業企画業務に従事。2012年より経営コンサルティング会社にて中堅中小企業向け事業再生や、IPO準備会社の支援、国内大手メーカーの事業戦略構築等、幅広いプロジェクトに携わる。2015年12月、株式会社ベータトリップ設立・代表取締役就任。

当事者の困難は家族だけで抱えるべきなのか

精神疾患を持つ患者の家族が直面する困難は、広く知られていない。

 

うつ病など精神疾患の治療に、家族の理解やサポートはもちろん必要だ。では、察するにあまりある当事者の葛藤や苦しみは、家族だけで抱えなければいけないのだろうか。

 

林さんは「家族ですべてを背負うには問題が大きすぎる」と指摘する。

 

「当事者や家族の困難は、社会全体で引き受けなければいけない課題だと思います。ただ、家族をサポートする社会の仕組みは多くないのが現状です。既存のリソースをうまく活用できていない面もありますね。

 

たとえばうつ病の患者さんやご家族は働いている世代の方が多く、当事者コミュニティである『家族会』のような場所に出向く時間が取りづらい。

 

平日の夕方には閉まってしまう医療や行政の窓口も、仕事をしている人にとっては足を運ぶハードルが高く、繋がりが断絶されてしまいます」

 


(写真 林晋吾さん)

 

家族側に既存の支援制度に関する知識がない場合や、そもそも自分たちの苦しみは「家族だから当然負うべきもの」と考え声に出しづらいなど、支援が行き届くにはいくつかの障壁がある。

 

「支援を必要とする家族と既存の仕組みの橋渡しをすることで、精神疾患を持つ患者さんを社会全体で支え、家族の負担を少しでも緩和できると思っています」

「自分だけじゃない」を実感する。いま、家族を支える仕組みとは

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
×
CONTENTS
intro
ホームレス
no.
1
no.
2
若年介護
no.
3
no.
4
奨学金
no.
5
no.
6
差別
no.
7
no.
8
観光
no.
9
no.
10
子どもの臓器提供
no.
11
no.
12
都市とコロナ
no.
13
no.
14
ICT教育
no.
15
no.
16
産後うつ
no.
17
no.
18
宇宙
no.
19
no.
20
戦争
no.
21
no.
22
人工妊娠中絶
no.
23
no.
24
緊急避妊薬
no.
25
no.
26
テロリスト・ギャングの社会復帰
no.
27
no.
28
社会起業家
no.
29
no.
30
海上自衛隊
no.
31
no.
32
プロジェクト
no.
33
ソーシャルビジネス
no.
34
教員の多忙化
no.
35
no.
36
性的マイノリティ
no.
37
no.
38
出所者の社会復帰
no.
39
no.
40
ワクチン
no.
41
no.
42
薬物依存
no.
43
no.
44
性の悩み
no.
45
no.
46
リブランディング
no.
47
no.
48
少年犯罪
no.
49
no.
50
学校教育
no.
51
no.
52
LGBT
no.
53
no.
54
スロージャーナリズム
no.
55
no.
56
ソーシャルセクター
no.
57
no.
58
教育格差
no.
59
no.
60
メディア
no.
61
大人の学び
no.
62
no.
63
地方創生
no.
64
no.
65
家族のかたち
no.
66
no.
67
他者とのコミュニケーションを考える
no.
68
no.
69
地方創生
no.
70
no.
71
地方創生
no.
72
no.
73
非正規雇用と貧困
no.
74
no.
75
他者とのコミュニケーションを考える
no.
76
no.
77
家族のかたち
no.
78
no.
79
他者とのコミュニケーションを考える
no.
80
no.
81
地球温暖化対策
no.
82
no.
83
就労支援
no.
84
no.
85
1年の振り返り
no.
86
no.
87
動物との共生
no.
88
no.
89
行政のデジタル化
no.
90
no.
91
温暖化対策
no.
92
no.
93
動物との共生
no.
94
no.
95
地方移住
no.
96
no.
97
動物との共生
no.
100
no.
101
温暖化対策
no.
102
no.
103
組織論
no.
104
no.
105
キャリア
no.
106
no.
107
復興
no.
108
no.
109
コミュニティナース
no.
110
no.
111
MaaS
no.
112
no.
113
地球温暖化
no.
114
セックスワーカー
no.
115
no.
116
感染症とワクチン
no.
117
no.
118
大学生の貧困
no.
119
no.
120
温暖化対策
no.
121
no.
122
同性婚
no.
123
no.
124
フェアトレード
no.
125
no.
126
シェアハウス
no.
127
no.
128
飲食業
no.
129
感染症とワクチン
no.
130
no.
131
国際報道
no.
132
no.
133
社会的養護
no.
134
no.
135
認知症
no.
136
no.
137
入管法
no.
138
no.
139
国際問題
no.
140
no.
141
コミュニティ
no.
142
no.
143
コミュニティ
no.
144
no.
145
コミュニティ
no.
146
no.
147
吃音
no.
148
no.
149
コンサル×社会課題解決
no.
150
no.
151
いじめ
no.
152
no.
153
社会課題×事業
no.
154
no.
155
社会課題×映画
no.
156
no.
157
感染症とワクチン
no.
158
no.
159
社会教育士
no.
160
no.
161
山岳遭難
no.
162
no.
163
支援者支援
no.
164
no.
165
いじめ
no.
166
no.
167
ゲーム依存
no.
168
no.
169
トランスジェンダーとスポーツ
no.
170
no.
171
うつ病患者の家族
no.
172
no.
173
パラスポーツ
no.
174
no.
175
代替肉
no.
176
no.
177
弱いロボット
no.
178
no.
179
戦争継承
no.
180
no.
181
女性の社会参画
no.
182
no.
183
子どもの居場所
no.
184
no.
185